カラオケで60代70代の方とご一緒ならこの歌!ウケる男性曲・女性曲20選【動画付】

年上の方、それも自分の親と同じくらいの年代の方々と一緒に、カラオケに行くことになった!でも、世代のギャップがあって、どんな曲を選べばいいか分からない…。

 

 

クリスマス、忘年会シーズンを前に、そんなあなたの為に「60~70代の方にウケる男性曲・女性曲10選」選んでみました!お力になれると嬉しいです☆

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

60代70代の男性感激!「その歌を知ってるのか?」と喜ばれる名曲10選

 

 

 

1.銭形平次♪

 

 

舟木一夫(1966年)

 

60~80年代にかけて放送された、大川橋蔵主演時代劇で慣れ親しんだ方も多いことでしょう。男だったら、ひとつにかける~♪」とノリのいいテンポに合わせ、コブシをきかせ歌いましょう!

 

 

 

 

 

2.お嫁においで♪

 

 

加山雄三(1966年)

 

御存知、“若大将” 加山雄三さんの名曲です!ゆったりとしたテンポのハワイアンのサウンドに合わせ「僕のお嫁においで~♪」と、のんびりした気分になりませんか⁉

 

 

 

 

 

3.戦争を知らない子供たち♪

 

 

杉田二郎(1970年)/ジローズ(1971年)

 

フォーク世代でこの曲を知らない方はいないはず!締めにこの曲を選んで「戦争を知らない子供たち~さ♪」と皆さんで歌えば、きっとその場が和むはずです!

 

 

 

 

 

4.ふれあい♪

 

 

中村雅俊(1974年)

 

中村雅俊さんの初主演ドラマの主題歌で、デビュー曲でもあり大ヒットしました。「悲しみに出会うたび~あの人を思い出す♪」と切なくも慰められるような歌詞が良いですね!

 

 

 

 

 

5.勝手にしやがれ♪

 

 

沢田研二(1977年)

 

「壁際に寝返り打って~♪」と “ジュリー” こと沢田研二さんが、帽子を斜めに被って、歌っていたのを覚えていらっしゃるでしょうか?ちょっとキザな気分(笑)で歌ってみてはいかがですか^^

 

 

※歌詞字幕なし(歌は2曲目4:50~)

 

 

 

6.ガンダーラ♪

 

 

ゴダイゴ(1978年)

 

ゴダイゴの名曲中の名曲で、ドラマ「西遊記」の主題歌にもなりました。「ガンダ~ラ、ガンダ~ラ、愛の国ガンダ~ラ♪」と、伸びやか~に歌うのがコツですね!

 

 

※引用不可の動画ばかりで仕方なく他人の声です…

 

 

 

7.ヤングマン♪

 

 

西城秀樹(1979年)

 

「素晴らしいY・M・C・A!~憂鬱など吹き飛ばして君も元気出せよ♪」と、あの有名なポーズをやりつつ、弾けるように歌って元気になっちゃいましょう!

 

 

 

 

 

8.ダンシングオールナイト♪

 

 

もんた&ブラザーズ(1980年)

 

もんたよしのりさんのハスキーボイスにしびれました!彼のように「ダンシングオールナイト!言葉にすれば…♪」と思い切りシャウトしてみましょう!

 

 

 

 

 

9.ルビーの指輪♪

 

 

寺尾聰(1981年)

 

ちょうどこの頃「西部警察」にも出演して人気者だった、寺尾聰さん。彼のダンディな雰囲気を思い出しつつ、都会の魅力が溢れる歌の世界を堪能しましょう!

 

 

 

 

 

10.泣かないで♪

 

 

舘ひろし(1984年)

 

「あぶない刑事」等でお馴染みの舘ひろしさんの代表曲で、「泣かないで~泣かないで♪」と、ややドスの入った低い声で渋く歌ってみませんか!?

 

 

※歌詞字幕なし

スポンサーリンク

 

 

カラオケで60代70代の方にウケる!名曲・人気曲男女20選【第2弾】はこちら☆
カラオケで60代70代の方と男女デュエット!懐かしいヒット曲27選はこちら☆
カラオケで70代80代の方と盛り上がる!「男性曲」31選はこちら☆

 

 

 

60代70代の女性曲といったらこの歌!皆が口づさんだ人気曲10選

 

 

 

1.ブルー・ライト・ヨコハマ♪

 

 

いしだあゆみ(1968年)

 

「街の明かりがとてもきれいね ヨコハマ~♪」という歌い出しが実にシンプル、かつ聴いている者を惹きつけ、あたかも語り掛けているような感じですね。

 

 

 

 

 

2.夜明けのスキャット♪

 

 

由紀さおり(1969年)

 

「ル~ルルル~♪」と、透き通るような声が魅力だった由紀さおりさん。高音の調節など、簡単そうで結構むずかしい曲ですが、挑戦する価値ありです!

 

 

 

 

 

3.どうにもとまらない♪

 

 

山本リンダ(1972年)

 

サンバ風の音楽とともに「うわさを信じちゃいけないよ♪」と歌った山本リンダさんのように、力強く、腹から声を出して歌い切りましょう!

 

男性が歌っても面白そうですね^^ 他のリンダの歌は『狙いうち』もいいな~

 

 

※「どうにもとまらない」~2:45

※「狙いうち」2:46~

 

 

 

4.グッド・バイ・マイ・ラブ♪

 

 

アン・ルイス(1974年)

 

80年代以降はロックが中心のアン・ルイスさんでしたが、バラード曲も心に響きます。途中、英語の台詞がありますが、むずかしくないので、諦めず是非にチャレンジしてみては⁉

 

 

※歌詞字幕なし

 

 

 

5.横須賀ストーリー♪

 

 

山口百恵(1976年)

 

「これっきり これっきり もう これっきりですか♪」という、特徴的な歌詞で始まりますが、それを更に、聞く側の印象に残るように、声を響かせて歌ってみましょう!

 

 

 

 

 

6.ウォンテッド (指名手配)♪

 

 

ピンク・レディー(1977年)

 

オープニング、ミーとケイが、互いのマイクを向けて歌う場面が印象的でした。皆さんで、あのサビの部分を叫んで盛り上がってみましょう「ウ~ォンテッド!」

 

 

 

 

 

7.微笑がえし♪

 

 

キャンディーズ(1978年)

 

キャンディーズのラストシングルで、彼女たちのヒット曲にまつわる言葉が散りばめられています。「お別れなんですね♪」がちょっぴり切なかったですが、とても明るいサウンドとノリが良いですね!

 

 

 

 

 

8.魅せられて♪

 

 

ジュディ・オング(1979年)

 

ジュディ・オングさんが、ヒラヒラの白のレースをなびかせながら歌っていましたね。「Wind is bloing from the Aegean (エーゲ海) 女は海~♪」と、妖艶な気分にひたって歌ってみるのもグー☆

 

 

 

 

 

9.聖母たちのララバイ♪

 

 

岩崎宏美(1981年)

 

「火曜サスペンス劇場」と言えばこの曲!でしょう。「さあ眠りなさい…♪」と歌い出すと、何だかドラマのエンドロールが頭の中で思い浮かびます⁉

 

 

 

 

 

10.人生いろいろ♪

 

 

島倉千代子(1987年)

 

島倉千代子さんと言えば、この曲がピン!と浮かばれる多いのではないでしょうか?皆さんとご一緒に「人生いろいろ♪」「いろいろ♪」と、合いの手を促しながら歌ってみましょう!

 

 

 

 

カラオケで60代70代の方にウケる!名曲・人気曲男女20選【第2弾】はこちら☆
カラオケで60代70代の方と男女デュエット!懐かしいヒット曲27選はこちら☆
カラオケで70代80代の方と盛り上がる!「女性曲」25選はこちら☆

 

 

 

~いかがですか? ひょっとしたら、聞いたことのある曲もあったはずです。

 

 

60~70代の方のお相手といっても、ねらい目は演歌ばかりじゃありません。

 

 

その方々の心に残る青春時代の名曲たち、独特の雰囲気をもった、ステキな曲が多いですよね!

 

 

クリスマス、忘年会シーズン、カラオケ会に向け今から準備して、是非々々奮闘してみてください!

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ