妊娠生活の疲れやしんどい時期 私はこうやって乗り切りました!

初めての妊娠生活って、分からないことだらけですよね。

 

 

私も不安になっては、毎日毎日ネットで調べたりしてたな~。そのたびに、落ち込んではしんどくなったり、余計な気疲れをしてたんですよね。

 

 

おまけに、妊娠糖尿病や体重制限にも引っかかっちゃったり…。

 

 

でも、それでも何とか乗り切れたんです。私が妊娠生活のしんどい時期を乗り切るためにやっていたこと、体験談をお話ししますね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

待望の妊娠!でもすぐに風邪…

 

 

実は私、それまで何度か妊娠してたんですが…体のうが見つからなくて、妊娠の継続ができたことがなかったんです。

 

だから、体のうが見えるまでは気が気でなくて。

 

 

体のうが見えたら見えたで、今度は “心拍の確認がいつから?” って心配になってはインターネットで検索して、自分でしんどくなったりしてました。

 

 

でも今回の妊娠は、分かる少し前くらいから、知り合いのお店に手伝いに行ってたんですよ。

 

それがちょうどいい気分転換になって、あまり深刻に考え過ぎないですんだのかもしれません。

 

 

ところが!体のうも見えて、心拍確認も出来たら安心したのか、いきなり風邪をひいてしまって…。

 

 

薬は飲めないし、つわりも始まりだして食欲もなくて、しんどかったです。

 

 

一応、検診の時に薬を処方してもらったけど、効果は気休め程度なんですよね。ひたすら、寝て治すしかないっていう。

 

 

っと、こんな感じで、私のマタニティライフはスタートしました!

 

 

 

 

妊娠中期は骨盤に激痛!

 

 

幸いつわりは軽くて、ほぼ無いも同然じゃない?ってくらいに軽かったんですよね。

 

 

だけど、軽いつわりが出始めたのと同じころに、骨盤に痛みが出てきてしまって!

 

 

つわりよりも、こっちの方がキツかったです。すぐに骨盤ベルトを購入して、なんとか痛みが出ないようにするので精一杯でした。

 

 

座ってる体勢から立ち上がる時が一番激痛で、変な動きになったりしてました(笑) いつもは使わない筋肉を使うもんだから、すっごく疲れるし。

 

 

しかも湿布が使えないから、これまた、ひたすら耐えるしかないっていうね…。

 

 

これが出産まで続くかと思ったら、ほんとゾッとしましたよー。

 

 

 

まあでも、そんなつわりと骨盤の激痛も、安定期入ると同時になくなっていったんですね。骨盤ベルトをしなくても平気になったのは、本当にうれしかったです。

 

 

それからは、私の妊娠生活で一番良かった時期。子供の性別はどっちかな~とか、名前は何にしようかな~とか、うれしい悩みでいっぱいでした♪

 

 

ちょっと遠出したりとか、出産してからでは出来ないことも、この時期いっぱいやっておきましたよ。

 

 

 

 

楽しいだけのはずの妊娠後期にも…

 

 

 

 

ところが・・・あと少しで後期に入るっていう時期に、妊娠糖尿病体重制限に引っかかってしまったんです!

スポンサーリンク

 

 

楽しい妊娠生活のはずが一変して、お先真っ暗な気分に…。

 

 

私の血糖値の上がり方が、1時間後に急激に上がってしまうとのことで。1回の食事を2回に分けて食べるという、分割食にしなきゃいけなくなってしまって。

 

 

おまけに、好きなものが食べれないのはキツかった。お米に食パン、麺料理は半人前、いも料理やとうもろこし等の、糖質が高いものは厳禁。

 

 

そうやって制限する上に、食後すぐに動くようにも言われていたので、全然ゆっくりする間がなかったです。精神的にも肉体的にも疲れてしまって、本当にしんどかったですよ。

 

 

だけど、毎日落ち込んでばかりはいられないですよね!!

 

 

食事制限に関しては、私がどのようにして乗り切ったかというと、2回目の食事に「甘いもの」を食べるようにしたんですよ。

 

 

朝は甘味が強い食パンをトーストしたり、昼は糖質少なめのスイーツを食べたり、夜はゼロカロリーの炭酸飲料を飲んだり…とかね。

 

 

こんな風に楽しみを作ったんです♫

 

 

この頃は、特にエクレアとかドーナツをよく食べてましたね(^ψ^)

 

 

 

 

食後の運動として、朝と夜は家事をしっかりやり、昼は買い物 兼 ウォーキングをしてました。

 

 

 

 

出産まであれこれ工夫も

 

 

時々はカラオケに行ったり、銭湯に行ってゆっくりお風呂に浸かったりもして、気分転換☆

 

 

あとは、里帰り中の旦那のご飯のストックを何にするか考えたり、試作を作ったりして、できるだけ心配になるような余計なことは考えないようにしてました!

 

 

あと、なんだかんだいっても、やっぱり最後は、子供に病気を抱えて産まれてほしくない!っていう強い願いから頑張れた気がしますね。

 

 

お医者さんから順調に育っているよっていう一言が聞けるだけで、毎回救われてたような気がしたんですよ。

 

 

その言葉通り、元気な赤ちゃんが産まれてきてくれました。

 

 

がんばって本当に 良かったぁぁ―――!!

 

 

 

 

しんどい時期を耐えられたのは

 

 

 

 

振り返ってみると、こんな私が、妊娠生活の疲れやしんどい時期を乗り切れたポイントとしては、

 

 

インターネットばかり見ないようにした(自分で心配のタネを作らない)

 

自分に合った気分転換方法がうまく見付けられた

 

元気に産まれてきて欲しいという願い

 

 

だったんじゃないかな、って思います^^

 

 

この中でも、自分に合った気分転換方法は、あなたもぜひ見付けてみて下さいね。妊婦でもやれることはいっぱいありますから!

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ