子育て支援センターってどんな所?元職員の私が利用方法をアドバイス!

子育て支援センターって、仲のいいママ友たちが集まっておしゃべりしてる、そんなイメージが強かったりしますよね?

 

 

また、行くべきなの?行かなくても良いの?いつから行っていいの?…等々、いろいろ分からないこともあるかもしれません。

 

 

そんなあなたの疑問に、元職員の私がお答えします!子育て支援センターを、上手に利用するためのアドバイスも、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

 

 

 

 

子育て支援センターってどんなことをするの?

 

 

子育て支援センターでは、ママが子育てで悩んでいること全般に対して、相談を受け、アドバイスを行っています。

 

 

特に相談時間を設けなくても、センター内にいる職員に、直接話しかければOK!職員の中には、保育士さんもいるので、気軽に相談しやすい場所になっていますよ。

 

 

また、マタニティママや、子育てママが参加できるイベントが開催されています。

 

 

絵本読み聞かせや、手遊び歌など、子供といっしょに体験できるものや、託児に子供を預けて、ママだけで体験できるイベントもありますよ!

 

 

さらに、地域の情報が支援センターに掲示されていたりと、地域のイベントも知ることができるんです!

 

 

そのほか、私が働いていた支援センターでは、季節の行事はもちろん、年に1回子育てイベントとして、出店もありました。

 

 

他にも、人気キャラクターのステージや、ペーパークラフトを作ったり、サンタさんと写真を撮ったり、地域の保育園児や小学生が合唱などを披露したりする「子育てフェスタ」が開催されていましたね。

 

 

このように、子育て支援センターは、子育て中のママの負担を少しでも減らし、子供といっしょに楽しく過ごせるためにあるのです!

 

 

 

 

子育て支援センターには行った方がいいの?

 

 

 

 

子育て支援センターは、必ず行かなくてはならない所ではありません。でも、行くメリットはたくさんありますよ。

 

 

職員と話をすることで、授乳や離乳食など、子育てに関する相談 が出来て良かった!・・・とか、一人でモヤモヤしていた育児の悩み事が解決されたと、よく喜ばれましたね。

 

 

地元ならではの保育園の情報 を教えてもらうことができた!」と言うママもたくさん見ました。

 

 

子供の遊びに関しては、家よりも広い空間で、家にはない遊具やおもちゃで、身体をいっぱい使って遊ぶことができるのも、支援センターの良いところですよね!

 

 

どんなおもちゃが良いかわからなかったけど、支援センターにあるおもちゃで遊ぶ様子をみて、同じ物を買ってあげたとか。

 

 

子供とどう遊んだら良いかわからなかったけど、いっしょに手遊び歌ができるようになった!・・・等々、センターには「遊びのヒント」がいっぱいです!

 

 

家で遊ぶと、どうしても “それはダメ!” “これは危ない” と叱ってばかりになりやすいですが、支援センターでなら、そんな必要もありません。

スポンサーリンク

 

 

実際、私自身も今、1歳の娘の子育て真っ最中なんですが、雨の日でも、支援センターに行ってのびのび遊んで、私も子供もストレス発散しています^^

 

 

あとはやはり、地域のママと顔見知りになる ので、何回か通ううちにママ友として仲良しになり、支援センター以外でも交流を持つことができた!というママは多いですね。

 

 

このように、何かしらメリットを見つけ出すことができると思いますよ^^

 

 

訪問は無料ですし、続けて通わなければいけない訳でもありません。まずは、お試しに一度行ってみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

子育て支援センターはいつから利用できるの?

 

 

子育て支援センターは、基本的に、何歳からでも利用することができます。

 

 

ただ、生後1ヶ月や2ヶ月で行くよりも、5ヶ月くらい頃の、お座りやハイハイが出来るようになってからの方が、安全の面で、周りに子供さんがいる中で遊ぶには良いと思うんです。

 

 

上の子が3歳くらいで、上の子を遊ばせるために、2ヶ月や3ヶ月の赤ちゃんを連れてきているご家庭もありますけどね。

 

 

今私がよく行く子育て支援センターでは、ハイハイから歩けるようになった子供の広場、1~3歳までが遊べる遊具、3歳~小学生が遊べる遊具、小学生以上が体いっぱい遊べる場所・・・のように、年齢ごとに遊び場が分かれているんですよ。

 

 

空間ごとにカラーボックスで仕切られて、大きい子供たちと小さい赤ちゃんが、同じスペースで遊ぶことがないようになっていますし、それぞれの遊具に職員さんがいるので、安心して遊ばせることができるんですよね。

 

 

もし、お子さんがまだ小さいならば、近くの支援センターを見学に行って、遊び場が年齢ごとに分かれているか、または、仕切りは無くても、大きい子供たちから安全を守れそうな空間になっているかを、ぜひ確かめてみて下さい^^

 

 

 

子育て支援センターに行ってみよう!

 

 

 

 

子育て支援センターと一口に言っても、日本全国どこに行ってもまったく同じというわけではありません。

 

 

地域密着型のタイプから、週末にいろんな地区から集まって遊べるような大規模なタイプと、いろいろなセンターがあります。

 

 

でも、だからこそ、何ヶ所かを見てみれば、必ず自分にあったタイプの支援センターがあると思うんです!何となく “居心地いいな~” と思える所とかね。

 

 

ちなみに、自分の住んでいる地域以外の所でも、出入りは自由ですので^^

 

 

最初は構えてしまって、“気が乗らないなぁ…” と思われるかもしれませんが、行くだけでも気分転換になったり、良いことがきっとあるはずです!

 

 

お子さんがハイハイしたり 少し体が動かせるようになったら、ぜひ一度足を運んでみることをオススメします。子育ての負担を軽くするために、上手に利用して下さいね。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ