断乳後に母乳外来は必要?ママと家族のため必要な選択は?私の体験談!

“断乳後、母乳外来に行く必要ってあるのかな?” と、迷ってるあなた。病気でもないのに “おっぱいのためにわざわざ病院に行くの?” なんて思いますよね?

 

 

実は私、断乳後に、胸のトラブルに見舞われてしまった一人です…。

 

 

私の体験を参考に、ぜひお子さんの体だけではなく、自分の体にも目を向けてみて下さいね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

1人目の断乳後 自己判断で放置

 

 

上の子の時の話です。子育てすべてに迷いがあり、紆余曲折しながら何とか「完全断乳」できたのが、1才7カ月のときでした。

 

 

授乳を一気に止める自信がなかったので、徐々に授乳回数を減らしていく方法をとって、最後の2カ月は、夜の寝かしつけのための1日1回だけに。

 

 

その後の断乳だったので、“おっぱいは張らないでしょ” なんて思ってたんですよね。

 

 

ところが、断乳後 最初の1週間、違和感があるほど腫れがあり、抱っこしても痛いくらい…。でもお風呂に入り温まると痛みが和らぐので、ホッとして。

 

 

違和感や痛みを感じなくなるまでに、1ヶ月かかったんですけど、腫れも引いてきたので、大丈夫かなと自己判断で、そのままにしてしまったんですよね。

 

 

当時は知識がなくて、とにかくほっておくのが一番なんだという思い込みです。

 

 

でも、これがいけなかった…!!

 

 

 

 

1年後乳房検査をしてみたら!

 

 

 

 

それから1年後、心配性の夫の勧めもあり、おっぱいのマンモグラフィー検査を受けたんです。

 

 

何も問題ないものと思い込んでました。

 

 

結果は・・・

 

 

 

Cランク 要経過観察

 

 

 

石灰化したものが見えると。

 

 

ただ5ミリ以下なので、要経過観察でした。

 

 

今まで大病もなく、どんな検診にも一度も引っ掛かったことがなかったので、例えようもない衝撃!!😫

 

 

そのまま3年間、要経過観察が続くのです…。

 

 

 

 

母乳外来って行くもんなんだ!

 

 

1人目が幼稚園に入園すると、たくさんの先輩ママさんから話を聞くことができました。

 

 

そこで初めて知ったんです!

 

 

断乳後は、母乳外来に行く ということを…。

 

 

 

「最後はきちんと残った母乳を出し切らないと、おっぱいに悪いよ~」

 

 

 

と、みんな口々に!

 

 

 

“あぁもしかしたら、それが石灰化の原因だったのかも…” なんて、私は思いました。

 

 

 

 

その後、2人目の妊娠を考えて、馴染みの産婦人科の先生に相談しに行ったときのこと。

 

 

3年に及ぶ、経過観察の知らせの紙を見せたんですね。そしたら、

 

 

 

「大丈夫!次の妊娠には問題ないよ😊」

 

「これは乳腺炎が放置されて、石灰化したものだね」

 

 

 

と。そして加えて、

スポンサーリンク

 

 

 

「乳腺炎は授乳中のことだったのかもしれないけれど、断乳後に何もせずに放置したことも関係するかもしれないね」と。

 

 

 

もう今となってはどちらとも確定できないようでした。

 

 

でも改めて考えるに、その程度のことで済んで幸いだったわけで。もし次の妊娠を望んでも、胸のトラブルのために出来なかったとしたら・・・

 

 

そう思うと、“やっぱり断乳後は母乳外来にきちんと行って、処置しておくべきだった!” と、大後悔でした。

 

 

 

 

2人目は卒乳後 母乳外来へ

 

 

それを教訓とした2人目。

 

 

下の子はのときはいろいろ考えて、断乳でなく、ゆっくりペースで「卒乳」という形を取ったんです。

 

 

もちろん授乳の間も、馴染みの産婦人科の先生のところに通い、定期的におっぱいをエコーで診てもらってました。

 

 

下の子は、卒乳まで2年2カ月かかったこともあるし、最後はお昼寝前と寝かしつけの1日2回になっていたので、おっぱいの張りは、上の子の時より少なかったです。

 

 

もう全く張らないだろうと思ってたくらいなので、張ることに驚きだったんですけど。

 

 

卒乳してすぐ、お産した病院に電話して、ケアについて確認をとりました!今回はしっかりとね!!

 

 

1週間何もしないで、そのまま来て下さい!と助産師さんに言われ、乳が張って痛いな…と思いつつ、ぐっと我慢して。1週間後、はじめて母乳外来に行ったんです!

 

 

助産師さんに経過を話したところ…

 

 

 

「よく2年2カ月もの間、頑張りましたね!お疲れさま😊」

 

 

 

と微笑み、頭を下げて言われたんです。

 

 

掛けてもらった言葉にとても胸を打たれ感動し、一方で “あぁこれで幸せだった授乳が終わったんだ…” と実感して、その場で号泣してしまいました😭

 

 

触診してもらい、今後のおっぱいケア計画について話をされ、診察は終了。

 

 

助産師さんいわく、私は張りがかなり少ない方とのこと。まぁ卒乳まで待ち、ゆっくりと終わりを迎えたので、当たり前と言えば当たり前ですが…。

 

 

その後も、教えてもらった自己ケアだけで、張りは落ち着きました。

 

 

 

 

断乳後はぜひ母乳外来へ!

 

 

 

 

やはり自分の経験から、断乳にしろ、卒乳にしろ、必ず母乳外来に行くことを私はお勧めします!

 

 

張りや痛みの多少にかかわらず、その人に合ったケアが必要!そのためにも、専門家に診てもらい、話を聞くべきと考えてます。

 

 

私は、2人目のとき母乳外来に行ったことで、最後全くお乳がでなくなるところまで自分で確認し、安心できたので(*^-^*)

 

 

それに、具合が悪ければ、いつでも専門家に相談できるという心強さもありますしね。

 

 

 

ママが忙しいのは分かります!

 

 

でも、ママの体は自分だけのものではありません。家族みんなにとって、大切ですものね♡

 

 

ちなみに私は、その後もマンモグラフィーとエコー検査を併用して続けていますが、今のところ問題は無く、ホッとしてます。

 

 

おっぱいの検査も、くれぐれもお忘れなく^^

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ