子供の習い事ってどうやって決めたらいい?娘の習い事から得た教訓は!

子供の習い事の決め方に迷っているあなた。ネックになっているのは何ですか?――本人と親との希望の相違? 時間のやりくりや送迎? お月謝やその他諸経費?

 

 

それらの問題も含めて、案外、身近な旦那さんとの意見の相違がありませんか?わが家も格闘がありました。

 

 

私たち夫婦が一人娘にさせた習い事と、そのつど話し合った体験から、分かったことをお分かちしますね!

スポンサーリンク

 

 

 

「何を習わせるか」では夫と意見が違ったけど…

 

 

夫は、すぐに役に立つ習い事がさせたい派です。

 

 

一方、私は直接的に役に立つというより、長い目で見て “やってて良かったなぁ” と思える習い事をさせたい派でした。

 

 

ただ、二人に共通していたのは、

 

 

「やり始めたからには、本人が何と言おうともすぐには辞めさせない!」

 

 

ということ。

 

 

説はいろいろありますよね。

 

 

本人がやりたくないことを、ダラダラとやらせても意味がないとか。

 

 

でも、「辞め癖を付けるのが一番悪い」という思いだけは共通だったので、どの習い事も最低1年はさせたんです。

 

 

 

 

習い事を決める時は必ず夫婦で話し合い!

 

 

 

 

今現在、小学校6年生の娘が、習い事として本格的にお教室に通い出したのは、幼稚園入園後。

 

 

娘は、自分から「何かを習いたい」という気持ちがない子だったんです。

 

 

そんな彼女にこれまでさせた習い事は、ピアノ・スイミング・プログラミング教室・塾 と続きます。

 

 

 

1.まずは、「ピアノ」。

 

 

私自身が10年間やっていて、その効果は分かっていたので、“娘ができたらぜひに👏” って思ってたんですよね!

 

 

でも夫は、あまり良い顔をしませんでした😣

 

 

「本当に役に立つのか?」と…。

 

 

近所の個人の先生で、送迎は私がやるということで、しぶしぶ承諾させたんです🙋

 

 

して、娘的にはどうだったかと言うと、

 

 

お教室に幼稚園のお友達もたくさん通っていて、同じテキストを使っていたため、かなり刺激になっていました💪

 

 

「どこまで進んだ!」と教え合ったり、のんびり性格だった娘に闘争心の火が!

 

 

ただ年に大小2回の発表会があり、レベルも高く、プレッシャーはかなりあったようです。

 

 

「もう辞める!」と、何度言ったか分かりません。

 

 

でも、ここで辞めさせたら辞め癖が付くと思い、何度も娘と話し合って結局、6年生の夏まで続けさせました。

 

 

結果として、ピアノがある程度弾けるという自信 はもちろん、それ以外にも、

 

 

目標に向かって毎日練習を継続させる忍耐力

 

 

発表会に力を出す瞬発力に度胸

 

 

…等など、彼女の財産はしっかりできたと感じてます。

 

 

最初は乗り気ではなかった夫も、娘の成長していく姿を見て、徐々に気持ちが変わり、最終的には「習わせて良かった」と😊

 

 

次第に、送迎も快くやってくれるようになりましたね😉

 

 

 

 

 

2.「スイミング」は、夫の希望でやらせました。私もやっていたので、これは即納得です。

 

 

最初から目標を定めました。「何かあったときに、溺れないで済むように」と。

スポンサーリンク

 

 

娘は最初、水が大嫌いで大変だったのですが…小2から始め、2年間続けました。

 

 

クロールが、息継ぎしてそれなりの距離を泳げるようになった時点で終了😌

 

 

本人いわく、好きだった訳ではないけど、泳げた方が自分のためになると理解していたことで、2年間続けられたようです。

 

 

また「目標をクリアーできた!」と、辞めたときスッキリした顔をしてましたね。

 

 

 

3.「プログラミング教室」は、小4になったとき、夫婦で話し合って、時代を見越して入れました。

 

 

が。これは残念ながら興味を持てず、1年間のカリキュラムを終えて終了。

 

 

 

4.高学年になると、受験準備のため「塾」に通い始めました。

 

 

夫は中学受験経験者であり、その大変さを知りつつも、中高一貫の良さを知っていること。

 

 

かたや私は、小学校まではぼんやり過ごしたものの、その後、高校受験、大学受験と続けざまで忙しく、特に高校時代には良い思い出がなかったこと。

 

 

夫婦の意見が一致したので、娘にはきちんと説明をした上で、小学生で入塾させました。

 

 

塾は、彼女に刺激を与えてくれたようです🙆

 

 

文章やグラフ等を読み取り、まとめたり発表したり、とおり一片の学校の勉強とは違って「面白い!」と。

 

 

6年生になると勉強量が一気に増えて、「つらい…」と言うことも多々出て来ましたが。

 

 

結果はどうあれ、この通塾から受験までの経験は、彼女にとって貴重な経験になると信じてます😉

 

 

 

 

子供の習い事の決め方で大事なポイントは!

 

 

 

 

子供の習い事の決め方に迷っているあなた!

 

 

 

「子供に何を習わせるのが良いのか?」

 

「どうやって決めるか?」

 

 

 

・・・ちまたには、あまりにもたくさんの情報が溢れています。

 

 

でも、それらは単なる情報に過ぎません。参考にはできるけど、わが子に当てはまるか分かりません。

 

 

更に言えば、その子にとって、その習い事がどう将来に作用するかなんて、誰にも分かりませんよね!

 

 

わが家の例では、特にピアノからは、本当にいろいろな物を得た感がありますが、

 

 

いくら「時代を見越して」と親が考えても、プログラミングは本人が興味がなくてダメでしたし(>.<)

 

 

 

そして、こんなふうに、いろいろな習い事をさせて感じたのは…

 

 

“親として、揺らぎない心を持つことが大事だな!” っていうこと。

 

 

「何を目的にその習い事をさせるのか」

 

 

です!!

 

 

わが家は事前の話し合いで、夫婦の意見が対立することもありましたが、必ずどちらかが折れて(=納得して)始めさせました。

 

 

夫婦の擦り合わせは重要です!

 

 

きちんとその習い事の目的を説明できなかったり、夫婦の意見がバラバラでは、本人の身になりません。

 

 

それは、本人がやりたい習い事をさせる場合でも同じですよね。

 

 

目的を明確に!

 

 

夫婦で意見を一致させる! 

 

 

「すぐに放棄させない」という点で意見が合っていたことも、幸いだったなって今、本当に実感してます。

 

 

もちろんこれに、習い事をさせる上での時間や金銭的な問題も、加味して行く必要はあると思いますが。

 

 

その部分も、やはり夫婦の一致ですよね!!

 

 

夫婦と子供の間で、一本きちっと筋さえ通っていれば、どんな習い事であっても、ある程度の期間やり続ければ、必ず本人の財産になるはずですよ😌

 

 

これはと思う物にぜひ、挑戦させましょう!

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ