どうもこのママ友とは合わない!そう思ったときあなたはどうしますか?

しばらくお付き合いを続けてみたものの “このママ友とは合わないかも…” “いっしょにいても空気がぎこちないな…” と思ってしまったあなた。どうしていいか、対処に困りますよね😣

 

 

実は、私もそんなママ友がいたんです。

 

 

でも私は、そのママ友との間にあったことを通して「ママ友とはどうお付き合いするべきか?」ってことを学んだように思います。私の体験談をお話ししますね。

スポンサーリンク

 

 

 

 

転勤族が多いマンションでの出会い

 

 

私は、とある地方の、ほとんどの住人が転勤族というマンションに住んでいます。

 

 

わが家は転勤族ではないので、今までとにかくたくさんのママ友さんと出会い、別れを繰り返してきました。

 

 

転勤族といっても年数はいろいろ。1年だけとか、7~8年の人もいるけど、平均5年くらいかな。なので結構しっかりしたお付き合いになる人もいるんですよね。

 

 

そのママ友さんとも、5~6年の付き合いだったと思います。

 

 

マンション近くに小さな公園があるので、引越してくるとみんな自然と子供を連れて、そこに出てきます。

 

 

そのママ友さんの子供とは、幼稚園は別々。でも、幼稚園から帰った後は公園に出てきて、子供を遊ばせながら、ママどおし世間話をするようになりました。

 

 

ある日、「習い事させてます?」と聞かれ、ピアノを習っていると答えたんです。

 

 

すると、自分の子にも習わせたいから、連絡先を教えて欲しいという話になったんですよ。

 

 

そのお教室は、何より徒歩圏内で通いやすいという理由だけで入ったところで、そのことも伝えてはいたんですけどね…。

 

 

 

 

 

 

1、2年後わが家の状況が変って…

 

 

1、2年後、私が子供に習得して欲しいと考えているレッスン内容と、先生の実際のレッスンに差が出できてしまったので、ピアノのお教室を替えたんです。

 

 

また、ちょうど同じころ、私は2人目不妊の長いトンネル(5年越し)を脱出しようとしていました♡

 

 

ただ、それまでに本当にいろいろあったので、お腹が目立ってくるまで、周りには話さなかったんですよ。

 

 

ようやく念願の妊娠で、継続できてる嬉しさと裏腹に不安が常につきまとっていたので、外出も必要最低限しかしていなかったし。

 

 

結果、妊娠の報告は、彼女も含めて他のママ友にも遅くなってしまったんですが、それがどうも気に入らなかったらしく…

 

 

「何でもっと早く教えてくれなかったんですか?」

 

 

と言われてしまいました。

 

 

私は高齢での妊娠で、継続できるか心配も多かったのでとお話ししたんです。…でも、少しご不満の様子。

 

 

それからしばらく経って、

 

 

「ピアノのお教室替えてたんですね!」

 

 

と、また不満げに言われ…。

 

 

産後のバタバタで言う機会を逃してしまって…なんて言ってみたものの、彼女には言い訳にしか聞こえませんよね>.<

スポンサーリンク

 

 

その後、すっかり彼女とは疎遠になってしまいました。私からしてみると「たったそれだけ」のことで・・・。

 

 

地域や小学校の仕事で顔を合わせるときは、必要最低限の会話のみ。

 

 

ぎこちなく、よそよそしい空気を引きずったまま・・・それから数年後、結局彼女は、何も言わずに引っ越ししていきました。

 

 

幸い、子供の年齢が微妙に違い、性別も違っていたので、子供間のトラブルはありませんでしたが、何とも後味の悪~い別れとなってしまったんです。

 

 

 

 

ママ友との価値観の違いは仕方ない

 

 

私が2人目の妊娠を伝える時期が遅かったことは分かっています。他のママ友たちと比べても、非常識と言われて仕方なかったのかもしれません。

 

 

ピアノのお教室のことも、自分が紹介した以上、辞めるときは一言お話しするべきだったのかもしれません。

 

 

そしてもちろん、私に言い分があるように、どうしてあの時そんな言葉が出て来たのか、きっと彼女にも言い分があったのだと思います。

 

 

価値観(大事に思うこと)って、人それぞれ違いますからね…。

 

 

でも、どちらからも歩み寄ることなく、結局何も話さなかったので、彼女がその時どんな思いだったのかは、知る由もなかったんです。

 

 

ただ顔をあわせても、なんとも言えない雰囲気の悪さに “この人とは合わないな…” ということだけは、ハッキリと感じていました。

 

 

 

 

ママ友と合わない?一番大切なのは…

 

 

 

 

そんな経験の後、私は、近所のママたちの中には 深入りしないって決めました!

 

 

必要以上に会話に突っ込まない。自分の分からない話になったら、自然に家に帰るとかして…。

 

 

これは、子供が大きくなって、ママ友の必要性がなくなってきたこともあります。

 

 

小さい頃の悩みはある程度共有し、解決のヒントをお互いに見つけ合えますが、大きくなると悩みも多岐にわたるようになりますしね😌 人には言えないことだって増えます。

 

 

さらに、転勤族でやってくるママたちの年代が、だんだん自分より若くなり、会話に入りにくくなってきたこともあるかもしれません。

 

 

その後にも、いろんなママたちと関わりましたが、思うことは、

 

 

何より大切にすべきは、一生いっしょにいる家族なんだ!

 

 

ってこと。それだけです。

 

 

ママ友たちとは、意見や考えの違いがあって当たり前。でも転勤に限らず、いずれ子供が大きくなって、進学で学校がかわったりすれば、次第に疎遠になりますからね…。

 

 

 

今、ママ友との関係で “合う、合わない” と気をもんで悩んでいるあなた、ママ友も大事かもしれませんが、「自分の子供、家族にとってどう対処するのがベストか」を、ぜひ一番に考えて下さいね。

 

 

ときには、適度に距離を置き、さらりと流してしまってもいいと思います。

 

 

ママ友とのお付き合いは、永遠ではないんです!どんなことも、あとは時が解決してくれますから。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ