子育てあるある夜泣きの悩み!なぜ夜泣きする?対処法は?私の体験談!

毎日毎日やっと寝たかと思うと夜泣き…。つらいですよね!私は今まさに、この夜泣きに1ヶ月付き合ってます。

 

 

同じように夜泣きに悩む子育て中のあなたに、私の体験上、あれこれ考えたことや、試した対処法をお分かちします!

スポンサーリンク

 

 

 

 

夜泣きにも個性がある

 

 

 

 

わが家の子供は3人いますが、3人とも夜泣きのパターンが違って、解決法も違いました。

 

 

“個性ってこんなに小さいうちからあるんだなぁ” と思わずにはいられません。

 

 

まず、1番上の子の時は、グズグズと夜泣きスタート。

 

 

でも、私の胸の上にうつぶせの状態でいると、私の心音を聞いて安心するのか、スーッと寝てくれました。

 

 

そのあとは熟睡したのを見計らって、横に寝せると、朝まで起きませんでしたね。

 

 

時々ひどく泣いて泣き止まない時は、その当時、日中見てもらっていた私の母に抱っこされると、あら不思議!すぐ泣き止んで寝ました。

 

 

2番目の子は、とにかく夜泣きをしたら哺乳瓶!

 

 

哺乳瓶を渡すまで泣きます。最後の方には、空の哺乳瓶でも良いほどでした。

 

 

“本当は哺乳瓶を与えたら、いつまでも哺乳瓶離れできなくなるから良くないんだろうな…” とわかっていても、私も眠気に勝てず、その時は「夜泣きをとめるため!」と与えていました。

 

 

まぁ、夜泣きしなくなったら、哺乳瓶は必要なくなったんですけどね。

 

 

そして、今現在進行形の3番目(1歳)…。ひどいです(T.T)

 

 

毎日1時から2時まで、長い時は3時まで泣き続けます。

 

 

最初はグズグズ泣く程度なので、背中をトントンしてみるけど、効果なし。

 

 

それどころか、どんどん泣き声が大きくなる。

 

 

しまいには布団から出て座り、指を指して何かを訴えますが、なんのこっちゃあわかりません。

 

 

わかってもらえないからか、尚さら夜泣きはエスカレート…。

 

 

これがここ1ヶ月の、『夜泣き大魔王』との闘いです!

 

 

 

 

どうして夜泣きするの?

 

 

気になりますよね。「夜泣きを予防できるものなら予防したい!」――あなたもそう思っているはずです。

 

 

よく話に聞くのは、

 

 

*お腹がすくから

 

*暑いから・寒いから

 

*日中興奮したから

 

*お昼寝をたくさんしたから

 

 

・・・などがありますよね。

 

 

確かに、休日の日中たくさん遊んで昼寝も少なかった日の夜は、夜泣きもせず爆睡です。

 

 

でも、平日保育園に通っているなかで「昼寝をたくさんさせないでください!」なんて、先生には言えません。

 

 

逆に「たくさんお昼寝で寝たんですよ^^」な~んて褒めれたら、「エラかったね!」って、言うしかありませんよね(>.<)

 

 

それでも何とか、夜泣きする前に、大魔王の降臨を防ぎたいものです!

 

 

 

 

夜泣きしないために試していること

 

 

 

 

私は、まず夜泣き大魔王と夜闘わずに済むように、保育園から帰宅したあとは、お家でも体を使って、たくさん遊ぶようにしてます。

 

 

興奮させない程度に!(←ここ大事)

 

 

そして、遊びに満足して遊び疲れてきたようなら、次は夕食タイムです。

スポンサーリンク

 

 

ご飯も食べてお腹も満たされ、いい感じにボーっとしはじめ、“そろそろ消化したかな?” とタイミングを見て、お風呂へ。

 

 

すると、お風呂に入ってる状態でウトウトしはじめます!

 

 

急いで服を着せ、お布団でトントンしてあげると、グッスリ熟睡!

 

 

==この流れが効果あることは、今現在実感中!!==

 

 

 

・・・ただ、このまま朝まで熟睡の日もあれば、やっぱり夜泣き大魔王降臨の日もあるんですよね。

 

 

で、ちょうどここ2、3日で、

 

 

“もしかしてこれが原因?”

 

 

と、夜泣きする日を分析とまでいかないですが、思いあたることを考えてみました。

 

 

 

 

どんな日に夜泣きするのか考えてみた

 

 

せっかく生活リズムを作ってあげたのに、わが子が夜泣きする日のことを、よーく考えてみると…

 

 

子供が寝ている部屋で、私が家事をしたりするために、電気をつけてたんです。

 

 

それこそ、夜泣きがスタートする30分前まで。

 

 

私がいるために、テレビがついてる日もあります。

 

 

冷静に考えると、明るくてうるさければ、子供の眠りが浅くなったときに、その状態じゃあ泣きますよね…。

 

 

他にも、夜泣きした日は、人が多いところに行ったり、初めてのところに行ったりしたこともあって。

 

 

“きっと脳が興奮したんだろうな…”とか。

 

 

あとは、みんなに「おやすみ」をしなかった日。

 

 

“あぁ、まだおやすみしてない!” って気づいて起きたけど、“みんないない!” って泣いたのかもな…。

 

 

・・・等など。考えてみればいろいろと、思いあたることが出てきます。

 

 

なので、“もしかして夜泣きを引き起こす原因かも?” と思うことは、出来る限り排除するようにつとめているところです。

 

 

 

 

実際夜泣きしたらどうしたら良いの?

 

 

そして、夜泣きしてしまった子供に対して、私がよくやる対処法としては、

 

 

まずは、背中をトントンしながら子守唄をうたってみる!

 

 

それでダメなら、オルゴールを流してみる!

 

 

それでもダメなら、座って抱っこしてみる!

 

 

それでもダメなら、立って抱っこ!!

 

 

・・・様子を見て、段階で進めていってます。

 

 

自分も眠い中なので、他にどうするにも、なかなか思考が追いついていかないんですよね。

 

 

立って抱っこしても効果もなく、火がついたようにギャーギャー泣くときは、もう電気もつけて起こしてしまいます。

 

 

一回起きて、泣いている自分の声が耳に届くように!

 

 

で、意外とこの後に、抱っこしながら背中をトントンしてあげると寝ますよ^^

 

 

 

 

悩みこまないで!夜泣きは必ず終わります

 

 

 

 

小さい子供の子育ての中で「これなら確実におさまるよ!」っていう方法がないぶん、夜泣きは余計悩みますよね。

 

 

実は私も、昨日は本当にひどい夜泣きに、おさまる方法がないか、インターネットで探しました(苦笑)

 

 

もちろん答えはありませんでしたが。

 

 

それほど夜泣きって、助けて欲しくなるときあるんですよね。

 

 

 

~私と同じように今、子供の夜泣きで頭を悩ませているあなた!

 

 

最後に。『夜泣きは永遠には続きません』 ―― だって大人になって夜泣きしている人はいませんものね。

 

 

私やあなたが夜泣きでイライラすれば、子供も感じ取ります。

 

 

もしも生活の中で、夜泣きの原因になりそうなことが思い当たれば、取り除くことはもちろん。

 

 

もう、「さぁどうぞ!泣いてください!」くらいのどっしりとした気持ちで、私といっしょに夜泣きを乗り越えましょう(*^-^*)

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ