子供が歯磨き中に暴れて大変!そんなときどう対処する?わが家の体験談!

最近の子供たちは、私たち親世代に比べて、虫歯になる本数が激減してるそうですね。私も実際に子供を2人育てていて、実感しています。

 

 

とはいえ、歯磨きが大切なことは変わりありません!

 

 

「子供が歯磨き中暴れるの~」とお困りのあなた。―― お気持ち分かります。わが家の下の息子は、とても大変だったので!どのように対処したのか、私の体験談を参考にして下さいね^^

スポンサーリンク

 

 

 

 

上の娘の歯磨きは一応順調に

 

 

 

 

まず、娘に関しては、歯磨き中に、あまり手をわずらわされない子だったんです。0才児のころから、

 

 

「はい、お口あ~ん」

 

 

と言って開けさせ、ぬらしたガーゼで、生え始めの歯を拭いてました。

 

 

1才になり、赤ちゃん用の歯ブラシも問題なく受け入れてくれ、まさに「マニュアル通り」の進み方!

 

 

同時に、本人にも安全設計の歯ブラシを持たせ、自分で磨く練習を少しずつ始めさせ、コミュニケーションが取れるようになると、更に進んでいった感じです😊

 

 

ただ…小学校中学年になっても私に

 

 

「仕上げ磨きしてぇ~」

 

 

って、言ってくるんですよね。

 

 

そのお陰か、いまだに1本も虫歯が見付かったことはありませんが。“いつまで仕上げ磨きって続くの?”という感じで。

 

 

かかりつけの歯科の衛生士さんに尋ねてみたところ、「本人が嫌がらないなら、小学校卒業まで仕上げ磨きしてあげて下さいね!」と。

 

 

その言葉に娘はにんまり!~まだまだ手がかかりそうです😣

 

 

さて、“下の息子もこの調子で!” と言いたいところでしたが・・・これがまぁーひどく暴れてくれました>.<

 

 

 

 

息子の歯磨きはまさに格闘!

 

 

息子も、娘の時と同じように、0才児からガーゼで歯をふくことから始めたのですが、いつ指をかまれるかヒヤヒヤもの^^;

 

 

1才になり、歯ブラシに換えるともう大変!

 

 

毎回、歯ブラシをカギッとかむ。当然毛先はすぐに開き、裏には歯形が…😥

 

 

しかもじっとしてられず、足を上げて、口の中をのぞき込む私の顔をけってきたり(@.@;) 次第に私が、

 

 

「歯をみがくよ~」

 

 

って言うだけで、逃げ回るようになってしまったんです😭

 

 

 

1才半検診のとき、衛生士さんに相談したところ、

 

 

「上歯茎の真ん中にあるビロビロ部分を軽く押さえると、子供が口を開けてくれ、磨きやすくなりますよ!」

 

 

と言われて、試してみましたが、効果なーし!

 

 

ただ まだ体も小さかったので、私の足で羽交い締めにして、無理矢理磨くことができたんです。

 

 

ところが・・・だんだん力がついてくると、私一人ではどうしようもなくなり、お姉ちゃんに息子の足を押さえてもらい、2人がかりで磨くようになってました>.<

 

 

 

 

ひょんなことから口を開けさせるヒントが!

 

 

そんな格闘を続けていた頃の、ある休日。パパがいるときでした。

 

 

今日はお姉ちゃんの役目をパパにしてもらおうと思い、頼んだところ、息子の足で “ブルンブルン~” と、バイクのマネをして遊び出したんです😨

 

 

「もう~遊んでないでいいから、ちゃんと押さえててよ!」

スポンサーリンク

 

 

と怒りかけて、はたと息子を見ると・・・

 

 

パパに気を取られ、抵抗なく口を あ~ん と開けてるじゃないですか!!

 

 

なんて、歯が磨きやすい🎶 と、超感動😂

 

 

そのときに「気を紛らす」――これが一番なんだと気付いたんです!

 

 

それまでは、“何とかして歯磨きという行為に慣らさなきゃ!” って一生懸命だったんですが、歯磨きの行為を理解して、向き合える年齢は、子供によって違いますよね。

 

 

息子はもともと、歯ブラシ自体にはに興味を示していたんです。でも、それは歯を磨く道具としてではなく「おもちゃ」として。

 

 

子供用歯ブラシは安全設計になってるとはいえ、口に入れたまま、転んだりでもしたら危険ですよね!

 

 

なので、この時点で、息子に歯ブラシを渡すにはまだ時期尚早と判断して、いったん渡すのを止めました。

 

 

 

 

歯磨きの意味を理解するまではあらゆる手段で!

 

 

子供が歯磨き中に暴れると悩んでいるあなた!――歯磨きの訓練として、一連の流れが、育児書やネットに書かれているでしょう?

 

 

でも、必ずその通りになんて守る必要はないと思うんです。

 

 

歯磨きという行為を理解して、大人の言うことを理解し、コミュニケーションを取れるようになる時期は、その子その子で違います。

 

 

無理に断行すれば、大人も疲れちゃうし、そもそも危険がともないますからね。

 

 

暴れるのなら、全然違うことで気を紛らしてるうちに磨いてしまうのが一番ですよ😌

 

 

おもちゃを持たせる

鏡を見せる

音楽を鳴らす

大好きなテレビを観せる

パパや兄姉、じいじ、ばあばの協力をあおぐ

立ったままでも

 

 

とにかくもう、何でもオッケー👌!!!

 

 

あきらめて磨かない…これだけは、歯に良くないですからね!

 

 

歯磨きさえ嫌がる子が、歯医者さんの前で口を開けるなんて至難の技ですし、まして虫歯の治療なんてとんでもない。

 

 

やはり、毎日1回は、いろいろ手をかえ品をかえ、気を紛らせながら磨いてあげましょう!

 

 

自分で歯を磨く練習は、幼稚園に入ってからでも、充分間に合います。

 

 

みんながやってる!それだけで、マネが大好きな子供は、すんなりするようになりますから。

 

 

もちろん、きちんと磨くことなんて期待はできないので、夜、仕上げ磨きをしてあげれば良いだけです😊

 

 

それと、歯磨きをするのでなくても、「食事やおやつの後に水や麦茶、緑茶など甘くないものを飲ませる」それだけで、かなり効果がありますよ!

 

 

これは、わが家の子供2人ともすんなり受け入れてくれました。

 

 

こまめな歯磨きが出来なければ、「食事&おやつ後のお茶と、夜の仕上げ磨き」これだけで充分虫歯予防になると、私は実感してます!

 

 

…ちなみに、あんなに暴れていた息子も、幼稚園に入ってからは、仕上げ磨きに抵抗しなくなりました。

 

 

成長し、自然と歯磨きの意味を理解して、落ち着いたんですね。あなたの子供さんも、きっと大丈夫ですよ^^

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ