なんで離乳食食べないの?不安で仕方ない…どうしたらいい?私の体験談!

赤ちゃんが成長する上で、離乳食は避けて通れない道ですよね。わが家にも1歳になった娘がいます。もちろん離乳食食べてますよ(^^)

 

 

でも、ちゃんと何でも食べるかというと、食べないものもあります。最初食べなかった時は “なんで食べないの?” “私の作り方が悪かった?” “どうやったら食べてくれるの?”…って、不安でしかありませんでした。

 

 

きっとあなたも同じように、離乳食を食べてくれないお子さんに、不安を抱えているのではないでしょうか。私の体験談をお話ししますね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

なぜ食べない物があるのか分からない!

 

 


可愛い可愛い私の赤ちゃん。今日から離乳食をスタートしましょう~

 

 

最初はまず一口。

 

 

あれ? 吐き出してる気がする…

 

 

顔も嫌な表情してるし。

 

 

まっ、はじめて口にする味のものであれば、変な顔をしたり、吐き出してみたり、嫌がるのは一応、想定内ではあるかな。

 

 

今まで母乳や哺乳瓶でミルクを飲んでいたんだから、そもそもスプーンだとか、経験したことのないものが口に入れば、そりゃあ嫌だよね。

 

 

 

・・・と、こんな感じでスタートした離乳食生活。

 

 

そして、スプーンになれてくると、少しずつ離乳食も進んで、じょじょに固形のものになっていき、子供の成長が感じられます♡

 

 

でも “こんな歳でも好き嫌いなんてあるの?” って驚くほど…いくらあげてもあげても食べてくれない物があると、やっぱり不安…。

 

 

わが家の娘は、食感が嫌なのか、味が嫌なの、なぜか「カボチャ拒否」なんですよ。

 

 

カボチャって、けっこう離乳食で使える食材なのに…食べないって(涙)

 

 

試しに、月齢的に「かぼちゃクッキー」なるものが大丈夫なようだったので、食べさせてみると…

 

 

 

食べた!

 

 

 

むしろ、もっと欲しがるほど。

 

 

“じゃ、やっぱ私の調理法がいけなかったのか…?”

 

 

う~ん、悩めるところです^^;そんなんばっか。

 

 

 

 

だんだん食べないものがハッキリと

 

 

離乳食も中期になってきて、大分いろんなものを食べるように!

 

 

“よしよし、順調!”と思いきや・・・

 

 

今度は突然、今まで食べていたものを食べないようになってしまいました。

 

 

たとえば、豆腐とか、果汁のゼリー、りんごジュース、オレンジジュース。

 

 

えーー子供って果物のジュースとかゼリー好きなんじゃないの⁈

 

 

 

娘のお気に入りは、飲み物はお茶、そして食べ物はイモ類に、米!

 

 

白米があればそれだけでいい!みたいな…^^;

 

 

おにぎりが大好物で、野菜を食べてほしい 私には悩みの種がまた一つ増えました。

 

 

そして最近ブームなのが、大根と味噌汁。今日もがっつりたいらげたし。

 

 

まぁ食べてくれるのはありがたいけれど、人参も食べて欲しい…親心。

 

 

まだ子供には届きません。どうやったら食べるか、日々試行錯誤です…。

スポンサーリンク

 

 

 

 

ある日全然食べなくなって点滴!

 

 

 

 

さらに日が経った、ある日のこと。

 

 

ちょっと具合がよくない娘に、いつものように離乳食を食べさせようとしたところ、口は開けるのに全部吐き出し、最後には食べないと大泣き…。

 

 

 

一体どうしたー!?

 

 

 

本当に突然の出来事で。ストローで飲ませていたお茶さえ飲まなくなってしまったんです。

 

 

ひとまずミルクで様子をみたんですが、その日から一週間、咳やら熱やらでいっさい食べない、飲まない状態に…。

 

 

 

さすがに医者に行き、毎日点滴 でした。

 

 

どうなってしまうのか、不安で仕方ありません。

 

 

で、以前なら少々具合が悪くても食べていたのに、なぜ今回は飲まず食わずなのか?と考えていると・・・実は、思い当たることがあったんですよ!!

 

 

 

それは、薬の飲ませ方。

 

 

ゼリーに混ぜて、スプーンであげていたんです。粉薬をね!

 

 

水薬はストローで飲ませたし。

 

 

今回、最初は粉薬もふつうに飲んだんですが、それが一日でダメだったので、スプーンを使って口に入れてたんです…。

 

 

 

 

食べない理由を考えてみる必要も

 

 

きっと、薬の混ざったゼリーの味が変だったんでしょうね。

 

 

で、子供はその瞬間から「スプーンは薬を飲むもの」と思ってしまって。

 

 

それで、スプーンで口に運ばれる離乳食は、全面拒否だったんじゃ!?

 

 

そこで、そのころ離乳食はもう固形物だったので、スプーンでなく、箸で食べさせてみると…

 

 

 

食べました!

 

 

おにぎりも、手に持たせてみると食べた!

 

 

飲み物はストローじゃなくて、コップで飲ませてみると飲んだー!

 

 

…もちろん、薬は別の方法で飲ませることにしました^^;

 

 

 

子供って、まだ小さいからわからないだろうと思っても、ちょっとしたこともちゃんとわかって、拒否することを覚えるんだなぁ…と思った出来事でした。

 

 

薬も飲み終わり、元気になると今度はせきをきったかのように、バクバク食べるようなって、ホッ。

 

 

きっと、もう薬は飲ませられないって、わかったんでしょうね。

 

 

 

 

離乳食を食べないと、たしかに不安だし、悩みますよね。

 

 

でも、こんな体験から私が学んだことは、食べないのにもちゃんと 子供なりの理由 があるっていうこと。

 

 

それを知った上で “なら、どうしたら食べさせることができるかな?” って考えることも、大切なんじゃないかと、思うようになったんです。

 

 

食べさせてあげるだけでなく、子供が自分で食べるようにしてみたら、急に食べるようになった!とかもありますよね。

 

 

それは食べ物の味の問題じゃなくて、子供が、食事が楽しい♪と思えるようになったことで解決された話ですけど。

 

 

ほんとに、ちょっとした工夫で食べるようになったりしますからね!

 

 

赤ちゃんが離乳食を “なんで食べないのかな?” “こうしたら食べるかな?”なんて、あなたもどうぞ、あれこれ試行錯誤してみてくださいね。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ