つらいつわり…もう無理!仕事どころじゃない!どうしたらいい?私の体験談!

嬉しい妊娠のはずが、“なんでこんなにつわりがつらいの⁈” “もう無理!” って思っているあなた!

 

 

そしてつわりがつらくて、仕事どころじゃないあなた!

 

 

私は仕事を持ちながら、3人の子供を産みました。私がどうやってつわりを乗り越え、仕事をしてきたか、体験談とアドバイスをお話ししますね!

スポンサーリンク

 

 

 

容赦なく襲ってくるつわり…もううんざり

 

 

 

 

1人目の時は、海藻類は全く受けつけず、でもそれ以外は全然平気でわりと楽に過ごせました。

 

 

2人目の時は何も食べれません。食べても吐きます。ただ妊娠5ヶ月頃につわりはおさまったのが救いだったかな。

 

 

そして3人目…何を食べても吐く、飲んでも吐く、においでも吐く!あげくの果てに、出産するまでつわりに悩まされました。

 

 

正直出産までつわりって「マジ勘弁!」でしかありません。

 

 

だから、“つわりはもう無理!”って思うあなたの気持ち、よくわかります。

 

 

 

 

まずは一人で抱え込まないで!

 

 

3人目のとき。

 

 

終わり無きつわりと知らない妊娠4ヶ月頃は、“あと1ヶ月もすればこのつわりともおさらばだ!” と思って、少しずつでも食事をとろうとしてました。

 

 

吐き気を我慢しながら、なんとか口にしていましたが、5ヶ月を過ぎてからは “いったいいつ終わる?” と、不安になりながらの生活。

 

 

精神的なものも影響しやすいようなので、毎日、“きっと明日は終わる!” と考えてみたり、物事を前向きに考えるようにしてましたね。

 

 

“とにかく我慢しなきゃ!”

 

“みんな乗り越えているんだから!”

 

 

と、最初は思っていたんですが…

 

 

何回目かの検診の時に、

 

 

「もう無理です!何も食べれずつらいんです!」

 

 

と、医者に、自分の気持ちも体調も吐き出しました。すると、吐き気どめの漢方を処方されたんです。

 

 

そんなものがあるなんて知らなかった私… “もっと早く言えば良かった” と後悔です>.<

 

 

でも、つらいということを口にしたからなのか、漢方のおかげなのか、その後少しだけ楽になった気がします。

 

 

しみじみ、我慢はよくない!!

 

 

 

 

つわり中の仕事はこうしてました!

 

 

 

 

そして、つわり中の仕事!!…何とか乗り越えました。どうしていたか?

 

 

1、2人目の時は、接客の仕事だったので、ただただ込み上げる吐き気を我慢。

 

 

そして、食事後など我慢できない時は、他のスタッフに言って少し休憩したり、トイレにダッシュ!

スポンサーリンク

 

 

3人目の時は、ずーっと吐き気で…本当を言うと、仕事どころじゃないほどでした。

 

 

でも、このときは新しい仕事を始めたばかりで、仕事を休むことは不可能だったんです(T.T)

 

 

なので、清涼感のあるタブレットを口に入れたり、ガムを噛んだりして、吐き気と闘っていました。

 

 

あとは、万が一トイレまで我慢できない時のために、ビニール袋を常時ポケットに忍ばせていましたね。(結局使わなくて済みましたが)

 

 

 

 

無理して仕事をしたけれど…

 

 

そんなこんなで、仕事をして帰宅したあとは、もう動けません。

 

 

普通は、仕事をしている方が気がまぎれる(=つわりが軽くなる)とかって言われているのに、

 

 

“休みの日よりつわりが酷く感じるんですけどー?” なくらい。

 

 

・・・実際、それだけ妊娠中の仕事って、身体に負担になっているんですよね。

 

 

ましてや、つわりで食事が食べれない。食べても吐いてしまう。そんな状態で仕事をすれば、負担になるのは当たり前です。

 

 

しまいには、お腹も張るようになるし。

 

 

だけども私のように、どうしても仕事が休めない場合がありますよね。

 

 

そんな時は是非、いつもよりこまめに休憩をとりながら にしてください! 私もだいぶ多めに休憩してました(笑)

 

 

 

 

仕事で無理をし過ぎないで!

 

 

でも・・・正直、今になって思うのですが、

 

 

本当は、つわりが酷い時ときは無理をせずに、仕事は休んだ方が良い と思います。

 

 

無理をして仕事をしても、吐き気を我慢しながらの仕事なんて、出来たもんじゃない!

 

 

これが「本音」ですね。

 

 

無理をして仕事をしても、仕事はいつもの半分できたか、それ以下だし。

 

 

そんな状態で、周りにも気を使わせてしまっている気がして、身体的にも精神的にも、ほんと疲れが半端ないですから!

 

 

つわりをなめたらいけませんよ!!あまりに酷くなれば、入院する場合だってあるんです。

 

 

だからこそ、自分の身体と心と向き合って、仕事もオーバーワークせず、ほどほどで出来ると一番良いですよね。

 

 

 

 

 

あと、出産後つわりはありません。もちろんですが(笑)

 

 

私はそれをゴールにして、“もう少し、もう少し!” と、意識することで乗り切りました。

 

 

職場のみなさんに申し訳ない気持ちはあるけれど、つわりたのために迷惑を掛けてしまうのも、ずっとじゃない!産まれるまでだ!ってね。

 

 

・・・子供が小学生になり、自分がお腹にいた時のことを授業で使うからと、妊娠中の話をしてあげると、

 

 

「ママは大変だったけど産んでくれたんだね!」

 

 

と、うれしい言葉を言ってくれます

 

 

いつかあなたも、そんな思い出話を、お腹の子に話す日がきます!

 

 

どうぞお仕事、頑張りすぎないようにして、元気な赤ちゃんを産んでくださいね(^^)

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ