低い声のあなた!カラオケで洋楽を歌ってみよう!女性おすすめ曲10選【動画付】

声が低いと、コンプレックスをお持ちですか?いえいえ~低い声とは大人の声です!

 

 

女性であればセクシー、男性の場合はシブい。そんな声のあなたは、無理して高い声の歌を歌う必要はありません!

 

 

英語の歌には、あなたの低音の魅力を引き出せる、ステキな曲がたくさんありますよ!低い声を武器にして歌える、歌いやすい女性ボーカル曲をさがしてみました!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

低い声の女性だからこそ!魅力的♡な洋楽10選

 

 

 

1.Someone To Watch Over Me♪

 

 

ガートルード・ローレン(1926年)

 

 

ガーシュイン兄弟がミュージカルのために作った曲で、数々の映画でも使われ、スタンダードナンバーとなり、多くの人に歌われて来ました。

 

邦題は「誰かが私を見つめてる」ですが、内容から言えば、「私を見守ってくれる誰かに、早くめぐり会いたいわ」という歌です。

 

ゆっくり落ち着いた声で歌って下さい。参考にするなら、サラ・ボーンかエラ・フィッツジェラルドがおすすめです。

 

 

※「エラ・フィッツジェラルド」バージョン

 

 

 

2.Navy Blue♪

 

 

ダイアン・リネイ(1964年)

 

 

歌い出しの “Blue navy blue, I am blue as I can be♪” は、日本語の歌詞では、「ブルーネイビーブルー 私はネイビーブルー♪」となっています。

 

これを歌った当時のダイアン・リネイはまだ17歳でしたから、文句なしに若くて可愛くて、歌の内容も恋する女の子そのものです。

 

「大好きな彼がネイビー(海軍)に入隊して船で遠くに行ってしまった、だから私の心はとってもブルー、早く帰って来てね!」と、もうそれだけの内容なんです。

 

リズムもあるけれど落ち着いたメロディーで、鼻歌で歌うと気分良いと思いますよ!自分に合うキー(高さ)まで下げて、無理のない声で歌って下さい。

 

 

 

 

 

3.Hush, Hush, Sweet Charlotte♪

 

 

パティ・ペイジ(1964年)

 

 

Hush, Hushは、日本語なら「静かに!しーっ!」という感じ? でもこの歌では、Charlotteを寝かし付けているのだから、泣いているCharlotteを「よしよし」となだめているんでしょ?…と、そんな光景を思い浮かべて聴いていました。

 

ところがビックリ!実は「同名のサスペンス映画のテーマ曲」なんだそうです。邦題では「ふるえて眠れ」(@.@;)! でも、サスペンスの雰囲気は、歌からは感じ取れません。

 

とにかく美しい曲で、一度聞いたら耳に残る、特別なメロディーです。パティ・ペイジの低音が、あたたかく歌を包んでいます。

 

ほとんどの方は、このままのキーで歌えるはずですから、パティの歌を流しながら、いっしょに歌って練習して下さいね。

 

 

 

 

 

4.You’ve Got a Friend♪

 

 

キャロル・キング(1971年)

 

 

邦題「君の友達」。この曲はもう文句なく、歴史に残る曲です。タペストリー(つづれ織り)というタイトルのアルバムに収録されている曲で、このアルバムは15週連続全米1位という、快挙を成し遂げました。

 

キャロル・キングのソロアルバムではありますが、いろいろな人がレコーディングして、それが又ヒットチャートに登場するくらい、宝の山と言えるアルバム。その中の一曲がこの曲です。

 

「何をやってもうまく行かなくて落ち込んだ時、目を閉じて僕の名前をよんでごらん。どんな時でもすぐに駆けつけるよ!君には友達がいるんだよ!」という、優しい歌です。

 

英語を細かく訳す必要なんてありません。聴いてみて下さい。ハートにジーンと来るはずです。是非あなたのレパートリーに加えて下さいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

5.It’s Too Late♪

 

 

キャロル・キング(1971年)

 

 

もう一曲、キャロル・キングのアルバム「タペストリー」からご紹介します。キャロルは歌が上手いわけではないけれど、伝える力は誰にも負けません。

 

そして、キーは低めなので、このアルバムの全曲をお勧めしたいくらいです。

 

この曲は「もう遅すぎるの、もう手遅れ、二人でやり直すのは無理」という内容なのですが、メロディーと歌詞がピタッとはまっていて歌いやすく、ついつい楽しそうに歌っちゃいそうな曲です。サラリと歌えたら素敵ですよ!

 

 

 

 

 

6.Time After Time♪

 

 

シンディ・ローパー(1983年)

 

 

この曲も全米1位を獲得した曲。奇抜な髪、ド派手なドレスのシンディは、歌唱力バツグンです!

 

「あなたが倒れそうになった時は、いつでも私が支えてあげる」と、歌の内容は派手ではありません。

 

心をこめてたたみかけるように歌います。サビだけが少し盛り上がりますが、あとは淡々と。でもなぜか涙がこぼれそうになるくらい、こころに響く歌です。

 

 

 

 

 

7.Johnny Guitar♪

 

 

ペギー・リー(1954年)

 

 

映画『大砂塵』のテーマ曲です。「ジャニー・ギター」は、この映画の主人公の流れ者の名前。「私のためにギターを弾いてよ♪」というフレーズがあるので、ギターの上手いジャニーという意味もあるのでしょうか?

 

音域が狭い=高い音も低い音もないので、声を出すには苦労しませんが、そこに情熱をこめないといけないところが、この歌をモノにするには、ちょっと難しい点かもしれません。

 

 

 

 

 

8.Vaya Con Dias♪

 

 

レス・ポール&メアリー・フォード(1953年)

 

 

「バイヤ・コンディアス」は、スペイン語で「さよなら、またね!」と言う意味。明るい響きの歌です。日本では、江利チエミさんがカバーしました。

 

大声を張り上げて歌う歌ではありませんから、誰でも歌えちゃいます。ゆ~ったり波に乗っているような感じで歌って下さい。

 

歌は英語で、「バイヤ・コンディアス♪」のところだけスペイン語です。難しくありません、大丈夫!

 

 

※歌詞なし

 

 

 

9.Summer Time♪

 

 

ビリー・ホリディ(1936年)

 

 

ガーシュイン作曲の名曲ですが、これはなかなか難しい曲です。キーはどれだけ下げてもOK! 自分が出るギリギリまで低い音で歌ってもいい曲です。

 

歌の内容は、子守がベイビーを寝かしつけて、「夏が来れば物事みんな良くなるよ、あんたのお父さんは金持ちだし、母さんはきれいだしねー♪」と。子守歌とは言えませんが、全体の雰囲気はジャズの香りがして、やっぱり素敵!

 

ものすごくスロウなテンポで歌わないと、良さが出ません。挑戦してみ下さい。もう数え切れないくらいのシンガーがカバーしています。プロ好みの曲ですね。

 

 

※「ノラ・ジョーンズ」バージョン

 

※スローな「エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング」バージョン

 

 

 

10.Mack The Knife♪

 

 

ボビー・ダーリン(1959年)

 

 

ボビー・ダーリンは男性歌手です。歌詞の中のマックは、ナイフ使いの名手で悪い奴、そのマックが街に戻って来たらしいよ、という歌。実はいろいろな歌詞があり、それぞれにストーリーがあります。

 

アップテンポですが、メロディーは単調で難しくありません。日本では、弘田三枝子さんが英語で、尾藤イサオさんが日本語訳でカバー。高い声は必要のない歌ですので、女性にも男性にもおススメの一曲です!

 

 

 

 

 

 

~いかがでしょうか?

 

 

洋楽は、メロディがステキな歌が多いですよね♡

 

 

同じ歌でもいろいろな歌い方がありますから、好きな曲であなたの歌い方を見つけて「これは私の曲!」と思えるくらい歌いこんでみて下さい。

 

 

ではでは、楽しいカラオケタイムを~☆グッドラック!(^▽^)/

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ