産後太りから授乳中激ヤセの方必見!その時注意すべきことは!私の体験談!

出産すれば体重は元に戻ると思っていたのに、産後太り。でもそれが、授乳でみるみる痩せていっちゃう~~!!

 

 

激ヤセで心配されてるあなた!…でも…もしかしたら、それは序章に過ぎず、対策を取らないと、

 

 

「産後太り→授乳中激ヤセ→その後また激太り」と、“ジェットコースター” のように、目まぐるしく体重が増減してしまう可能性が!!

 

 

私は実際、そんな経験をしました。あなたが私と同じようにならない為に、体験談をとおして、産後にうまく体重管理をするためのポイントをお話ししますね😊

スポンサーリンク

 

 

 

妊娠中に14キロ増!

 

 

 

 

初めての妊娠のとき。もともとはいわゆる「標準」、中肉中背体型だった私です。

 

 

妊娠初期は、恐怖のつわりで 3~4キロほど体重が減ってしまいました。

 

 

その後安定期に入ると、反動で食べまくってしまい、気付けば14キロ増に。でも “きっと出産すれば、体重は元に戻るはず!”  と…。

 

 

産後、初めてのシャワー後に恐る恐る体重計に乗って、びっくり😲

 

 

“たった5キロしか減ってない…”

 

 

そりゃそうです😅赤ちゃんが約3キロ、胎盤等々が2キロ程度のもの。あなたがただ単に食べ過ぎただけよ~~

 

 

もちろん、妊娠前にモデル体型のように痩せ気味だった人は、その食べ過ぎで正解ですよ😉赤ちゃんの生育のために。

 

 

でも、私のように標準体重の人にとっては、もう少し抑えてよかったのは、間違いありません…。

 

 

 

 

授乳で疲れ果て20キロの激ヤセ!

 

 

さて、怒濤のように新生児育児が始まりました😨

 

 

初めてだらけで、毎日不安との闘いです😣

 

 

「授乳がこんなに大変なんて聞いてなかったよー!!」などと、愚痴を言うヒマさえなく…

 

 

気付けば、体重はどんどん減り、妊娠前、つわり後、更には今までこの身長になって一番軽い体重まで落ちていました😨

 

 

その当時の写真を見ると全く「別人」です。寝不足なので目の下に隈ができ、青白い顔をしてますが…。

 

 

結果的に、産後9ヶ月ほどで、20キロ近く体重が減っていました。

 

 

 

 

産後は炭水化物と糖分メインの食生活

 

 

 

 

とにかく授乳中はのどが渇き、お腹が空きます。のどの渇きは、ペットボトルの麦茶でしのいでたんです。手軽ですしね😉

 

 

ちなみにブレンド茶は、私が好みではないので飲まなかっただけで、カフェインの抑えられていて糖分の入っていない飲み物なら何でもいいですよ!

 

 

 

問題は、食・欲😱!!

 

 

 

産後病院では、美味しい栄養満点の食事が出されていたため、残さず食べていました😋

 

 

“こんなに食材と品数が必要なんだなあ~” と思いつつ、

 

 

“家でこんなに用意するのって、まぁ無理よね…” と、その当時から思ってはいましたね。

 

 

退院後にも、実母が1ヶ月半いてくれたので、栄養の偏りなく食事ができていました😌

 

 

 

・・・そのあとです!!!

 

 

慣れない赤ちゃんの世話で精一杯だった私は、空腹を満たすために食べ始めたものが「炭水化物」のオンパレードでした。

 

 

おにぎりに菓子パン!とにかく手軽で、お腹一杯になるものをと。

スポンサーリンク

 

 

でも 授乳している間は、そんな食生活でも体重が激減していった わけだったんですけどね!

 

 

とにかく外にも出掛けられず、子育ての緊張と寝不足で疲れ切っていた私は、更に糖分を欲し。

 

 

…甘いものを食べて、毎日毎日自分の心を癒すしか方法がなかったんです…😢

 

 

 

 

今度は半年で10キロ以上も体重増!

 

 

 

 

産後1年を過ぎた頃。

 

 

“あれ?”

 

 

あんなに体重減ったのに・・・どんどん増えてきてる!!

 

 

娘も赤ちゃんを徐々に卒業を迎え、おっぱいから離乳食、幼児食へと移行しつつあったときです。

 

 

当然、授乳回数も、1回につき飲む量も減りますよね。

 

 

でも~私の食欲は落ちなかったんです😱

 

 

いったん大きく大きくなってしまった胃袋は、簡単には元に戻らない…しかも相変わらず、炭水化物と糖分のオンパレード!

 

 

今度は一気に、半年ほどで10キロ以上増!!😭目も当てられない…

 

 

まだ30代前半と若かったため、当時流行っていたバナナダイエットなどをして、妊娠前の体重に戻してみたりしましたが…

 

 

やはりリバウンドを何度も繰り返すといった状況でした😢

 

 

<私の体重の増減、もう一度まとめ!>

 

 

※妊娠時、14キロ増

→産後9ヶ月(授乳疲れ)で、20キロ減

→産後1年過ぎから半年で、10キロ以上増

→その後、ダイエットしてはリバウンドの繰り返し…

 

 

 

 

産後の激ヤセ激太り対策は!

 

 

 

 

産後太りから、授乳中に激ヤセしてしまったあなた! 私のように失敗しないためにすべきことは・・・

 

 

まず第一に、旦那さんを始め、実の両親、義理の両親など 誰でもいいので頼って、自分の時間を少しでも作ることです!!

 

 

自分一人だけで、24時間365日体制で育児をしていたら、それ以外のことを考える時間もなく、あなたの頭の中を整理する暇も隙すらないでしょう?

 

 

人って、極度の睡眠不足とストレスを溜めると、無意識に糖分で埋めようとするんですよね。

 

 

糖分を摂ると、そのときは多少ストレス解消になった、空腹をしのげたと思っても・・・後々、あなたの体に響いいてしまうんです!

 

 

体重が増えるのはもちろん、「痩せにくい体質」へと変貌していきます(@.@;) ←これは絶対避けたい!!!

 

 

本来、野菜をはじめミネラル分と、お肉や魚、大豆などのタンパク質、そして炭水化物と、全てをバランス良くとって、空腹を満たすべきなんですよね!

 

 

なので、育児を誰か周りの人に頼ると同時に、

 

 

その時間で、外にバランスの良いものを食べに行くも良し(できれば一人で落ち着いて)、やってくれる人がいるのなら、人に作ってもらうも良し。

 

 

また、まとまって落ち着ける時間を作ってもらい、気分転換をかねて、自分で料理するのも良いと思いますよ!

 

 

とにかく一番体にとって良くないのは「ストレス」です!!それが、かたよった食欲につながってしまうので。

 

 

今激ヤセの真っ最中なら、尚のこと助けが必要。栄養のあるものを摂ってくださいね。

 

 

まずは、一人で抱え込まず、周りに助けを求めて下さい!

 

 

私の経験上、そこが、体重のあり得ない増減を繰り返さないための『鍵』です🔑

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ