専業主婦から在宅ライターへ!子育て中この仕事を選択した私の体験談!

子育てしながら、仕事を在宅でしてみようかと考えているあなた!もしかして、2通りあるのではないでしょうか?

 

 

1つ目は、今まで外で働いてきたけど、仕事と家事、育児の両立が何らかの理由でキビしくなったので、在宅に切り替える。

 

 

もう1つは、専業主婦がいきなり外に出て働きに出るにはハードルが高いので、在宅から始めてみようという人。

 

 

私の場合は後者です。「専業主婦から在宅ワーカーへ」と考えてるあなたに、私が在宅の仕事を始めたきっかけと、そのことで生活が変った体験談をお届けしますね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

女性も仕事で活躍する時代!と意識転換されて

 

 

私は、団塊ジュニアの最後の世代です。専業主婦の母を見て育ち、自分もそうなるものと思ってたんですよね。職業意識があまりなかった…。

 

 

ところがその後、バブルは崩壊。大学卒業の頃には、学内の就職説明会でも「女子も営業などでバリバリ働く時代です!積極的に就職活動を進めましょう!」なんて。

 

 

だけど…そんな発想を持ち合わせてない私たちのほとんどは、事務職を希望してました。私もその一人でしたが、時代は就職氷河期…。

 

 

面接に落ち続け結局、中小企業の事務職になんとか落ち着いたんですが…まあ、そこは私には地獄。事務職なんぞ名ばかりで、営業の仕事の一部を振り分けられ、毎日胃痛と戦いながらの日々…。何とか7年耐えました。

 

 

でも今思い返すと、その日々のおかげで、仕事をしてお金をもらうのは簡単じゃないってことや、ストレスとうまく付き合う方法、何よりも、それまでぼん~やりと過ごしてた私にとって、時間は限りあるもので、優先順位を決めて、きちんと管理しなくちゃいけない!…等々、学べたんだなぁって思ってます。

 

 

これって実は、子育てにも通じてますよね^^b

 

 

 

 

結婚後 再就職の時期を逃した私

 

 

その後私は、念願叶い寿退社し、専業主婦になりました。友人たちも、結婚すると続々と専業主婦を選択したんです。そういう時代だったんですよね。

 

 

でもそんな友人たちも、子供が小学校に上がると、1人2人と再び働きに出始めました。

 

 

私はというと…6才違いで第二子を授かり、ちょうど上の子が小学校に上がる時期に、新生児の子育て真っ盛りで、外に出て仕事をするなんて、とんでもない状態だったんです。

 

 

 

 

小学生の子供を見て決心したこと

 

 

 

 

でもそのおかげで、小学生(上の子)をじっくり見ることができました。低学年までは、宿題や忘れ物がないか、いっしょに確認するママも多いですよね。

 

 

だけど実際には、その後の「中学年」がとても重要なんだってことが、よく分かったんです!

スポンサーリンク

 

 

科目数も増え、内容も一気に難しくなって、量も増えるし。この時期に学校が、算数の放課後学習会なんてやっているのもうなづけます。つまずくと高学年、中学、高校とどんどん分からなくなっていき、授業についていけなくなくなってしまう…。

 

 

“ここが肝心!!”

 

 

私も上の子を見ていて、そう肌で感じ取り、徹底的に分からないところはやり直しをさせました。勉強なんてできなくて良い?できた方が良いですよね😊

 

 

だから私は「下の子も小学生の間は家にいてしっかり見守りたい」と、考えるに至ったんです!

 

 

 

 

在宅ワークはメリットばかり!

 

 

少なくともこれから数年間は、仕事に出ないと決心した私。ただ…昼間に掃除、洗濯をしても時間をもて余してしまい、ダラダラとした生活に嫌気が差し始めてたんですよね。

 

 

そこで「在宅ワークだ!」と思ったんです!

 

 

“自分の空いてる時間にお仕事ができるなんて素晴らしい!” と。しかも、それだけではなかったんです。生活が変わりました!

 

 

夫と2人の子供たちを送り出したあと、のんびりネットサーフィンしてた私が、ソッコー掃除、洗濯をするようになったんです。時間の有効活用ですよね!理由は簡単、一刻も早く在宅ワークがしたいから。

 

 

更に、久々のお金がいただけるお仕事に、ワクワクが止まりません。気持ちも上向きになりました!

 

 

あと、お金のありがたみも再認識でき、無駄遣いがなくなったんです。

 

 

何より実は…あのシューカツの時、みんなに笑われ一蹴されると思い、言い出すことすらできなかった「書くことを仕事にする」――その夢が今のネット時代に、ちょっとだけど叶ったことが嬉しくて♡

 

 

 

 

 

 

子育てに奮闘しつつも、仕事を在宅でと考えているあなた!ぜひ、その一歩踏み出してみて下さい!きっと、世界が広がりますよ。

 

 

私はライターの仕事を選びましたが、本当にいろいろなお仕事の求人があります。

 

 

何であっても、ともかく「在宅ワーク」だからこそ、家族(子供)という今一番大切にすべきものを優先させつつ、お仕事ができる! これが一番大きなメリットです。

 

 

“じゃ一生続けるか?” ―― いえ、もしかしたら いずれまた外に働きに出るかもしれないし、専業主婦に戻るかもしれない。…それは分かりませんよね。

 

 

でもね、女って制約が多いように感じるかもしれないけど、女こそ、壁を取り払ってしまえば、職業人にも家庭人にも、自由に行き来できる生き物だと思うんですよ!自分の決心一つでね^^

 

 

是非あなたも在宅でお仕事を始めて、今を、そして人生を積極的に楽しみましょう♪

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ