飛行機で耳が痛い時の対処法はコレ!耳抜きが出来ない場合や予防法も!

飛行機に乗った時、耳が激しい痛みに襲われることってありますよね?

 

 

それはもう、耳の中の不快感だとか、閉塞感だとか、そういう物をはるかに超えた「痛み」!!

 

 

私は年に3~4回飛行機に乗りますが、普段は何ともないのに、ある時一度だけ、

 

 

両耳から刃物を突っ込まれたような激痛に見舞われ、意識がもうろうとしてしまった経験があるんです。

 

 

このような耳の痛みに対する対処法と、予防法もあわせてご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

<目 次>

 

 

  1. 飛行機で耳が痛くなった時の対処法は?
  2. 飛行機で耳抜きが出来ない場合は耳栓使用も
  3. 飛行機で耳が痛くなる要因と予防法は?
  4. 飛行機での耳の痛み対処法&予防法まとめ

 

 

 

 

飛行機で耳が痛くなった時の対処法は?

 

 

対処法を知るにはまず、機内で耳が痛くなってしまう「原因」を知っておく必要がある訳ですが、

 

 

耳の痛みは、外気圧と耳の中(中耳)の気圧のバランスが崩れる ことで起こります。

 

 

通常は「外気圧=中耳圧」とバランスを保っているのに、

 

 

離陸後は「外気圧<中耳圧」

 

 

着陸前は「外気圧>中耳圧」

 

 

のように、急激な変化が起こるんですね。

 

 

この状態を、身体が「外気圧=中耳圧」となるよう自然に調節できない為に、痛みが引き起こされるので、

 

 

圧の調節を、自分自身で助けてあげれば良いのです!

 

 

方法としては、「耳抜き」または「空気抜き」と言われる方法があります。

 

 

 

 

 

耳管(耳から咽頭部につながっている管)を開く耳抜き法

 

 

※中耳内の圧が高いときも、低いときも、どちらにも使える 方法です。

 

 

つばを飲み込む

 

飲み物を飲む

 

飴をなめる

 

あくびをする

 

口を軽く開けて、顎を上下左右に動かす

 

耳たぶを、少し力を入れて指で揺らす

 

 

まずは、このような簡単な方法で、耳管を開くことができれば一安心!

 

 

眠ってしまっていると、このような動作ができないため、心配ならば、離着陸時は起きている方が良いですよ。

 

 

 

中耳内の圧を上げる耳抜き法(バルサルバ法)

 

 

※飛行機が着陸のため高度を下げ、外気圧が高くなった時 の耳抜き方法です。

 

 

口を閉じ、空気が漏れないよう鼻をつまんだ後、鼻に空気を送ります。

 

「フンッ」といきむ感じですね。ただし、ゆっくりと!

 

鼻をつまんでいるので、空気は、鼻腔とつながった耳の内部に流れます。

 

すると中耳内の圧が上がり、耳の中がピキピキ鳴ります。

 

さらにゆっくり強めていくと、スッと空気が通ります。

 

 

バルサルバ法の注意点ですが、お医者さんの話によると、

 

 

この耳抜き法は、鼓膜が破れる危険性を秘めているため、オススメできないとの事でした。

 

 

する時は、くれぐれも勢いをつけずに、ゆっくりと行って下さいね。(私もついついやってしまってました)

 

 

 

~このように、耳抜き法はどれもすごく簡単ですが、一つとっても重要なポイントがあります。

 

 

それは、「完全に痛くなってからでは遅い」ということです!!

 

 

ですのでこれらの方法は、耳に違和感が出て来たり、詰まってきたと感じた時点で、すぐに行って下さいね。

 

 

外気圧が急激に変化するのは、

 

 

離陸~シートベルト着用のサインが消えるまで

 

 

エンジン音が静かになった後~着陸まで(着陸態勢に入るというアナウンス後)

 

 

です。

 

 

この時に意識して、あまり痛くなくても耳抜きをしておくのがポイント!

 

 

更に言うと、外気圧が下がる(内耳の空気が抜けて行く)離陸後は、比較的調節が容易ですが、

 

 

外気圧が上がる(内耳に空気が流入する)着陸前は、激しい痛みになりやすい ので注意が必要です。

 

 

いずれにしても、早目早目に対処しましょう。

 

 

また、自分自身でどうしても耳抜きが出来ない場合には、客室乗務員にお願いすることも可能です。

 

 

すると、

 

 

▶離陸時は、温かいおしぼりの入った紙コップ(耳の外の空気を温め圧を上げる為)

 

 

▶着陸時は、氷の入った紙コップ(耳の外の空気を冷やし圧を下げる為)

 

 

を渡してくれます。

 

 

これを耳に当てることで、中耳圧とバランスが取れるようになりますので、万一の時には、頼んでみて下さいね。

 

▲目次にもどる

 

 

 

 

飛行機で耳抜きが出来ない場合は耳栓使用も

 

 

耳抜き(空気抜き)をしたいのに、なかなか上手くできない人もいます。

 

 

そのような方には、予め、耳の痛みに対処できる、便利な「耳栓」を準備しておくことをオススメします。

 

 

一般の耳栓(防音用)とは違い、気圧の変化に対応できるようになっている物で、よく紹介されているのは、以下の2つの商品です。

スポンサーリンク

 

 

 

イヤープレーン

写真出所 楽天市場

 

 

 

耳栓の中央に空気孔が通っていて、その中ほどに特殊フィルターがあります。

 

このフィルターが、気圧の急激な変化を調節してくれます。

 

機内の見えないホコリや汚れなどによってフィルターがつまると、効果が表れにくくなるため、使い捨てとなっていますが、往復ぐらいの使用ならば、効果は持続するようです。

 

 

 

サイレンシア・フライト・エアー

写真出所 楽天市場

 

 

 

耳栓の中央に空気孔があるのは同じですが、空気の流れを制御するクッションの役割をする装置が付いていて、気圧をゆっくり調節してくれます。

 

洗って何度も使えます。

 

 

 

どちらの耳栓も、気圧調節の効果がより良く表れるためには、

 

 

※耳のサイズに合ったものを使用すること

 

 

※気圧が変わる前に、しっかりと耳の奥まで挿入しておくこと、が大事です。

 

 

※また、外すときは、鼓膜を傷めないようゆっくり抜きましょう。

 

 

 

予め、ネットショップでも購入可能ですし、空港、トラベルグッス店で売っています。

 

 

どちらも、1000円前後から購入可能です。

 

 

また、航空会社によると思いますが、機内(高い席)の各席に備えられていたり、申し出れば、エコノミーでももらえることがあるそうですよ。

 

▲目次にもどる

 

 

 

 

飛行機で耳が痛くなる要因と予防法は?

 

 

 

 

私自身、今までに一度だけ、脳を突かれるような激しい耳の痛みに襲われたことがあるのですけど、

 

 

振り返ってみると、風邪ひきの上に寝不足で、体調が良くなかった時でした。

 

 

その時には何の知識もなく飛行機に乗ってしまいましたが、

 

 

風邪で鼻が詰まり気味 だとか、鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)をお持ちの方は、予め、耳鼻科に行っておくと良いようです。

 

 

耳鼻科では、鼻を通す「点鼻薬」を処方してくれます。

 

 

離陸直前と、下降直前に、点鼻薬をさしておくと、耳管が開きやすくなって、耳が痛くなるのを防ぐことができるとのこと。

 

 

もし鼻の通りが原因ならば、メントールの飴やガムを常備して、離着陸時になめたり噛んだりするのも一つの方法ですね。

 

 

また、鼻に問題がないにも関わらず、飛行機に乗るたび毎回耳が痛くなってしまう方 も、一度は耳鼻科を訪ねることが奨励されています。

 

 

耳管が狭いなど、耳の構造が原因なこともあり、その為の対策が必要なためです。

 

 

我慢をして「航空性中耳炎」になってしまうと大変ですので、耳鼻科にかかることをお勧めします。

 

 

 

「航空性中耳炎」の症状は、耳の激しい痛み、耳鳴り、難聴から始まり、

 

これが飛行機を降りても、数時間、数日続いたりします。

 

そして重症になると、通常の中耳炎のような症状が起こります。

 

上空は気圧が低いので、口や鼻の中の液体が外に出ようとするのですが、

 

耳抜き(圧調整)が上手く出来ないと、唾液、鼻水、痰などが、内耳に流入します。

 

その結果、鼓膜が炎症を起こしてしまうのです。

 

ここまでなると更なる激痛!通院が必要になってしまいます。

 

 

 

私もあまりの激痛に、すぐ横を行き来している(いつも通路側の席を取るので)客室乗務員に声を掛けることさえ出来ない状況で、

 

 

“本当にどうにかなってしまうんじゃ…” と思うほどでした。

 

 

飛行機を降りた後もしばらく痛みが続いていましたが、いつのまにか回復していたのは、今思えば幸いでしたね。

 

▲目次にもどる

 

 

 

 

飛行機での耳の痛み対処法&予防法まとめ

 

 

 

 

「飛行機に乗ったときの耳の痛みの対処法」についてお話しして来ました。

 

 

ここでもう一度、順を追ってまとめてみますね。

 

 

1.まずは、体調を整えておくこと。(普段は何ともなくとも耳が痛くなる可能性アリ!)

 

 

2.風邪をひいている、鼻炎症状が出ている時などは、必要ならば、耳鼻咽喉科に行っておくこと。

 

 

3.もしもの時に備えて、気圧調節用耳栓や、飴など、対策用グッズを準備しておくこと。

 

 

4.そして、耐えられないほどの痛みになってしまう前に、離着陸時、早目早目に「耳抜き」をすること!

 

→耳抜きは、鼓膜を傷めないように、耳管を広げる方法を奨励。

→耳に空気を送る方法なら、ゆっくりと行う。

 

 

と、このようになります。

 

 

せっかくの楽しいご旅行、または大事なお仕事で乗った飛行機で耳が痛くならないよう、どうぞしっかり対処されて下さいね(*^-^*)

 

▲目次にもどる

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ