ありえない!子供が嫌がらせされる…そのとき親はどう対応する?私の体験談!

中学生になるとSNSでのやり取りって当たり前。でも、それが友達関係に与える影響は、決して良い影響ばかりではありませんよね。

 

 

特に女子!SNSを使っての嫌がらせに始まり、それが学校で実際の嫌がらせにまでエスカレートしたり。実際、わが娘もそんな被害にあいました。

 

 

こういうとき、親がどのように対処したら良いか…難しいですよね。

 

 

私はこの嫌がらせ問題を何とかしたくて、行動を起こしました。体験したからこそわかったこと、お教えしますね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

今どき中学生の人間関係はSNSが土台?

 

 

 

 

中学生になると、スマホで友達同士連絡を取るのは当たり前で、クラスごとや部活ごとにグループLINEを作ってのやり取り。

 

 

なければないで疎外感を味わうため、もはや、持ってないなんて考えられない!というほどです。

 

 

ましては、Instagramに友達と遊んだことを載せることで、“私達は仲良しなのよ” アピール!

 

 

LINEのステータスにも「◯◯ちゃん好き!」だの、毎日更新メッセージ。

 

 

わが子も、家にいれば常にスマホ常備です。ひどい時はずっと見ているので、何でなのか聞くと、

 

 

「LINEをすぐ返さなきゃいけないんだよ!既読スルーすると怒られるから!」

 

 

って。そこまでしないと、今の中学生は仲良しでいられない?

 

 

かと思えば結局、SNS上では仲良し友達でも、会っても話をしなかったり、裏で悪口を言ってたり。

 

 

都合が悪くなれば、LINEブロックしてフェードアウト。

 

 

・・・こんなの中学生からやっていたら、高校生、大人になったらどんなふうになるのか、本当に心配になってしまいます。

 

 

 

 

まさかわが子が?嫌がらせの発端はLINEだった!

 

 

 

 

娘が中学校にもなれ、新しい友達もでき始めた頃です。帰宅するなり、

 

 

「今日ペンが何本かなくなって…」と。

 

 

私も「どこかに落としたんじゃない?」なんて言ってその日は終わり。

 

 

でも、また別の日には、

 

 

「筆入れがなくなったんだけど!」

 

 

・・・ “はぁ?” となりますよね。

 

 

学校に置き忘れたのかもしれないし、よく探すように話をしたのですが、

 

 

なんとその筆入れは、2日後に朝登校すると、何故かなくなったペンと一緒に、机の上に置かれていたとのこと。

 

 

それからしばらくして忘れた頃に、

 

 

「今日内ズックの靴紐がすごくギューって縛られてて、履けないくらいにキツくされてたの!」

 

 

・・・さすがに、“ん?いじめですか?”って思いますよね。

 

 

“まぁ、様子を見てみよう” なんて思っていたら…

 

 

今度は同級生の男子が、すれ違いざまに、

 

 

「お前の顔やべー!顔面偏差値低っ!」

 

 

と、毎回言ってくると…。

 

 

さすがに娘も毎日の出来事に精神的に疲れて、「学校も行きたくないなぁ…」が始まりました。

 

 

それでも「部活はしたいから行く」と言って行っていましたが、そろそろ私も黙っていられません。

 

 

行動開始です!

 

 

どうも娘から話を聞いていると、ことの発端はLINE。

 

 

自分が送ったLINEがスクリーンショットされて、別の友達に送られた。

 

 

何が気に障ったのかは分からないけど、知らないうちに “気に食わないヤツ” とターゲットにされてしまっていたという…。

 

 

また、

娘がたまたますぐに返信出来なかったとき、「ムカつくんだけど!既読スルーしないで!早く返事返して!」と、すかさず送って来た子がいて、

 

 

どうやら「既読スルーだ!」と頭にきたその子が、嫌がらせを始めたようでした。

 

 

しかも、学校では特に仲が良いように見えない男子グループにまで、いじめの輪が広がっていたわけです。

 

 

 

 

黙っていられない!親として嫌がらせ問題に対処!

 

 

たまたまなんですが、ちょうど良いタイミングで、担任の先生から別件で電話が来たので、それとなく聞いてみたんですよね。

 

 

すると、娘の内ズックの件、悪口の件…なんと先生、知っているではありませんか!!

 

 

話は早いですよね。「じゃあ学校側ではどうするつもりですか?」―― この一言につきます。

 

 

そしたら、先生はしどろもどろと「アンケートを取ろうとかと…」なんて!私は怒れてしまって、

 

 

「嫌々アンケートなんて、素直に書くわけないでしょ?」

 

「それよりも悪口言ってる子供の名前知ってますか?名前教えますから呼び出してください。」

 

「なんなら私学校に行きますから!」

 

 

・・・ここまで言ってようやく、先生も重い腰をあげ、解決に向け動き始めました。

 

 

その後ももう “モンスターペアレント” と言われても良いという覚悟で、先生に強気で、

 

 

「内ズックの犯人わかるまでは諦めませんから!何がなんでも調べてくださいね!」

スポンサーリンク

 

 

と、私も親の建前よりもわが子優先!引かずに、学校へ強く要望を出し続けました。

 

 

どうなったと思います?この後。

 

 

 

 

本当に子供の嫌がらせ問題解決しようとしてる?学校の対応は!

 

 

 

 

しどろもどろの担任じゃらちがあかないので、学年主任と話をさせてもらい即対応してまらいましたよ。もちろん。

 

 

「早々に動きます」なんて言われても信用できないので、どのように動くのかも聞かせてもらいました。

 

 

すると下校した娘が、

 

 

「今日、悪口言ってたメンバー(男の子たち)、学年主任に呼び出されて怒られてたよ!」

 

「他の子にも悪口言ってたんだってー!怒られた後はピタリと言わなくなったよ」

 

 

と。ちゃんと先生、次の日には呼び出して解決してくれたんですね。悪口メンバーが誰なのかは予め分かっていたし、そこはまずひと安心です。

 

 

 

でも、「内ズックは?」と聞くと、それはやはり難しいようで。

 

 

まぁ、私も “犯人なんて見つかるわけないかな…“ と思ってはいたので、仕方ないかなと思いましたが。

 

 

娘から聞くと、他の子も内ズックに石が入っていたとか、同じような事をされていたようでした。(その子は親には黙っていたそうですが…)

 

 

 

ちょうど娘からこの話を聞いていたとき、学年主任から電話がきました。

 

 

「やはり内ズックをいたずらした子はわかりませんでしたが、見回りを…特に、朝と放課後行うようにします。」と。

 

 

お言葉はありがたいんですけど・・・だからといって、現状としては、他の子の嫌がらせもなくなるわけでもないし、むしろ今も増え続ける一方。

 

 

結局学校としては、問題を大きくしないようにするだけで、親から強く言われなければ、何も動かないわけなんですよね…。

 

 

 

 

なくならない子供の間の嫌がらせ わが子から他の子へ…

 

 

このように、わが娘には嫌がらせはなくなりましたが、学校全体ではまだまだなくなりません。

 

 

内ズックを隠された

 

内ズックに画鋲が入っていた

 

針が刺さっていた

 

物が隠された

 

学校に置いてあるものにイタズラがあった

 

 

…等々という話は、それからも月に1回は聞くほどです。(娘本人ではありませんが)

 

 

 

また、娘の友達は、LINEで突然、

 

 

「ブロックするから!もう明日から一緒にいないし、話しかけてこないで!」

 

 

と送られてきたとか。

 

 

友達とのLINEのやり取りをスクリーンショットして回されたりと、相変わらずSNS上の嫌がらせもなくなりません。

 

 

今、この友達の親も、『モンスターペアレント上等!』と言って、学校側と話をして、解決に向けて動いています。

 

 

 

 

子供の嫌がらせ問題に親が出来る対応は?

 

 

 

 

今どきの中学生って、知らない相手とSNSで友達になっていたり、友達の人数が多いことが一つのステータスになっているようです。

 

 

それ自体は、云々言う余地は無いように思いますが、

 

 

SNSを使って友達(知り合い?)を一気にたくさん増やすことも可能な反面、

 

 

悪口も、タップ一つで一瞬のうちに拡散します。しかも、本人が全然知らない子たちにまで。

 

 

お互い相手の本当の感情が分からない文字でのやり取りに、とにかく表面だけは繕わなければいけない…

 

 

そんな環境の中で、今の子供たちは生きているんですよね。

 

 

薄っぺらい人間関係の中で生きているんだなぁ…と思うと、本当に心が痛いです。

 

 

 

そして今回、LINEがきっかけで、まさか起こるとも思わなかったわが娘への嫌がらせ!

 

 

実際起きてみると、親の私の心情は、“まさか自分の娘が⁉︎なんで⁇” と、すごくショックでした。

 

 

ショックと同時に怒りが込み上げてきましたけどね(笑)

 

 

ただ、そんな中で何が幸いだったかと言えば、

 

 

娘が、学校であった出来事を隠さずちゃんと話をしてくれたこと!――これに尽きます。

 

 

今回に限らずいつも「今日は学校どうだった?」と学校のことを話すようにしていたことが、解決のキッカケになったと思うんですよね。

 

 

もし親に言えなければ、もう学校に行けず、今も一人で悩んでいたかもしれません。

 

 

娘の友達のお家も、親子で毎日、学校の話が話題になるそうなんです。だからすぐ学校へと対応できたと言っていました。

 

 

些細な嫌がらせでも、知らなかったより、“知ってて良かった!” ですよね。

 

 

日頃からの、娘との会話の大切さを感じた出来事でした。

 

 

今嫌がらせを受けている子供さんをお持ちのあなた!もしかして、モンスターペアレントと言われることを恐れていますか?

 

 

何より大切なのは、自分の子供です。学校は、子供の間の嫌がらせなんて、見て見ぬふりですよ!

 

 

勇気を出して、学校に要望をぶつけることが、どうしても必要になってきます。

 

 

家庭では学校の様子は分からないのですから、嫌がらせ問題解決のためには、学校側に動いてもらうしかないのです。

 

 

子供さんの話をよく聞いてあげると同時に、学校の先生とつながり協力して、しっかりと子供さんを守ってあげてくださいね。

 

 

嫌がらせが一日も早くなくなりますように。

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ