SOS!子育てが辛い!そんな時思い切って相談してよかった体験談!

わが子が2歳のころ。怒ったり、自分の思い通りにいかないと髪の毛抜く…。“こんなの本当にあるんだ…”と、当時の私は 「???」 ばかり。

 

 

その他にも、すでに2歳のわが子の子育てに苦しみ、辛くてつらくて…。“なんでうちの子は?”と、一人で悩む日々でした。

 

 

もしかしてあなたも子育てが辛くて、誰かに聞いてもらいたい、相談したいっていう時ありませんか?

 

 

私はその時とうとう人に相談することに決めて、一歩前に進むことができたので、少しでも私の体験がお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

 

なんでそんなことするの!

 

 

また髪の毛ひっぱってる! あ、また髪の毛抜けた! ワガママなのかな…と、当時の私、髪の毛をひっぱる子供の手を何度とめたことでしょう。

 

 

また、ほしい物を買ってもらえないからと、店の中で床に仰向けに寝転んで、ジタバタと抵抗する…。

 

 

「ちょっとぉ 周りの人が見てるんだけど。本当にやめて!!」って、寝転ぶわが子を抱えて車に戻ることも、何度あったことか…。

 

 

“私の育て方が悪かったのか・・・”と、何度も何度も、自分をものすごく責めました。

 

 

髪の毛をひっぱったり、床に寝転んだりしなければ、普通に元気で活発な子って感じなんですよ。

 

 

私は仕事をしていたので、当時保育園に預けていて。でも保育園では、特に何もそういった行動も見られないようなので、やっぱり私が悪いのかと、自問自答していました。

 

 

 

 

 

 

ますますエスカレート?

 

 

年長さんになると、私も少しは対処できるようになりましたが、今度は時々、ムキーって自分の手を爪を立ててつねったり。

 

 

保育園でも自由奔放に動き、リーダーシップをとるわが子の姿を見て “なんかちょっと自由すぎない?” とは思っていました。

 

 

そんなある日、当時私がしていた「子育て支援」の仕事の関係で、ちょうど小児科の医師への相談会が、予約制で毎月行われていることを知ったんです。

 

 

その時にはじめて「発達障害」っていう言葉も知って、子育て支援の1つとして、講習会に参加するようになったんですが…。

 

 

講習会で発達障害の子の特徴を聞いてると、どうにもうちの子に当てはまりすぎて、苦笑しか出て来ません。

 

 

“これってもしかして?” って思い、職場づたいに小児科の先生への相談会に申し込むことにしたんです。

 

 

もし相談して、発達障害じゃなければなかったでそれで良い。もし発達障害なら、その時どうすればいいか考えよう!

スポンサーリンク

 

 

とにかく自分の中のモヤモヤを消したかったんです。それと同時に、私の育て方が悪かったのかどうかも聞きたかったんですよね。今になって思えば…。

 

 

 

 

行ってきました小児科相談会!

 

 

予約された時間に相談に行くと、子供が遊ぶスペースに保育士さん。そして脇のテーブルと椅子のところに、小児科の医師がいました。

 

 

子供はおもちゃに気をとられています。保育士さんが「私が見てますから、お母さんはゆっくり医師と話してくださいね。」と言ってくださり、医師にちゃんと相談することができました。

 

 

そして、話を聞いてもらった医師から言われた言葉。

 

 

「話をしている間、実は子供さんも見ていました。あなたの子供さんは発達障害に当てはまると思います。」

 

「でも、あなたの子供さんは先天性のようなので、決してお母さんの育て方が悪かったわけじゃありませんよ。だからお母さん、自分を責めないでくださいね。」

 

 

・・・思わず涙がこぼれました。

 

 

なんだか救われたんですよね。ずっと自分を責めていたから、肩の力が抜けたような感じだったんです。

 

 

その時にまず、これから治療が必要かどうか、定期的に診察をしなくてはいけないといわれたので、月に一度医者に行き、この子にはどういう対処が良いかなども教えてもらいました。

 

 

怒るときは、決して感情的にならずに冷静に。言葉は短くわかりやすく。言葉でわからないときは、絵で表して見せると目からの情報の方がわかりやすいから、そのように対処するように・・・等々。

 

 

当時の私のバックには、常時ペンとメモ帳が入っていましたよ(^^)いつでも絵を描けるようにね。

 

 

 

 

小児科の先生に相談してみて

 

 

 

 

あれから月日もたち、今、我が子は中学生。髪の毛をひっぱったり、床に寝転んだりすることはもちろんもうありません。

 

 

でも実は今も、定期的に医者に通院しています。見た目もほかの子供と変わりがないので、学校の先生以外には、発達障害であることは伝えていません。

 

 

今思うと、あのとき思いきって相談に行かなければ、私はもっと自分を責めていただろうと思います。そして結局、子供への対処法も何も分からないまま、ただ辛く、怒ってばかりで、何も変わらなかったと思うんですよね。

 

 

私は幸いにも、職場の人に愚痴半分、相談半分で話が出来たことで、たまたま「相談会」という情報を得ることができました。

 

 

探してみればきっとあなたの周りにも、信頼して相談できる相手、相談できる場所があると思うのです。

 

 

ぜひ 思いきって相談してみてください!少しでも早く。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ