手づかみ食べしやすい離乳食ってどんな物?私のおススメレシピをご紹介!

離乳食が進んできて、“手づかみで食べれる離乳食って、一体どんなの?” って思ってるあなた!

 

 

「自分で食べたい!」と、意欲を持って離乳食に手を出そうとするわが子の姿、うれしいものですよね(^^)

 

 

そんなあなたとお子さんのために、私のオススメレシピを教えちゃいます~!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

まずは手づかみ食の代表!おにぎり

 

 

とにかく簡単にパパッと作れてしまう「一口おにぎり」。

 

 

これは手軽にいろんな味で作れてしまうので、忙しい時も、子供がお腹がすい泣いた時にも、超便利!

 

 

作るときに、ラップの上にスプーンですくったご飯をのせて、一口大に丸めれば、手を汚すこともありません^^

 

 

でもでも~毎回白いおにぎりでは、子供も楽しくありませんよね。

 

 

 

次は、一口おにぎりの応用編です!

 

 

「まずは視覚から」と言うように、見た目も大事。

 

 

簡単なところでまず、赤ちゃん用のふりかけ って売ってますよね。それを使いましょう。

 

月齢的に大丈夫かなぁなんて考えることなく、使うことが出来るので便利ですよ!

 

 

月齢が少し大きくなってきたら、そぼろご飯のように、卵とひき肉細かく焼いたものをご飯に混ぜます。

 

一口大に丸めれば、色どりもよいおにぎりの出来あがり!

 

 

ほうれん草など 青菜を茹でて細かく切り、ごまと一緒にご飯に混ぜても 色どりキレイですよ!

 

 

もちろん、栄養的にもプラスになりますよね(^^)

 

 

 

 

食パンを使った手づかみ離乳食も!

 

 

でも、毎日おにぎりばっかりじゃ、作る方も食べる方も飽きてきますよね。大人だって飽きてきますもん。

 

 

わが家の1歳の息子、初めて「一口大にカットした食パン」をトーストして食べさせてみたとき、喜んで食べてくれたんです。

 

 

それから大好物になったんですが…トーストばかりじゃ、これまた飽きます。

 

 

そこで、“パンで何か出来ないかなぁ…” と考えました。

 

 

作ってみたのは、その名も「赤ちゃんフレンチトースト」

 

 

フレンチトースト的な感じで、卵黄とフォローアップミルクを混ぜ、パンに染み込ませて焼いたものです。

 

 

その他のパンレシピとしては、

 

 

一口大のパンに、キャベツとツナやコーンを挟んだ、「ミニサンドイッチ」。

 

 

「ミニハンバーガー」は、もちろんハンバーグも手作りで。

 

ひき肉と玉ねぎを混ぜたものを焼いて、子供が食べれるようなハンバーグを作って挟みます。

 

 

こんなバリエーションで、食パンも栄養ア~ップ⤴⤴⤴

 

 

 

 

手づかみで食べれるおかずは!

 

 

<野菜スティック>

 

一番簡単なのは、野菜スティックです(^^)

 

息子は、きゅうりスティックがお気に入りで、おやつ代わりに食べる日もありましたよ!

スポンサーリンク

 

また、とうもろこしを茹でて食べやすくほぐしてあげると、一生懸命指でつまんでみたりと、成長も見ることができます。

 

 

 

<煮物類>

 

きんぴらや煮物は、大人用として味付けをする前に、子供の分を先にとっておきます。

 

そして後で、ほんのわずか味付けをしてあげれば、子供メニューの完成!

 

 

 

<肉類>

 

お肉も一口大の大きさにカットして、茹でたり焼いたりしてあげれば、手づかみで食べることができます。

 

子供が大好きな肉団子やハンバーグも、一口大に作れば、食べやすいおかずです。

 

焼く前に一緒に青菜やチーズ、豆腐なども混ぜてあげれば、更に栄養満点!

 

 

 

 

おやつがわりの手づかみ離乳食も!

 

 

<お好み焼き風おやつ>

 

大人と同じものを食べたいと思うのが、子供です。

 

そこで、大人はお好み焼き。

 

子供には、キャベツを細かく切って、卵と牛乳、子供用ホットケーキミックスで混ぜたものを、卵焼き器で焼いて、一口大に切ってあげます。

 

子供もいっしょに手づかみで食べれちゃう、お好み焼きの完成!

 

子供は同じものを食べていると思ってニコニコ、パクパク食も進みます!

 

 

 

<スィートポテトスティック>

 

便秘もちの息子のために作ったのは、さつまいもを使ったおやつです。

 

さつまいもを小さく切って茹で、よく水気をとります。

 

牛乳を加えて、さつまいもを潰します。

 

柔らかくなったさつまいもを、ラップに包んでスティック状に。

 

フライパンで軽く焼き目をつけてあげると、なんちゃってスィートポテトスティックのできあがり!

 

 

 

<ホットケーキミックス大活用>

 

私が手づかみおやつでよく活用したのは、子供用のホットケーキミックス!

 

基本は、そのままホットケーキを焼き、一口大に切っておやつに。

 

これに、細かく薄く切ったリンゴを混ぜて焼いたり、

 

おかずで使おうと煮たカボチャを潰して、混ぜて焼いたり、

 

・・・などなど。いろんな味のホットケーキができました!

 

 

生地を蒸してあげれば、蒸しパンもできるし、大助かりのアイテムです!

 

 

 

 

手づかみ食はむずかしく考えなくてOK!

 

 

 

 

“手づかみで食べれる離乳食って…” と、どうしても難しく考えがちですよね。

 

 

ですが私は、大人のものを作るついでに一緒に作れるものと考えたら、意外といろんなレシピが出来ました。

 

 

また “味付けは?” と、思われるかもしれません。

 

 

私は、味付けをしなかったり、ほんの少し気持ち味がついているかな?くらいにしていました。

 

 

そのせいか息子は、味付けなしでもパクパク食べます。

 

 

そして形は、一口大やステックにしてあげることですね。

 

 

そうすると、子供も手づかみしやすく、自分で食べれる楽しさを感じてくれますから♪

 

 

どうしても手や服が汚れてしまうんですが、わが子の成長のためにと、そこはグッと我慢!!

 

 

私は、スパゲッティなども細かく切って、手づかみで食べさせてました。

 

 

 

ご紹介した手づかみ離乳食レシピ、ぜひ試してもらえればと思います(^^)

 

 

食べてくれた子供の顔を見ると「作って良かった!」「もっといろいろ作ってみよう!」って、きっと思いますよ♪

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ