そろそろ小学校の入学準備!勉強が心配…何をすべきなの?私の体験談!

“うちの子小学校の勉強ついていけるかな?” “何か準備しておかないとダメなんじゃ?”と心配なあなた。

 

 

周りでも、塾に通わせ始めたり、通信教育を受け始めたり、ドリルを買ったりなんて話を聞くと、余計に焦りますよね!

 

 

文字の読み書き、数字の読み書き、数え方、できれば計算まで…。

 

 

でも、少しだけ待って!本当に小学校入学までに、そこまで出来ていないといけないのでしょうか?

 

 

この春、子供を小学校に送り出したちょっぴり先輩ママから、

 

 

今どきの幼稚園・小学校の指導内容と、実際にわが家がどんな勉強の準備をして来たのか、体験談をお話ししますね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

勉強の小学校入学準備は指導が大きく変わった!

 

 

 

 

この春、下の子(息子)が小学校に上がりました😌

 

 

入学準備については、昨年の秋ごろから数回、入学予定の小学校で先生から話を聞く機会があったんですね。

 

 

そこで聞いた内容は、6年前の上の子(娘)の時とは、だいぶ変わってたんです😲一言で言うと、

 

 

 

「小学校を嫌いにならないために!」

 

 

 

~このことに、幼稚園も、小学校も、力を注いるのがよく分かりました😌

 

 

歩き回ったり、先生の話を聞けない等、小1問題がクローズアップされた時期がありましたよね!

 

 

これを少しでも解消するための改革ですね。

 

 

 

幼稚園や保育園は「遊び」の中から、社会性を身に付けていくことを中心に、保育内容が考えられています。

 

 

ルールを守るとか、相手の気持ちを考えるとか。人として大切ですよね。

 

 

今の小学校は、そのことをきっちり踏まえて、

 

 

「さあ、お勉強よっ!!」

 

 

・・・と、いきなりなるのではなく、

 

 

まずは遊びを取り入れつつ、新しい環境に慣れさせることを大切にしています。

 

 

それから徐々に机に向かっていく。でもお勉強といっても、線や丸を書くことから始めるんです。

 

 

 

“なーんだ、小学校って怖いところじゃないんだ!”

 

 

 

そう子供たちに理解させるのが目的なんですね。

 

 

だから、幼稚園で何度も言われたのは、

 

 

 

「入学前に焦らないで!」

 

 

 

読み書きや計算が、小学校入学前にできるようになっていることよりも、

 

 

勉強自体を恐怖に感じたり、嫌なものにならないようにする、

 

 

ひいては「小学校に行きたくない!」という気持ちを持たせないようにする、

 

 

ここが一番大切!だと。

 

 

なので、前もって勉強を教えておかなくちゃ!等と考える必要はない、とのことなんですね。

 

 

“あら~ここ数年でずいぶん変わったもんだなぁ…” って、思いましたよ。

 

 

 

 

小学校入学準備としての勉強はどのようにしておいたらいい?

 

 

でもでも・・・です!!

 

 

文字や数字の存在を知らなかったら、興味を示すこともできませんよね。

 

 

なので、幼稚園や保育園ではもちろん、それらの紹介や働きかけはしています。

 

 

働きかけたとしても、受け取り方はその子その子で自由。

 

 

興味を示す時期だって、違います。

 

 

あくまでも、決して無理強いはしないこと。

 

 

ただ、わが子が興味を示し始めたら時期を逃さない!これに限りますね。

 

 

そこで、そんな幼稚園の方針にもとづいて、実際にわが家が、塾やドリルに頼らずにしてきた方法をご紹介します!

 

 

子供が文字や数字に対して興味を伸ばすのに、効果ありましたよ(*^-^*)

 

 

 

◆◆文字の読み書き◆◆

 

 

これは、「絵本の読み聞かせ」これに尽きます!

 

 

どの先生に方法を聞いても、見事に同じ回答でした。

 

 

幼稚園でも毎日していると思いますが、ぜひぜひお家でも読んであげて下さいね!

 

 

文字ばかりを目で追ってしまう大人と違って、子供たちは、音を耳で聞きながら、絵をたっぷり楽しんでいます。

 

 

すると、自然に文字にも目が行くようになり、平仮名の読みができるようになるんです。

 

 

年少から年中あたりで、すでに効果が見えますよ。カルタをさせると、よく分かりますよね😊

 

 

 

 

あと、賛否両論あると思いますが、私的には「テレビ」もかなり役に立っている気がします。

 

 

息子は、音を聞きつつ、映像やテロップをみながら、いつの間にか読める文字が増えてました。

スポンサーリンク

 

 

子供にとっては、平仮名も片仮名も漢字もローマ字も関係なく「全て文字」なので、よく使われるものなら漢字だって読めるんですね。

 

 

その後は、もう質問責め😅

 

 

「これなんて読むの?」

 

 

“はあ、面倒…” と思っても、答えることで、脳の柔軟な子供はどんどん吸収していくので、ここは頑張りどころですね💪

 

 

 

 

ちなみに息子は、「読み方」にはそんなに興味を持つのに、「書くこと」にはさっぱり興味を示さなかったんですよ😢

 

 

幼稚園の働きかけとお友達の影響で、年長の終わりになって、ようーやく書き始めました^^;

 

 

でもひとたび興味が湧いてからは、親の私は、本人に求められるままに、見本の文字だけせっせと書いてます。

 

 

小学校入学準備としては、この程度で大丈夫なんです!

 

 

 

 

 

◆◆数字や計算◆◆

 

 

数字の数え方は、幼稚園や保育園でも、ことあるごとにやらせていると思います。

 

 

並んだら、一人ずつ順に番号を言わせるとか。玉入れをしたら、みんなで数を数えるとか。

 

 

おやつで「一人何個ね」と指示して、本人に取らせたりとか。自然に身に付いてますよね。

 

 

小学校で求められているのはここまで!

 

 

だから、全然問題ありません。

 

 

年長の保育参観や行事を見に行けば、ちゃんと数が数えられていることが確認できますよね。

 

 

更に「計算を!」と焦っているママもいると思います。

 

 

ここで注意を!大人になっても数学好きだったり、得意としている人に聞くと必ず言うのが、

 

 

「数学は覚える教科ではない!」と。

 

 

公式を必死で覚えた記憶ありませんか?私もその一人です。

 

 

でもそういう人は、漏れなく数学苦手…(>.<;)

 

 

公式の意味が分かれば、それで良いのだそう。暗記ではなく、理解ですね😌

 

 

たから、1+1=2なんて、数字で覚えさせるなんて最悪なんですって!

 

 

 

 

そこで、数に興味を持たせるために、わが家で夫と息子がやってた遊びがあるんです。

 

 

名付けて『おばけさんゲーム!』

 

 

二人で布団の中にもぐります。

 

 

そして、「おばけさんがバスに何人乗ってます!」

 

 

「バス停で何人乗ってきました!」「次で何人降ります!」「さて、最後までバスに乗っているのは何人?」

 

 

~なんて感じの遊びです。

 

 

真っ暗なお布団の中で、キャッキャッ言いながら楽しんでました🎶

 

 

こんな感じで、足し算や引き算の理解ができているんですよね。

 

 

ちなみに、その勢いで掛け算にも入れますよ。もちろん、二三が6なんて覚えさせません。

 

 

「いちごが2個入っているカゴが3つあるよ!」「全部でいちごはいくつ?」

 

 

・・・九九なんて、小2になったら当然暗記させられます。

 

 

だから、掛け算そのものを理解しているなら、暗記はその時で充分なんです。

 

 

結局、計算式のようなものは何も覚えさせずに、息子は小学校入学を迎えました。

 

 

 

 

勉強の小学校入学準備は焦らなくて大丈夫!

 

 

 

 

勉強面で、小学校の入学準備を心配しているあなた。今どきの指導によれば、入学前までにやっておくべきことは、

 

 

絵本の読み聞かせや、いっしょに数を数えるなどの働きかけ!

 

 

でも絶対に、無理強いはしない!

 

 

子供からサインが出されたら、逃さないで、その好奇心に付き合う!

 

 

本当にこれだけです😊

 

 

「他の子たちから遅れをとっては困る!」「先に先に!」と焦るのは、親の気持ちであって、

 

 

必要なことは小学校で、順を追って、ちゃんと教えてくれるのですからね。

 

 

少しでも先に行こうと無理して、子供が興味を失ってしまえばそこまで。

 

 

それよりは、まず「充分に興味をもたせる」ことの方が、後の伸びしろがグンと広がると、私自身そう思っています。

 

 

子供の人生は、まだ始まったばかり。

 

 

小学校に上がり、「勉強」という新しい世界のスタート地点に立ったお子さんを、温かく見守ってあげましょうね😊

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ