つわりがまったく無いと不安なあなたに! 初期流産を含む3回のつわり体験談!

俗にいう「悪阻(つわり)」。文字通りあればあったで大変ですが、ないのもまた不安ですよね。

 

 

“あんなに大変だって聞いてるのに、私にだけまったく無いのはなぜ?” “前回の妊娠ではあったのに、今回まったくないのはなぜ?”

 

 

…不安になる気持ち、よく分かります。よかったら、私の3回のつわり体験談、参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

1人目はつわりがひどくて入院

 

 

1人目の妊娠は、計画的ではなかったので、基礎体温は計ってなかったのですが、生理が遅れてるのは分かったんですよね。

 

 

1週間経ち、10日経ち…やっぱり👏と思い、検査薬を使って確認しました!夫と大喜びし、その足で梅林を散策に行ったくらい、元気だったんですよ♫

 

 

6週目で、初めての病院での検診も全然元気!

 

 

ところがその翌週、7週目です…どっと「つわり地獄」の波がやってきたのは(T.T)

 

 

・・・嘔吐、ムカムカで全然食べれない。

 

 

ダルさに加えて憂鬱、落ち込みまで併発し、お医者さんにすすめられて、10日間入院したほど…。

 

 

それからもつわりは絶え間なく、安定期の5ヶ月まで続きました。

 

 

 

 

 

 

2人目のつわりは比較的楽に

 

 

下の子のときは、もう妊娠が分かった直後から、つわりの症状がありました。

 

 

この妊娠は、2人目不妊の治療の末だったんです。上の子が産まれてから、5年以上経ってのこと。

 

 

産婦人科に通い、基礎体温も測ってたので、4週目で分かってました。

 

 

私自身が待ち望んだ妊娠だったので、早くからつわりの症状に敏感だったのかもしれませんけどね。

 

 

もう5週目には、体のダルさ、ムカムカ、食欲不振…。毎日でなく、軽い日も重い日もあってまちまち。

 

 

でも幸い、嘔吐まではいかなかったので、上の子のときよりはずいぶん軽症だったんです。やっぱり安定期の5ヶ月まで症状はありましたね。

 

 

 

 

初期流産でもつわりの症状があった私

 

 

私は子供2人。でも、妊娠を3回経験しています。

 

 

実は上の子と下の子の間に、もう1回確認できた妊娠があったんですよ。染色体異常による、8週目での初期流産 だったんですけど…。

 

 

もしかしたら、あなたはこのことを心配されているかもしれませんので、ここはきちんとお話ししますね。

 

 

 

下の子の妊娠の、5ヶ月前のことです。

 

 

この時も不妊治療中で、基礎体温を測っていたので、4週目で妊娠が分かり、5週目で病院に行きました。

 

 

赤ちゃんの袋を確認できたときは、とても嬉しかったです。6年ぶりの妊娠だったので!

 

 

まだ心拍は確認できなかったので、翌週も検診に行ったんです。

 

 

朝の光がまぶしく感じ、ふらふらっと貧血の症状があったり、すでに胃がムカムカするつわりの症状が始まっていました。

スポンサーリンク

 

 

ところがその日、病院の先生に

 

 

 

「まだ心拍は確認できないね。」

 

「それと、少し赤ちゃんの袋が小さいかなあ。」

 

 

 

…と言われ、不安な気持ちが渦まき始めました。

 

 

さらに続けて、「このような状態の場合には流産の可能性があります」と話されたんです。

 

 

ショック過ぎて…あまりこまかい話はもう耳に入ってきませんでしたが。

 

 

 

ママどおしでもよほどの仲じゃないと、こんな話ってしないですよね。

 

 

でも実際には、妊娠適齢期の34歳あたりまでの女性でも、10~20人に一人の割合で起こります。

 

 

更に30代半ば過ぎなら5人に一人、40代に入れば2人に一人とも言われてます。

 

 

だから、産婦人科の先生にとってはそう珍しいことではないので、淡々と話されても仕方ないことなのかも(T.T)

 

 

 

そして意外にも、周りにもたくさん初期流産の経験者がいました。

 

 

私が話をすると、「実は私もね~」って話してくれるママが何人かいたんです!

 

 

話を聞いていると・・・

 

 

出血の直前まで、とっても辛いつわりの症状があった人。

 

 

最初から全然なくて “やっぱりなぁ” って思った、という人も。

 

 

私の場合は、5週目で初期流産の可能性を告げられ、6週目まで軽いつわり。確かにその週までありましたね。

 

 

でもその翌週あたりから症状がなくなっていき、悲しいかな、“頑張って心臓を動かして欲しい!”という気持ちと裏腹に、少し諦めの気持ちが出てきてしまったのを覚えてます。

 

 

普通に物を食べれている自分が、何とも言えず悲しかったです…。

 

 

後々先生の話を伺うと、ちょうど6週目あたりで成長が止まったのだろうと。

 

 

赤ちゃんの大きさ見ても、だいだい成長が止ってから2週間くらいで出血が始まるという、医学的見地から見ても。

 

 

 

 

 

~いかがでしょうか?

 

 

私ひとりの体験だけでも、つわりの症状は同じ人でも毎回違う、ということが分かっていただけたんじゃないかなと思います。

 

 

つわりの始まる時期も違えば、出てくる症状や重さも違う。

 

 

更には、流産だったのに確かにつわりがあった、という・・・。

 

 

今、つわりがない事を不安に思っているあなた!

 

 

妊娠が分かった瞬間から安定期まで、ずっとつわりの症状がないからと言って、必ずしも異常というわけではありません!

 

 

不安な気持ちは痛いほど分かります。でもこれは、本当に「個人差」のあること。

 

 

ですので、つわりが無いことが本当に心配ならば、まず病院に行くこと を、私は強くおすすめします!

 

 

不安が重なると、ママの精神的にも良くないし、お腹の赤ちゃんにも影響してしまいますよ。

 

 

予約前だからとか気にせずに!ぜひ、赤ちゃんの状態を確認しに行って下さいね😊

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ