さつま芋のモソモソは「さつまいものレモン煮」で解決!さっぱり栄養満点レシピ

さつまいもって、焼き芋、大学芋、天ぷら、栗きんとん、スイートポテトなど意外にアレンジも効くし、栄養もたっぷりの野菜です。

 

 

私は大好きなのですが、小学生の息子はちょっと苦手…モソモソすると>.<

 

 

“それはホクホクよ!” と思うのですが、争っても仕方ないので、何か息子でも食べられるメニューを!と考えた末にたどり着きました。

 

 

「さつまいものレモン煮」―― 優しい甘さと、爽やかなあと味でさっぱりいただけますよ!さつま芋の栄養や効能など「マメ知識」もあわせてどうぞ。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

「さつまいものレモン煮」レシピ

 

 

■所要時間(調理時間のみ) 15分

 

 

 

材料(4人分)

 

 

さつまいも  1本

 

レモン  1個

 

砂糖  大さじ4

 

塩  少々

 

水  250~300ml

 

 

 

作り方

 

 

① レモンを横半分に切り、一方は皮を全てむき、4等分の輪切りにして種を取る。残り半分もできるだけ種を取る。

 

 

② さつまいもをしっかり洗い、皮はむかずに1センチの輪切りにする。

 

③ ②をボウルの水に浸して、あく抜きをする。(15分~)

 

④ ③を水から引き上げ、厚手の鍋に並べる。塩と砂糖を振りかけ、蓋をしてしばらく置く。(15分~)

 

⑤ 蓋を開けてみて、さつまいもから出た水分で、砂糖が溶け始めていたら、水を加える。

 

 

⑥ ⑤を強火にかけ、沸騰し始めたら、弱火にして、①で輪切りにした方のレモンを上に並べる。落し蓋をして、更にずらして鍋の蓋をする。

 

 

⑦ 7分ほど煮たら、さつまいもの煮え具合をみる。竹串でスッと刺さればオッケー。もし、まだ固いようなら、2~3分追加で火にかける。

 

 

⑧ さつまいもが煮えたら、火を止め、残りのレモンをギュッと絞る。そのまま鍋止め。

 

⑨ あら熱が取れて落ち着いたら、器に盛る。

 

 

 

 

 

おいしく作るためのポイント

 

 

【レモン】

 

国産の場合は、皮を使うわけではないので、さっと洗うだけでオッケーです👌

 

海外産は、やはり気になりますよね。粗塩で皮をこすって、水で洗い流してから、使用して下さいね。

 

 

【サツマイモのあく抜き】

 

本格的な正月料理の栗きんとんを作る本など見ると、半日(一晩)かけて行うなんて書かれてることもあります😲

 

なかなか普段の煮物で、そこまで時間はかけられないですよね。

 

その日の調理の最初に、さつまいもを輪切りにして、水に浸けておく程度の時間でも 大丈夫です。

 

何なら、洗い流す程度でもだけでもいい!でも、この手間を全省略はしないで下さいね。

 

煮てるときに、煮汁がにごってしまったり、出来上がりがよくありません😌

 

 

ちなみに、鍋はなるべくなら酸に強く、厚手のル・クルーゼのようなものがお勧めです。

 

じっくり火が通るので、美味しさが違いますよ。

 

 

 

アレンジは?

 

薄切りした「りんご」と一緒に煮ても美味しいです😋

 

レモンで色止めをしているので、りんご自体もきれいな色のままです。

 

 

また「プルーン」を加えても。便秘に効くと言われているプルーン。

 

子供にはその甘酸っぱさや、食感が苦手なことがありますよね。でも一緒に煮てしまえば、とても柔らかくなり、味も優しくなりますよ😊

 

もしお子さんの便秘にお悩みでしたら、是非お試し下さい!ただし、色はちょっと悪いですけど(>.<)

 

 

このレシピは、さつまいもが柔らかいのにモソモソ感がないので、とても食べやすいです✌

 

わが家の息子は、普通の煮物では、まったく箸が進みませんでしたが、レモン煮は大好き。

 

栄養たっぷりの「皮」も気にならずに食べられるという、利点もありますよね。

スポンサーリンク

 

 

もしも、サツマイモの “ねっとり感” がお好きなら、このレシピの水分量を減らして、更に煮詰めれば、砂糖の作用でとろんとして、ねっとり食感になります。

 

砂糖の代わりに、水飴を使っても。お好みなら、お試し下さいね😊

 

 

 

 

「さつまいも」のマメ知識

 

 

そもそもさつま芋が嫌いなら、無理に食べなくてもと思われるかもしれません。

 

 

でも、さつまいもには大切な栄養素がたっぷり詰まっているのです。栄養・効能、取扱い方法などご紹介しますね。

 

 

 

 

 

さつまいもの栄養・効能は?

 

 

なんといっても、食物繊維ですね。カルロースといって、じゃがいもの2倍。ご存じの通り 便秘解消に役立ちます!

 

胃や腸の消化酵素の分泌を助け、腸をきれいにし、大腸がんの予防 に役立ちます。

 

次に意外ですが、ビタミンCがりんごの7倍も含まれており、抗酸化作用 があり、シミ・そばかすを防ぎ、肌がなめらかでハリを持たせてくれます。

 

更に利点としては、さつまいもはでんぷんに保護され、加熱してもこのビタミンCが壊れないのです。

 

 

また、老化予防をしてくれ、活性酵素を除去してくれるβーカロテン、ナトリウム(塩)を排出し、

 

高血圧の予防、むくみ防止効果 のあるカリウム、骨や歯を丈夫に してくれるカルシウム等も含まれています。

 

 

さつまいも独特のものといえば、切った時に出る白い液体「ヤラピン」。胃の粘膜を保護し、腸の動きを促進 してくれます。

 

 

 

栄養を損なわない調理法は?

 

 

皮ごと食べる ことをお勧めします!

 

皮の部分には、ヤラピンやビタミンC、カルシウムが特に多く含まれているからです。

 

また、皮ごと食べることにより、でんぷんを分解し、消化が良くなります。

 

煮物、天ぷら等の揚げ物、炒め物、お味噌汁などいろいろな料理に使えますが、皮をむかずに調理して下さいね。

 

 

 

新鮮で美味しい物の選び方は?

 

 

まずは見た目。皮の色が均一で鮮やかな紅色をしており、ツヤがあり、表面に凹凸や傷、黒く変色しているはん点がないもの。

 

ふっくらとして太いものなら、なお良いです。

 

更に、糖度の高い証拠である「あめ色の蜜」が切り口から染み出ていて、べとついていたり、黒い蜜あとのあるもの。

 

(この黒い蜜あとは、料理の際は削ぎ取って下さいね。そうしないと、口に入れたときにジャリジャリジャリします。)

 

最後に、ひげ根が少なく、ひげ根のあとが均等なもの。持ったときに、ずっしりと重いものも美味しい証拠ですよ!

 

 

 

さつまいもが傷んでしまった時の状態は?

 

 

こんな状態が見られたら、傷んでいる証拠なので、あきらめて下さい。

 

 

酸っぱい臭いがする。

 

触るとベタベタする。

 

皮にシワやヨレが出ていて、色がくすんでいる。

 

手に取ると、柔らかくてフカフカしてたり、グニョグニョしてたりする。

 

一部または全体にカビが生えている。

 

(一部でも、見えないカビが生えていたり、内部にまで浸透している可能性があります。)

 

加熱しても、カビなどの毒素は死滅しないので、食べないようにして下さいね。

 

 

また、切ったときに、黒い「はん点」が見られることがあるかもしれません。

 

これは腐ってはいませんが、低温障害を起こしています。味が落ちていますので、食べないことをお勧めします。

 

 

 

さつまいもの保存方法は?

 

 

さつまいもは、適温が10~15℃で、多湿を嫌います。

 

そもそも、温暖で水はけの良い土地で栽培されている野菜なので。

 

まずは呼吸ができるようにビニールから出し、くしゃくしゃにした新聞紙でくるみ冷暗所で保存して下さい。

 

土が付いているなら、そのまま洗わずに。

 

この 適温の環境なら、数ヶ月は持ちますよ!

 

逆に真冬は、冷暗所だと寒すぎて低温障害を起こしてしまうので、冷蔵庫の野菜室の方がましかもしれませんね。

 

生のまま冷凍はできませんが、加熱していれば、冷凍は可能 です。

 

蒸かして、つぶした状態で冷凍保存しておけば、すぐにスイートポテトが作れて便利ですよ😉

 

 

 

 

~さつまいもは、思った以上に栄養素が豊富なのですね。長持ちもするし、便利な食材です。

 

 

どうしても、あのモソモソ食感が嫌われることがあるようですが、調理法でそれは克服できます!

 

 

その一つに「さつまいものレモン煮」を加えてもらえれば嬉しいです^^

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ