夫婦喧嘩をしないコツって何?結婚生活14年目の主婦がたどり着いた結論は!

夫婦喧嘩、できればしたくないですよね(>.<;) 怪しい雲行きになると、子供に止められたり、

 

 

気付いたら、幼稚園の先生に夫婦喧嘩のようすが筒抜けたったり… “あちゃ~” と反省することもあります。

 

 

では「夫婦喧嘩をしないコツってあるの?あるとしたら何?」と、考えているあなたへ。結婚生活14年目に突入した主婦が、わが家の実態を交えつつ、ちょっとだけアドバイスいたします!

スポンサーリンク

 

 

 

 

喧嘩する期間さえなくすぐ結婚した私たち

 

 

 

 

私たち夫婦は、長い付き合いの末にではなく、たまたまお互い「結婚したい」と考えていたタイミングに出会い、あっさり結婚に至ったカップルです。

 

 

なので同棲経験もなく、新婚生活が何だか新鮮で、ウキウキ♪でした。(今やものすごい遠い話のようですが😅)

 

 

新婚当初は、夫婦喧嘩はほぼありませんでした。お互いに遠慮してたのです。初めのうちは、うまくつくろえるものですよね。

 

 

次第に時が経ち、慣れてくると、そんな関係も崩れていきましたが。

 

 

最初の激しいぶつかりは、私が妊娠中に、酷いつわりで10日間ほど入院したときでした。結婚3ヶ月目です。

 

 

体調も少しずつ上向いてきて、“もう家に帰りたい!” と、急きょ退院を決めてしまったのです。夫に電話で、

 

 

「退院することになったから、車で迎えに来て!」

 

 

と連絡をしました。ところが、待てど暮らせど迎えにきません。かなり時間がたってから来た夫に、

 

 

「遅い!」

 

「ありえない!!!」

 

 

と愚痴ったのです。すると、夫は大爆発😠

 

 

 

 

「こっちの予定も考えず、今すぐ迎えに来い!って、何だその言い方は!!」

 

 

 

・・・冷静になって考えれば、怒るのもごもっとも。

 

 

でも、そのとき私は、“とにかく一刻も早く自宅に戻って、慣れたベットで寝たかったの” という思いがあって…。

 

 

完全な気持ちのすれ違いです😢

 

 

 

 

私の育児疲れとイライラで夫婦喧嘩多発!

 

 

 

 

次は、上の子が産まれてから。もちろん、ささいな夫婦喧嘩は多発してました。

 

 

お互いにはじめての乳児を迎えての生活に、家のことが全く回らなくなり、ぐちゃぐちゃになっていたのです😭

 

 

積もりに積もったものが大爆発したのが、離乳食時でした。

 

 

子供にトマトを食べさせたくて、細かく刻んだものの、ほんの一口食べた後、全く食べてくれません😢

 

 

イライラして、ポイッと捨ててしまったのです。夫はそれを見て

 

 

「何で捨てる前に声をかけてくれなかったの!声をかけてくれたら、食べたのに」

 

 

実は、私はトマトが苦手なのです…。

 

 

「そんなの、離乳食あげる前に言いなさいよ!」

 

 

夫、大爆発です😡

 

 

これまた冷静になれば、自分が嫌いなものとはいえ、食べ物はむやみに捨ててはいけませんよね。

 

 

しかも、言い方もあります。

 

 

でも、私も休みなしの育児、思い通りにならない育児に、もうイライラの限界だったのです😣

 

 

私の語気の強さは、「そんな高みの見物みたいにしてないで、何でもいいから手伝ってよ!」という気持ちの表れでもあったんですよね😢

 

 

これまた気持ちのすれ違いです。

 

 

 

 

ついに夫の口から「離婚」の言葉が!

 

 

その後、決定的な夫婦喧嘩が…。

 

 

下の子がまだ、1才過ぎだった頃のこと。夫が、とても軽度ですが、手術になったことがありました。

 

 

私は小さい子を二人連れて付き添うのは無理と、夫一人で手続きから手術、退院までやってもらったことがあったのです。

スポンサーリンク

 

 

当時、上の子の学校の送り出しで、何があっても早起きしなければならないことと、下の子(6才下)の激しい夜泣き対応で、深夜に帰宅する夫に関しては、ほったらかし状態でした。

 

 

とりあえず、夕飯だけ台所に置いて、二人の子供たちと一緒に就寝する生活を、1年以上送っていたのです。

 

 

手術とそのほったらかしの生活で、夫のイライラはマックスになり、

 

 

 

「俺はこの家にお金を運ぶためだけの道具じゃない!」

 

 

「夫婦の会話もないなら、離婚する!

 

 

 

と大爆発😡

 

 

 

「はぁ~?こっちだって1年以上まとまって寝れなくて、ぼろぼろなのよ!!」

 

 

 

お互いに、自分こそ疲れてるんだ😠我こそストレスがたまっているんだ😠と言い合いで大喧嘩に。

 

 

かなり長い間、冷戦が続きました。

 

 

まあ、子供が小さいこともあり、仕方なしに少しずつ和解していった感じでしたが…モヤモヤはしばらく続いていましたね。

 

 

結局のところ、徐々に下の子の夜泣きがおさまり、まとまって寝てくれるようになったので、夫婦の時間や会話も戻って来たことで、本当の和解が訪れた感じでした。

 

 

 

 

夫婦喧嘩?話し合い?

 

 

 

 

その後も、子供たちが乳児、幼児と手のかかるときが過ぎれば、夫婦喧嘩はなくなるかと思いきや。

 

 

今度は、しつけ、教育、様々な価値観の違いに、幾度となく言い合いに発展しました。

 

 

私は、これを「夫婦喧嘩」と解釈し、夫はただの「話し合い」だと解釈してましたが。…確かに、こういうものは、意味のある夫婦喧嘩 だと感じてます。

 

 

ちなみにですが、私の友人の話です。普段寡黙なご主人。本音が分からず、困ることもあるそうで。

 

 

そんな時は、わざと語気を強くして、喧嘩をふっかけ夫の本音を引き出すとか。“そんな方法もあるんだあ~” と、思ったことがありました。

 

 

 

 

夫婦喧嘩をしないコツはただ一つ!

 

 

 

 

夫婦喧嘩をしないコツってあるの?とお思いのあなた。私は、夫婦喧嘩自体を否定することはないかな、と思っています😌

 

 

わが家もしかり、最後にご紹介した友人宅もしかり。喧嘩(言い合い)をすることで、お互いの本音を知ることができますからね。

 

 

でも、だだの愚痴の言い合い、「疲れた!」「ストレスがたまってる!」ということの、自己主張のための喧嘩ならいりません。

 

 

それでも “じゃあ、お互いの辛い原因を取るためにどうしようか?” と、話が前に進められるなら、まだ良いですけどね!

 

 

振り返れば、私たち夫婦が喧嘩をしていた時って、お互いに余裕がないときでした。

 

 

それぞれ思っていたのは、「何で私の俺の気持ちを分かってくれないんだ!」というモヤモヤした気持ちだけです。

 

 

そんなふうに、解決を求めるために言い合うのではなく、ただの感情のぶつけ合いなら、理解し合えず、離婚に向けてまっしぐら になってしまいます😣

 

 

 

 

~今思うに、夫婦喧嘩をしないコツというか、円満のコツはただ一つ!

 

 

 

お互いを思いやる!

 

 

 

・・・本当に、この言葉に尽きます😌

 

 

お互いに「大変だよね」「辛いよね」「頑張ってるよね」と思いやる。この気持ちがなくなったら、おしまいです。

 

 

離婚しないにしても、家庭内別居です!

 

 

裏返して言えば、その気持ちが土台にあっての言い合いなら、たとえ夫婦喧嘩に発展しても、修復可能なんですよね。

 

 

なぜなら、互いに意見が言い合えて、相手を知ることができて「良かった」と思えますから。

 

 

もう一度、まずあなたの方から、お隣にいるご主人の苦労を思いやってみませんか?

 

 

きっと、その気持ちが相手に届いたら、ちゃんとお返しがきますよ😊

スポンサーリンク

タグ:   

カテゴリ:夫婦 

管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ