豚肉で疲労回復!「ポークソテーの玉ねぎソースがけ」私のオススメレシピ!

小さい子供のいるパパママ世代って、仕事だったり、子育て・家事、介護も加わり、男女問わず本当に忙しいですよね。

 

 

食で疲労回復を目指したい!と考えいるあなたに、組み合わせもバッチリ食材を使ったお勧めメニューがあります。

 

 

お子さんにもうけること間違いなしのポークソテーをご紹介しますね♪

 

 

豚肉の栄養や効能など「マメ知識」も付いていますので、どうぞご覧ください♡

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

「ポークソテーの玉ねぎソースがけ」レシピ

 

 

■所要時間 30分

 

 

 

材料(4人分)

 

 

豚ロース肉  100g × 4枚

 

塩・こしょう  少々

 

薄力粉  適量

 

サラダ油  小さじ2

 

玉ねぎ  1/2個

 

その他野菜 適量

(人参、セロリ等)

 

トマトケチャップ  大さじ4

 

ウスターソース   大さじ2

 

赤ワイン  70ml

 

砂糖  小さじ1

 

バター  10g

 

 

 

作り方

 

 

① 豚肉の筋切りをして、塩・こしょうをし、薄力粉をまぶす。

 

 

 

 

② 玉ねぎは薄切りにし、その他の野菜もあれば、せん切りにする。

 

③ トマトケチャップ、ウスターソース、赤ワイン、砂糖は事前に混ぜ合わせておく。

 

④ 小さめのフライパンにバターを溶かし、弱火で②の野菜を炒める。

 

⑤ 火が通ってきたら、③を加えて、混ぜながら5分ほど煮立たせる。とろみが付いてきたらオッケー。

 

 

 

 

⑥ 大きめのフライパンにサラダ油を熱し、①の豚肉を入れる。中火で片面が色付くまで焼き、裏返して、弱火にして蓋をする。

 

⑦ 中までじっくり火を通す。(5分~)蓋を取り、もう一度裏返して中火に戻し、表面がこんがりしたら、皿に取り出す。

 

⑧ ⑦の豚肉の上に⑤のソースをかけたら、出来上り。

 

 

 

 

 

おいしく作るためのポイント

 

 

【筋切り】

 

豚肉の筋切り は、結構重要です!等間隔に、筋に包丁で切り込みを入れます。

 

上から、軽く筋を切る程度ではなく、がっつり切り込みを入れてオッケーですよ。

 

その後、包丁の背でお肉全体トントンとたたいていき、ここからが肝心です!

 

べろ~んと伸びてしまった肉を元の形に、ギュッと手で戻してあげて下さい。

 

これで、焼いたときに反り返りもないですし、柔らかいお肉の食感になります😋

 

 

【衣】

 

レシピの材料では、薄力粉を豚肉にはたくとお伝えしましたが、もしあれば、コーンスターチがお勧め です。

 

クッキーのサクサク感を出すために使ったりしますよね。

 

ですので、コーンスターチだと焼いた後、表面がカリッとした仕上がりになり、美味しさ倍増😊

 

なかったら、薄力粉でももちろん、美味しくできます。むしろ、ソースとの絡みは小麦粉の方がトロッとして良いです。お好みで😊

 

 

【ソース】

 

ソースに入れる赤ワインは、なければ飲みかけの日本酒や、料理酒、みりんでも代用できます!

 

みりんの場合は、甘みがしっかりしているので、砂糖を入れないで下さいね。

 

 

【オマケの話】

 

実はこのメニュー、私の父方の祖母から受け継がれたもの。

 

母が父と結婚する際に、初めて父の家を訪れた際に、振る舞われたそうです。

 

母はさっそく祖母から作り方を教わり、結婚してからもよく作っていました。私も大好きです❤

 

そして今や、私の子供たちも大好きに。4世代目突入レシピです😉

 

 

 

 

「豚肉」のマメ知識

 

 

ところで、何が疲労回復に役立つの?と思われるかもしれません。実は、豚肉は優れものなのです。

スポンサーリンク

 

 

更に、玉ねぎを加えることで効果倍増です!

 

 

ここで、メイン食材「豚肉」についてちょっとしたマメ知識を。

 

 

 

 

 

豚肉の栄養・効能は?

 

 

豚肉といえば、もちろんタンパク質ですよね。臓器や筋肉、血液を作るもととなり、人が体を動かすためのエネルギー源 となります。

 

子供にとっては、成長を促進 させ、免疫力を高めるのに役に立ちますし、高齢者年にとっても、老化防止 に役立ってくれます。

 

女性にとっては、大切な ホルモンのもと になってくれますよ。

 

 

またビタミンの宝庫でもあり、特にビタミンB1は、牛肉の10倍含まれています。

 

このビタミンB1は、大変優れもので、「疲労回復ビタミン」と言われているほどです。

 

日本人の主食である米など糖質の代謝を促し、体内にたまった疲労を取り除いてくれるのです。

 

肌荒れや口内炎にも効果 があると言われています。

 

 

その他にも、ビタミンB2、いわゆる「ナイアシン」も含まれていて、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちますし、

 

肌の潤いを保ち、張りをもたらすことから 美肌効果 があると言われています。

 

 

肉の脂肪というと、コレステロールを気にする方も多いと思います。

 

実は、豚肉にはそのコレステロールを抑制する効果のある脂肪酸「オレイン酸」が多く含まれているため、低カロリーでダイエット向き なんですよ✌

 

 

最後に、より豚肉の栄養素を引き出す食べ合わせがあります!

 

それは、玉ねぎやニンニク、ニラと組み合わせる ことです。

 

これらには、ビタミンB1のエネルギー代謝を助ける、アリル化合物が含まれていて、素晴らしいアシストをしてくれます。

 

 

 

豚肉の調理法は多様

 

 

豚肉は、火をきちんと通さないと食することができません。でもその調理法は多岐に渡り、とても万能です。

 

炒め物に、煮物に、茹でても、蒸しても美味しくいただけます。

 

味付けした細切れ肉をボウル状にして、片栗粉をはたいて揚げれば、から揚げになります。

 

本来は合挽き肉で作るハンバーグも、豚挽き肉100%に変えたら、これもまた香ばしくて絶品ですよ。

 

 

 

新鮮で美味しい物の選び方は?

 

 

淡いピンク色をしているか、少し灰色がかっている物で、表面にみずみずしい光沢があるものを選びましょう。

 

ただし黒豚系は、ピンクというより赤みが強く出ます。

 

また脂肪の部分は、黄色みがかってなく、ハッキリとした白いものを選んで下さいね。

 

肉と脂肪の境目がはっきりしているのが理想です。

 

たまに、ドリップという汁が出ていることがありますよね。あれは、血ではなく細胞液で、旨味も一緒に出てしまっています😲

 

ドリップが出ている豚肉は極力避けるべきです。

 

 

 

豚肉が傷んでしまった時の状態は?

 

 

この豚肉食べても大丈夫かな?と判断に迷ったときは、次の基準で確認してみて下さい。

 

見た目が、緑色っぽくなっている「グリーンミート」の状態になっていたら、すでに腐敗が始まっている証拠です。

 

酸っぱい臭いやアンモニア臭がする、触るとヌルヌルしていたり、ネバネバする、糸を引く。

 

もちろん、カビが生えているときはアウトです。

 

加熱すれば食べれられるかも…と思かもしれませんが、細菌やウィルスといった毒素は加熱では死滅しません!

 

怪しいなと思ったら、潔くさよならして下さい。

 

 

 

豚肉の保存方法は?

 

 

もちろん常温保存はできません。

 

その日のうちに使うなら、買ってきたパックのまま冷蔵庫に入れても良いですが、数日間持たせたいと考えるなら、次の手順で。

 

① ドリップをキッチンペーパー等で拭き取る。

 

② ラップにくるむ。(厚切り肉なら1枚ずつ、薄切り肉なら1回に使い切れる分ずつ)

 

これで、1週間ほどは持つでしょう。ただし夏は腐敗しやすいので、もう少し早めに使い切って下さいね。

 

 

もっと持たせたいと考えるなら、買ってきてすぐに使わない分は、冷凍することをお勧めします。

 

基本的には、冷蔵の場合と手順は同じです。ラップでくるんだ後、更に保存袋に入れ、なるべく空気を抜いてから保存して下さいね。

 

これで、約1ヶ月ほどは持ちます。

 

 

 

 

 

 

 

疲労回復メニューとして、「ポークソテーの玉ねぎをソースがけ」をご紹介するとともに、豚肉の栄養素や効能についてもお話ししてきました。

 

 

非常に優れた食材であることがお分かりいただけたと思います。

 

 

老若男女大好きな豚肉を美味しく味わいつつ、健やかな体を目指してみませんか。

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ