アンチエイジングに!アボカドを使った究極簡単な「コブサラダ」レシピ☆

女性が30代後半にもなれば、誰でも気になる「アンチエイジング」。あなたも気になっている一人では?

 

 

できれば、サプリメントではなく、普段の食事で摂りたいですよね。でもこの年代は、家事に育児に仕事にと何かと忙しい…!

 

 

そんな時間のないあなたに、アンチエイジングに効能のあるアボカドを使った、簡単で美味しい「コブサラダ」をご紹介します。

 

 

アボカドの栄養・効能など「マメ知識」もあわせてどうぞ。

スポンサーリンク

 

 

 

※イメージです

 

 

 

 

「コブサラダ」レシピ

 

 

■所要時間 5分

 

 

材料(2~3人分)

 

 

アボカド  1個

 

トマト  1個

(ミニトマト10~15個でも)

 

お好みのドレッシング  適量

 

かんきつ類 1/2個

(レモン・かぼす・すだち・だいだい等)

 

 

 

作り方

 

 

① アボカドの皮をむいて、種を取り除き、1.5センチの角切りにする。

 

② トマトのヘタをくりぬき、同じく1.5センチの角切りにする。(ミニトマトを半分でもいい)

 

③ かんきつ類を横に切り、種を取る。

 

④ ①と②をボウルに入れて、ドレッシングをかけ、混ぜ合わる。

 

⑤ ④に③のかんきつ類を絞り、軽く合わせて、ラップをして冷蔵庫へ。

 

⑥ 食べる直前に冷蔵庫から取り出せばOK!

 

 

※献立例

 

 

 

おいしく作るためのポイントは?

 

 

【アボカドの種取り方法】

 

調理手順はこれだけなので、少しアボカドの扱いをお話ししますね。

 

あの大きな種と固い皮を除かないと、調理できませんよね。

 

まずは、包丁を種に当たるまでグサッと刺し、縦にぐるりと一周入れます。

 

そして、両端を手で持ってくるっとひねると、2つに割れます。(よく熟している場合)

 

その次に、包丁の角(持ち手側)を種にグサッと刺し、これまた、くるっとひねると種が取れます。

 

あとは手で皮をむき、お好みの大きさに切ります😊

 

 

※写真を撮るため包丁を支えてます>.<

 

 

 

【ドレッシング】

 

ドレッシングはお好みでと伝えましたが、何度か作ってみて、やはりアボカドとの相性があるようです。

 

油分が入っているものにした方が絶対に美味しいです😋

 

ノンオイルではアボカドのクリーミーさが活かされず、どうにも美味しくありませんでした。

 

オイル入りなら、フレンチ・イタリアン・和風・中華・ポン酢にオイルを足したものでも、どれでもいけます✌

 

最後に絞るかんきつ類は、お好みで。

 

無くても問題ないのですが、フレッシュな香りと酸味が加わると、ぐっと味が引き締まりますよ😊

 

 

 

【家庭用にもパーティー用にもOK!】

 

究極簡単なのに「コブサラダ」なんてちゃんとネーミングされているのは…

 

元々は、アメリカ・ハリウッドのレストランオーナー、ボブ・コブ氏があり合わせの食材で作ったまかないサラダだったそうなんです。

 

 

使うことができる食材は、アボカドとトマト以外にも、

 

パプリカ・紫玉ねぎ・キュウリ・レタス・コーン・オリーブ・ツナ・ゆで玉子・蒸し肉

 

…等など、本当にいろいろあり、見た目にも美しいサラダです。

 

 

ホームパーティーでは、この華やかなサラダが前菜に出されたら、客人の目を引きますよね。

 

その場合は、最初は混ぜずに、具材それぞれを配色良く一列に並べると素敵ですよ。

 

 

 

 

今回ご紹介したのは、あくまでも家用です😌

 

アンチエイジングに効果があると考えられる食材2品だけを取り出して、簡単・手軽さを追求しました。

 

最初に混ぜてしまうのも、家なら見た目を気にしないからだけではなく、

 

ドレッシングやかんきつ類の酸がアボカドの変色を極力防いでくれることと、事前に味を付けておくことで、

 

すぐに美味しくいただけるからです🎵

 

 

 

 

「アボカド」のマメ知識

 

 

ではここで、メイン食材の一つ「アボカド」の栄養・効能など、豆知識をご紹介します!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

アボカドの栄養・効能は?

 

 

アボカドは脂肪分が多いので、高カロリーと言われていますが、一日に1/2~1個なら問題ありません。

 

むしろ、その脂肪分の中には、不飽和脂肪酸のオレン酸やリノール酸が含まれており、コレステロールや中性脂肪を減らし たり、

 

特に、悪玉コレステロールを減少させ、動脈硬化の予防 に役立ちます。

 

 

女性にとって何より嬉しい栄養素は、ビタミンEです。抗酸化作用があり、アンチエイジングや発ガン抑制 に役立ちます。

 

また、血流を活発にし、高血圧予防や冷え性改善に役立ち、シミ、ソバカスの予防、シワや乾燥肌の改善など美肌効果 まであるのです。

 

 

腸内環境を整える食物繊維も豊富で、脂肪燃焼のサポート をしてくれるビタミンB2、体内のナトリウム(塩)を排出し、

 

むくみ解消や血圧を下げてくれる 効果のあるカリウムも含まれています。

 

 

妊婦さんが是非摂りたい葉酸(胎児の神経系の発達に必要な)までも含まれていて、この栄養素は造血効果 もあるので、貧血の人にも役立ちますよ!

 

 

 

新鮮かつ美味しい物の選び方は?

 

 

見た目は、長球形で皮が張っていて、つやがあるもの。実が大きいものが理想的です。

 

そして、ヘタの部分に注目!

 

ヘタが付いているか、仮に取れたものでも、まだそのへこみが白いものは、ヘタが取れたばかりなので、新鮮な証拠です。

 

逆にそのへこみを見て、穴が空いていれば、成熟し切って水分が飛んで、中の果肉が黒ずんでいる可能性が。

 

また、ヘタと皮の間に隙間や空間があるものや、皮にシワがよっているものも良くありません。

 

また手に取り、軽~く握ってみて、弾力があれば、ちょうど食べ頃の証拠ですよ😊

 

 

 

アボカドの追熟方法は?

 

 

皮がまだ緑色の場合は未成熟ですので、追熟させる必要があります。

 

 

 

 

適温は、14~24℃程度なので、真夏以外は室温に置いておいて下さい。

 

急いでいる場合は、ビニール袋にメロンやりんご、バナナなどエチレンガスを発生する果物と一緒に入れておくと、追熟のスピードが早まりますよ。

 

冬場は、ビニール袋に入れて、こたつの上に置いたり、暖房の近くに置いたりしても。

 

 

 

熟し過ぎたアボカドの調理は?

 

 

もし切ってみて、熟し過ぎているなと感じたら…

 

傷んだ部分は切り落としてから、ディップにしたり、サンドウィッチに挟んだり、ポテトサラダに和えたりして、無駄なく使って下さいね。

 

 

 

 

 

アボカドが傷んでしまった時の状態は?

 

 

見た目は先にお話しした通り、皮に張りがなくなり、シワが出てきたり、ヘタの部分の変化に注目して下さい。

 

臭いは、酸っぱかったり、ツンとした臭いがしてきます。

 

切った際に、全体的に黒ずんでいていたら、完全にアウトです。

 

 

ただし、たまに黒や茶色い筋が入っていることがありますよね。あれは、腐っているわけではありません。

 

維管束といって、種子に水分や栄養を送る筋状の管で、果肉よりも酸化しやすいために、黒い筋のようになることがあるのです。

 

捨てたり、切り取ったりせずに、そのまま食べて大丈夫ですよ😊

 

 

 

アボカドの保存方法は?

 

 

もうすでに熟しているものは(先程の皮やヘタ、触った感触で確かめて)、冷蔵庫で保存して下さい。

 

丸ごとなら、ビニール袋に入れて。

 

 

切ったものなら、なるべくなら種の付いているが方が持ちが良いですが…切り口にレモン汁をかけ、ピッタリとラップをかけて下さい。

 

 

もし皮もむき、種も取っているものなら、なるべく包丁を入れず、切り口に空気が触れないようにして、レモン汁をかけ、ピッタリとラップでくるんで下さいね。

 

 

更に持たせたいなら、冷凍保存をお勧めします。

 

一口大に切り、冷蔵の時と同じように処理して、更に保存袋に入れ、空気を抜きます。

 

なるべく、平らに広げて、一気に凍らすことが大切です!ピューレ状にして保存してもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

お店で見る「コブサラダ」はきれいですよね。

 

 

でも、家で食材を3つ、4つ、5つ…とそろえようと思うと尻込みしてしまかもしれません。2種類なら気兼ねなく作れますよね。

 

 

しかも、アボカドもトマトも栄養素が豊富で、何よりも抗酸化作用に優れ、アンチエイジングに抜群の効果があります👏

 

 

緑と赤のコントラストも美しい!生のトマトが苦手な私でもおかわりしたくなる美味しさです😋

 

 

トマト好きの夫に至っては、汁まで飲み干したい~と言うほど。味は折り紙つきです💕是非、お試しあれ😊

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ