カラオケで英語の歌に挑戦!上手く聞こえる曲10選【動画付】&コツもお教えします!

カラオケで、英語の歌を歌おうと思っているあなた!洋楽でも、むずかしく考える必要はありません!

 

 

この歌イイなと思ったら、まずメロディーを覚えてから、次はリズムとノリを意識して、最後に歌詞も言えるといいなぁ~という程度で充分なんです。

 

 

そこで「ピアノ講師」である私が、英語でも上手に聞こえ、歌いやすい名曲を、10曲厳選!ちょっとしたコツもお話しします。ぜひ参考にして下さいね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

選曲はバッチリ!英語っぽく上手く聞こえる歌 厳選10曲!

 

 

 

1.Love Me Tender♪

 

 

エルビス・プレスリー(1956年)

 

プレスリーと言えば、まずはこの歌です。水曜ドラマ「高嶺の花」のテーマ曲に使われています。この歌が歌えれば、世界中どこに行っても、大威張りで自信を持って、カラオケに参加できますよ!

 

むずかしい曲ではないのでご安心を!メロディーは1回聞けば覚えられるかも。3回聞けば絶対に覚えられます。それほど単純で、分かりやすく、短い曲。英語もやさしいです。

 

ただ、“何番まであるの?” というくらい続くので、途中でカラオケを止めた方がよいかも^^;

 

 

 

 

 

2.Love Is A Many Splendored Thing♪

 

 

マット・モンロー(1955年)

 

邦名「慕情」で、同名の映画のテーマ曲です。世界中の女性の涙をさそったというこの映画も大したものですが、曲の方もビッグヒットとなりました。

 

映画音楽史上の名作と言われ、多くのシンガーがカバー。ナット・キングコール、フランク・シナトラ、アンディ・ウィリアムス、フォー・エイセス、レターメンなど、挙げていたら際限なくあります。

 

 

 

 

 

3.Beyond The Reef♪

 

 

ビング・クロスビー(1950年)

 

スティールギターの美しい音色が、ハワイアン独特の世界を作りあげています。

 

去ってしまった恋人を思う歌ですが、哀愁よりも明るさを感じるのは、メロディーのスケールの大きさ・広がりでしょうか? 

 

フラダンスにもよく使われ、ウクレレやギターでも演奏されています。この曲も、カバーしているシンガーはたくさんいます。アンディ・ウィリアムス。エルビス・プレスリー、なんとベンチャーズまで!

 

邦題は「珊瑚礁の彼方」。映画・ドラマ・CMに 数え切れないほど使われてきましたし、現在でもよく流れています。

 

 

※「Andy Williams」バージョン

 

 

 

4.Love Letters In The Sand♪

 

 

パット・ブーン(1957年)

 

最初に世に出たのは 1931年なのだそうです。爆発的に売れたのは、パット・ブーンが歌った時です。

 

砂浜で砂に「Love」って書いてみた…こんなシチュエーションは、100年前も今も必ずありますから、古くさいなんて感じません。

 

日本での題名は「砂に書いたラブレター」。細かいことを言えば、砂の中にラブレターがいくつもあるのではなくて、このlettersは、文字を指しているのだと思いますが、まぁあまりこだわらないで行きましょう。短くて覚えやすいメロディーです。

 

 

 

 

 

5.I Just Called To Say I Love You ♪

 

 

スティービー・ワンダー(1984年)

 

キリンの缶コーヒーのCMでも使われました。洋楽に興味にない人でも、メロディーを聞けばなんとなく、思い出すのではないでしょうか?

 

テンポはゆっくり、言葉の数も多くはない、単語の読み方さえチェックして、心配なところはカタカナをふっておけば歌えます!必ず歌えます!

 

ウットリするような、きれいな曲ですね。「I Just Called~♪」と、気持ちよくどうぞ!

 

 

 

 

 

6.Only You♪

 

 

ザ・プラターズ(1955年)

 

プラターズのために書き下ろされた1曲です。シングルで発売され、ミリオンセラーになりました。R&Bの香りが濃厚です。

 

何と言っても「Only You~~~~~~♪」と伸ばすところが素敵ですね。曲の出だしは「Only You~♪」と上がって、曲の最後は「Only You~♪」と下がります。

 

真ん中あたりでは、ちょっと違って「OhOh -  Only You~♪」という変化球もあり、裏声も使えます。プラターズのように高い声でなく、低音で渋く歌っても

 

 

 

 

 

7.The Shadow Of Your Smile♪

 

 

トニー・ベネット(1965年)

スポンサーリンク

 

超有名なアメリカ映画(邦題「いそしぎ」)のテーマ曲として作られ、数々の賞を受賞した曲です。後に歌詞がつけられて、この歌となりました。

 

「いそしぎ」とは何か?知らないで歌っている人が多くてびっくりします。シギという鳥の種類です。歌の中に「いそしぎ=Sandpiper」出てきますが、別に鳥を歌った歌ではなく、ラブソングですよ。

 

フランク・シナトラ アンディ・ウィリアムス・など多くのシンガーがカバーしています。王道中の王道ですね、この曲は。

 

 

 

 

 

8.Raindrops Keep Falling On My Head♪

 

 

B.J.トーマス(1969年)

 

映画「明日に向かって撃て」の挿入歌で、バート・バカラックの作曲。邦題は「雨にぬれても」です。

 

大ヒット曲となり、数え切れないほどのシンガーがカバーしています。明るいリズムで、雨の憂鬱さなど、みじんもありませんね!

 

 

 

 

 

9.His Hand In Mine♪  

 

 

エルビス・プレスリー(1960年)

 

とても覚えやすいメロディと歌詞で、誰にでも歌いやすいおすすめ曲ですが、一般にはあまり知られていないよう。でも、カラオケにはあったと思います。

 

とにかく簡単に歌えて、ちょっとマニアックなエルビスファンなら、みんな知っている歌です。

 

 

 

 

 

10.Congratulations♪ 

 

 

クリフ・リチャード(1968年)

 

クリフの国、イギリスではヒットチャート1位に輝きました。明るいメロディ、明るい歌詞、ノリの良いテンポ!思わず立ち上がって手を叩きたくなり、肩をゆすりたくなります。

 

ダンス音楽ではありませんが、聞く人がみんな楽しくなる、おススメの曲です。

 

イギリス英語なのでカタカナっぽく、日本人にとっては、聞き取りやすい点も まずは聴いてみて下さい!

 

 

 

 

 

カラオケで英語の歌が上手に聞こえるコツはここにあり!

 

 

 

 

まず最初に「上手に聞こえる」とはどういうことでしょう?~頭の中で描いてみて下さい!

 

 

誰かがマイクを持って、英語の歌を歌ったとします。あなたの知らない曲かも知れません、どこかで聞いた覚えのある曲かも知れません。

 

 

そういう時に、“オッ!なかなかヤルじゃん!” とか、“いつの間にこんな曲を練習したんだ?” とか、そんなふうに、ちょっとビックリする。はっきり言って、そんな程度のことでいいと思うんです。

 

 

技術的に上手な必要はないんですよね。まずは、意外性を狙っていきましょう!

 

 

私のおススメとしては、普通、初めに練習するのは、難易度の低そうな曲から!と言うのが普通ですが、そうではなくて “これイイな、歌えるとうれしいな!” と、思った曲から始めることです。

 

 

なぜって「歌いたい!」という気持ちが、一番の推進力になるから!! できないところは歌わずに、出来る所だけ大威張りで歌うのもアリだと思いますよ^^

 

 

「サビ」のところは歌いたいでしょう?それでOK! その部分から練習してみましょう。Are You Ready?

 

 

まずは、メロディーだけを鼻歌で歌えるようにします。全体でなく一部分でも。

 

 

そして慣れたら、ちょっとずつ歌詞を付けていきます。最終目標は、英語を自然にはめること、メローディーに乗せることです。

 

 

日本語と違って、英語はリズムをつけやすい言語ですよね。歌詞を、English→カタカナに直すのは、問題ありませんが、読むときに棒読みではなくリズムをつけて下さい。

 

 

その歌のメロディーに、その単語なりフレーズなりが入りやすいように。たとえば「Love」という語なら、「ラブ」と普通に言うか「ラ~ブ」と伸ばして言うか?

 

 

むずかしく考える必要はありません。ここは早く言わないと間に合わないな?とか、ここは十分時間があるから「ラ~~~ブ」と伸ばして大丈夫!と、そんな程度でOK!

 

要は、聞いている人に、違和感がなければ、それでもうOKなんです。

 

 

英語の発音は、気にしすぎないでください!そんなところにこだわると、のびのびと歌えなくなります。

 

 

「この単語の発音、違ってたよ!」なーんて言われても、へこまないで、「あっそうだった?ヘヘヘ(^^)」と、笑い飛ばすくらいの余裕を持ちましょう!

 

 

カタカナを丸暗記したはよいけれど、悲しい歌なのか、ハッピイな歌なのか、意味もわからずに、平気で歌っている人もいます^^;

 

 

何かのオーディションでもあるもまいし、みんなで楽しむカラオケなんですから、それでも全然ご愛敬っ☆てわけです!

 

 

「英語の歌を歌ってます!」と必死すぎると、聞いている方は、つらいです。冗談も飛ばせないですよ~

 

 

肩の力を抜いて、自分の “好きっ!” “楽しいっ!” ていう気持ちを前面に出して、歌いましょう!それが、カラオケで英語の歌を歌うときのコツです!

 

 

そして、そんな姿が、みんなに “おっ!” っていうインパクトを与えるんですよ^^b

 

 

 

 

~どうですか?イイ曲、見つかりそうですか?

 

 

1曲モノにしたら、きっと2曲目が欲しくなると思いますよ。頑張りすぎないで、テキトーに楽しくやってみましょう^^

 

 

カラオケの日に、完成品を披露できなくたって良いのです。どんどん歌ってみようー♫

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ