千光寺公園のお花見に行って来た!駐車場 屋台 夜桜など地元からのオススメ情報!

「日本さくら名所100選」にも選ばれている人気の高いお花見スポット、広島県尾道の千光寺公園!

 

 

山陽本線「尾道駅」の北側にある小高い山、千光寺山の山頂から中腹にかけて広がっている公園で、春には桜が山一面を染めます。

 

 

桜はソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラ、カンザクラなど約20種類、約1500本です。

 

 

私は広島県内に住んでいて、去年は仕事終わりにデートとして行きました。実際に行ってみての口コミ、プラス2019年の情報をお伝えしますね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

<目 次>

 

 

  1. 混雑状況(場所取り)
  2. 開花時期
  3. スポット住所&電話番号
  4. 開園時間・入園料
  5. 駐車場情報
  6. 車でのアクセス
  7. 公共交通機関でのアクセス
  8. ロープウェイ情報
  9. ライトアップ期間&時間
  10. 屋台・売店情報
  11. トイレ情報
  12. 禁止事項
  13. ゴミ箱情報
  14. 服装・靴で気をつけたいこと
  15. 子供連れで行く場合の注意点
  16. カップルで行く場合のおすすめポイント
  17. まとめ

 

 

 

混雑状況(場所取り)

 

 

例年の人出は約10万人。県内各地からのみならず、外国人客もたくさん訪れます。

 

しかも広場というより、山道沿いに咲く桜の下に場所を見つけてのお花見なので、場所取りしようとすれば大激戦!

 

穴場らしい場所も特に見当たりません…。

 

予めの場所取りも禁止になっていないようで、人がいないレジャーシートだけが置かれていたりすることも。

 

写真撮影も、人のいない場所とタイミングを見計らいながら…のようになってしまうほど賑わいます。

 

▲目次にもどる

 

 

 

開花時期

 

 

例年の見頃は、3月下旬〜4月中旬です。

 

2019年の開花予想は3月25日。

満開予想は 4月 1日、桜吹雪 4月 7日予想となっています。

 

 

 

▲目次にもどる

 

 

 

スポット住所&電話番号

 

 

〒722-0032
広島県尾道市西土堂町 19-1

 

0848-22-7354(千光寺公園駐車場)
電話応対は、平日の 8:30~17:15のみです。

 

0848-36-5495(尾道観光協会)

 

 

 

▲目次にもどる

 

 

 

開園時間・入園料

 

 

24時間入園可能です!

年中無休

入園無料

 

▲目次にもどる

 

 

 

駐車場情報

 

 

【千光寺公園駐車場】

 

■70台(臨時駐車場222台)

 

■駐車料金

 1回 600円

 

■運営時間

 8:30~17:30

 

■住所&電話番号

 尾道市東土堂町 20

 0848-22-7354

 

 

駐車場料金は取られるものの、車から下りてすぐに満開の桜がお出迎えをしてくれる景色に、着いてすぐ「来て良かった!」と思える景色が広がっていますよ。

 

車両の進入ができるのは駐車場までなので、「頂上展望台」や「千光寺」には、駐車場から歩いて 5~10分程度かかります。

 

なので、子供連れや車椅子で行かれた際は、坂道や階段登らないといけないので大変かもしれません。

 

 

【臨時駐車場】

 

山頂には山頂駐車場だけではなく、グラウンドに臨時駐車場が開設されます。臨時駐車場に気付かれずに長時間並ばれるお客様が毎年多くいらっしゃいますので、山頂に車でお越しの際は臨時駐車場もしくはシャトルバスをご利用ください(※)。(千光寺ロープウェイFacebookより引用)

 

(※)混雑状況に応じて、週末には有料で、臨時駐車場からシャトルバスが運行される場合もあるとのことです。(尾道市HPより)

 

ちょっと遅く現地に着きそうなら潔く「千光寺グランド駐車場」を目指して行った方が、駐車場確保できると思います!

 

 

■(常設)普通車 70台

 (臨時)普通車 320台

     バス 20台

 

■駐車料金

 普通車     600円

 マイクロ 1500円

 大型       2000円

 

■住所

広島県尾道市西土堂町 18-1175

 

その他の千光寺公園周辺の駐車場情報はこちら(NAVITIME)

 

▲目次にもどる

 

 

 

車でのアクセス

 

 

【東京・大阪方面から】

 

山陽自動車道「福山西IC」から約15分

(国道2号線バイパス→県道363号→千光寺山ドライブウェイ)

 

 

【広島方面から】

 

山陽自動車道「尾道IC」から約20分

(国道184号線→県道363号→千光寺山ドライブウェイ)

 

 

花見期間中は、千光寺公園周辺道路が大変混みあい、週末は交通規制も行われます。

 

カーナビで示される道順では通れない場合もありますので、ご注意下さいね。

 

JRやバスなど公共交通機関を利用する方が、よりストレスなくお花見を楽しめる気がします。

 

▲目次にもどる

 

 

 

公共交通機関でのアクセス

 

 

■JR山陽本線「尾道駅」下車

 

→徒歩

駅北の土堂小学校横から、階段と坂道で登る最短コース

(約850m 15~20分所要)ほか

 

または

 

→おのみちバス「千光寺公園」行き乗車16分

「千光寺公園」下車

 運賃140円

 

バス時刻表(尾道駅→千光寺公園)

 

千光寺公園線は、平日1日3本・週末1本しかありませんし、山頂までは歩いて登らなければならず、あまり便利とは言えません。

 

 

徒歩ルート・千光寺公園行き「臨時バス」の情報など更に詳しく!

 尾道市役所HPをご覧下さい☆

 

頂上までは、ロープウェイに乗って行くと楽です。

スポンサーリンク

(↓次項目を参照してくださいね)

 

▲目次にもどる

 

 

 

ロープウェイ情報

 

 

千光寺ロープウェイ「山麓駅」⇔「山頂駅」間を約3分で楽々移動できます!

 

お花見時期にはロープウェイも混雑しますので、時間に余裕をみてお出かけ下さいね。

 

 

■所在地&電話番号  

〒722-0033 広島県尾道市東土堂町 20-1(山麓駅)

0848-22-4900(山頂駅)

 

 

【ロープウェイ乗場までのアクセス】

 

<JR山陽本線「尾道駅」>より

 

→徒歩15分

 

または

 

→おのみちバス ①番・⑤番乗場発

 乗車5分「長江口」下車すぐ

 運賃 140円

 

 

<JR山陽本線「新尾道駅」>より

 

→おのみちバス(長江経由)「尾道駅」行き

 乗車10分「長江口」下車すぐ

 

※ロープウェイ乗場付近の山麓には駐車場はありません。ご注意くださいね。

 

 

■普通運賃

  片道 往復
大人(中学生以上) 320円 500円
小学生以下 160円 250円

※小学校就学前の小児は保護者同伴で1名無料

 

■通常運行時間(15分おき 毎日)

 9:00~17:15

 

■延長運行(2019年花見期間)

3月  
23(土)24(日) ~19:00
25(月)~28(木) ~18:00
29(金)  ~19:00
30(土) ~21:00
31(日) ~19:00

4月

 
1(月)~4(木) ~18:00
5(金) ~19:00
6(土) ~21:00
7(日) ~19:00

乗車券には、周辺施設の特別割引特典が付いていますよ(裏面)。

 

さらに詳しい情報は→千光寺ロープウェイHP

 

▲目次にもどる

 

 

 

ライトアップ期間&時間

 

 

2019年 3月16日(土)~ 4月14日(日)

18:00〜翌6:00

 

公園内には24時間出入り自由な上、夜間ライトアップの時間が長いのもうれしいポイントです!

 

ぼんぼりが灯される風景は、とても風情がありますよ^^

 

 

 

▲目次にもどる

 

 

 

屋台・売店情報

 

 

シーズンには、数店舗の屋台が出店しています。

 

公園内に売店があり、ビール・日本酒販売も有り。

 

飲み物の自販機あります。

 

▲目次にもどる

 

 

 

トイレ情報

 

 

公園内に公衆トイレが10ヶ所あります。ひどい混雑はありません。

 

▲目次にもどる

 

 

 

禁止事項

 

お花見するにあたっては、火気厳禁です。

 

▲目次にもどる

 

 

 

ゴミ箱情報

 

 

「ゴミは持ち帰り」が注意事項になっています。

 

▲目次にもどる

 

 

 

服装・靴で気をつけたいこと

 

 

春ですし、特にデートで行くとなるとオシャレしたいと思うと思いますが、坂道や階段を上らないといけないので、高いヒールで行くのは絶対にやめといた方が後悔しないで済みます^^;

 

この日だけはスニーカーを履いて、お花見を存分に楽しむべきでしょう。

 

4月といえど夜は海風が当たるし、とてもひんやり寒いので、薄着で行かず、羽織れるものを必ず持って行った方が良いですよ!

 

▲目次にもどる

 

 

 

子供連れで行く場合の注意点

 

 

公園全体が、千光寺山という山なので坂道続きです。小さいお子さん連れだと大変かもしれません。

 

行きは必ずロープウェイを利用し、歩くなら下りのみ。または頂上付近で楽しんで帰りもロープウェイに乗るのが、一番無理のない方法だと思います。

 

▲目次にもどる

 

 

 

カップルで行く場合のおすすめポイント

 

 

実は千光寺公園は、NPO法人地域活性化支援センター「恋人の聖地」として認定されていて、人気デートスポットになっています。

 

土地が広くて、のんびりデートにすごくおススメです。

 

頂上には展望台があり、上から見るあたり一面満開の桜は景色がとても良く、長時間いても飽きません。

 

また夜は、ぼんぼり提灯やスポットライトで照らされて、昼と夜で違った雰囲気の桜を見ることができますよ。

 

個人的にはデートで行くなら、昼より、夜のぼんぼり提灯でライトアップされた桜の方が、雰囲気も良くておススメですね!

 

▲目次にもどる

 

 

 

まとめ

 

 

千光寺公園、いかがでしょうか。

 

 

私は去年、デートで車で行きましたが、いたるところに桜が咲いているため、

 

 

キレイな桜を背景に記念撮影で足が止まって、頂上まで上がるのにかなり時間がかかりました^^;

 

 

また、お花見だけでなく、園内の「文学のこみち」を散策したり、展望台から瀬戸内の多島美を堪能できたり、一度行ったら多様に楽しめるスポットです!

 

 

千光寺のほうへ行ってみると、大人気の「ぽんぽん岩」があり、記念撮影する人がたくさんいますよ。

 

 

岩も是非叩いてみましょう。面白い音がしますよ!一応危ないので、滑らないように気をつけて。

 

 

あと、尾道市は「尾道ラーメン」しょうゆ味がとても有名なので、ぜひ一杯食べてから、ゆっくりお帰り下さいね。

 

 

ただ尾道ラーメンは有名なだけに、あちらこちらにお店があるので、きっとお店選びに困ってしまうと思うんです。

 

 

事前にお店の口コミを調べて行くと良いですが、たとえば「朱華園」など口コミ評価が高いお店だと、待ち時間が長い時もあるんですよね~これがまた。

 

 

ともかく千光寺公園は、お花見を含めて、平日にのんびり行くのがオススメですね。

 

 

…と言ってもシーズン中は、平日でもいつも車も人も多いため、多少心の準備をして行くと、イライラしなくて済むんじゃないかと^^

 

 

私はまだ26歳だし、日本中のいろんな景色を見てきたわけではないですけど、一生に一度は見ておきたい景色であることは間違いないと思っています!

 

 

千光寺公園の桜、ぜひ楽しまれてくださいね♪♪

 

周辺情報など更に詳しくは→じゃらん

 

▲目次にもどる

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ