家事を一人で背負わない!共働きなら話し合って上手に夫と家事分担を!

共働きをしていると、必ずと言っていいほどぶつかる問題「家事をどのように分担していくか?」

 

 

どちらか一方の負担が大きすぎると、不満や不仲、最終的には別れにだって繋がり兼ねません。

 

 

共働きで家事分担に悩むアナタに、私の体験から、上手に分担していくヒントをお話していきますね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

専業主婦だった母親に育てられた私は、「家事は女の仕事」という考えを捨てられず、最初は全部自分でやろうとして、本当に苦労しました。

 

 

結局、仕事も家事も中途半端になり、きちんとできない自分に苛立ったりも。

 

 

そのうち、“どうして私ばかりがこんなに頑張らないといけないの?!” という気持ちが大きくなり…。

 

 

気づけば常にイライラ。周囲に当たるようになっていきました。

 

 

そんな風になってしまっては家事はおろか、きちんとリラックスすることができず、仕事にまで支障をきたすようになってしまいますよね。

 

 

 

 

分担をきちんと話し合って決める

 

 

まずは、共働きである以上、あくまで立場は対等と考え、“家事は女性がするもの” という先入観は捨てましょう!(まず自分からですね)

 

 

そして相手にも、「今は将来のためにも、仕事もきちんと頑張りたい。あなたにも少しでも手伝ってもらえると助かる」と、自分の気持ちはしっかりと伝えるべきです!

 

 

できれば結婚前、いっしょに生活を始める前の段階で、どのように分担するのか、大枠を決めておけるとベスト☆

 

 

予め決めておいても、不都合が出てくるものなので、その都度話し合って、自分と相手が納得できる形を探していきましょう。

 

 

兎にも角にも、コミュニケーションが一番大事 です!

 

 

 

 

お互い得意なことを分担する!

 

 

分担を決める時には、働いている時間、休日などの兼ね合いもそうですが、それぞれの得意不得意を考えて決める と、うまくいきやすいです。

 

 

別に、女性だから料理が得意でないといけない、料理は女性の仕事、なんてことはありません。

 

 

*早起きが得意な方が朝ご飯を作る

 

*ご飯を作っていない方が食器洗いをする

 

*洗濯は、一週間のうち1回は相手にやってもらう

 

 

~などなど。カチッと決めてしまわず、臨機応変に変えられる部分があってもいいですよね!

 

 

実は私、一番最初、洗濯の時に自分の下着を見られるのが、恥ずかしくて嫌だったんです…>.<

 

 

でもある時、“どうせ洗濯ネットに入れているんだから、ネットに入れたまま干してもらえばいいんじゃない?” と思い付いて、安心してお願いできるようになりました^^;

 

 

(ただし乾燥しにくいので、洗濯物が乾きやすい時期や場所を選んでくださいね)

スポンサーリンク

 

 

 

 

大事なのは思いやり

 

 

相手が風邪を引いたり、仕事で忙しい時期だったり…状況は刻一刻と変化していきますよね。

 

 

そんな時はお互いに協力して、余裕のある方がいつもより少し多く負担する。ごく普通のことですが、毎日いっしょに生活していく上で、思いやりはとても大事です。

 

 

“これは相手の仕事だから、私はやらない!” という気持ちでは、うまくいきません。

 

 

ただし 思いやりを通り越して、相手に尽くしすぎたり、まるで母親のように面倒を見るようになってはダメ です!

 

 

お互いが気持ちよく毎日を過ごすために、自分の時間も大切に!

 

 

 

 

完ペキを目指さない!

 

 

完ペキにやろうとすると、時間もかかるしストレスも溜まります。そして、知らず知らずのうちに自分だけじゃなく、相手にも完ペキを要求するようになってしまうんです。

 

 

「なんでちゃんとやってくれないの?!」

 

「私はこんなに頑張ってるのに!!」

 

 

って、イライラしてしまいがち。

 

 

“100点じゃなくても、70点くらいでいい!” と思えると楽になれるし、相手に感謝の気持ちを持つことができます。

 

 

その方が、毎日幸せに過ごせますよね♪

 

 

“もっとこうしてほしい” という要望がある場合には、

 

 

「どうして◯◯してくれないの!」ではなくて、

 

「こうしてくれると嬉しいな」と、伝えるのが秘訣です^^b その方が、ご主人も受け入れやすくなりますよ。

 

 

自分も、夫も、人間です。家事のやり方やペースには、それぞれ育ってきた環境も影響してきますよね。

 

 

お互いに「ありがとう」の気持ちを持つには、心にゆとりが必要です!

 

 

 

 

 

家事はとことん効率化!

 

 

家事に使う時間は、なるべくなら少ない方がいいですよね。誰だって、手間がかかって面倒なことはできればやりたくありません>.<

 

 

特に、夫に家事の一部を頼む場合、なるべく簡単に、短い時間で行うことができるような工夫が必要です。わが家で実践していることは、

 

 

・大きな服はハンガーにかけたまま、ハンガーラックへ

 

・よく使う調理器具や食器は、しゃがんだり背伸びしなくていい所に置いておく

 

・おしぼりは、ウエットティッシュを利用

 

 

…などなど。

 

 

アイディアを出し合って、効率化するための方法をいっしょに考えると楽しいですよ♪

 

 

 

 

~いかがでしょうか。

 

 

共働きは大変ですが、「協力しあって生活を作っていく」という楽しさもあります!

 

 

家事の分担を通して、お互いの絆を深められるといいですね♡

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

タグ:      

カテゴリ:家事 

管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ