小学校の入学準備として部屋は必ず必要?わが家の娘の反応は…体験談です!

“小学校の入学準備として、子供にお部屋を作ってあげるべきでは?” とお考えのあなた。

 

 

集中して勉強して欲しいし、特に女の子なら、お年頃になれば着替えの問題も出てくるし、当然そう思いますよね。

 

 

わが家では、小学校入学と同時に、娘に部屋を与えたのですが、結局、卒業まで充分に使われず終いでした。

 

 

娘がどのように反応したのか、親として反省点も含めて、お話ししたい思います。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

小学校入学!当然のごとく娘の部屋を準備!

 

 

娘はこの春、小学校を卒業し、中学生になりました💐

 

 

わが家にとって一人目の子であり、しかも女の子。

 

 

6年前、小学校の入学準備をしていた当時は、ランドセルや文具品を用意するように、ごく自然に「部屋」を用意してあげたんです😊

 

 

寂しがり屋の性格なので、考えた末、リビングと障子で仕切っているだけの和室を、彼女の部屋にすることにしました。

 

 

そして、それまで使っていた彼女専用の洋服ダンス、おもちゃ箱、絵本棚を、リビングから移動。

 

 

机と棚のセットも、チラシやネットを見たり、店を何軒ものぞいて、本人と夫と3人で話し合って買いました!

 

 

もちろん、イスも直接座らせて決めましたよ。どれも、本人納得の品です😆

 

 

ちなみに寝るのは一人では無理😭ということで、ベットの購入は先送りでしたが。

 

 

 

 

小学校に上がれば部屋が必要と思ったのに

 

 

 

 

ところが、実際に生活が始まると…

 

 

リビングの隣という配置が悪かったのかもしれませんが、障子は常に開けっぱなし。気付けば、境目がなくなっていました😲

 

 

逆に言うと、部屋の中の様子が分からなくて困るということはなかったんですけど…^^;

 

 

ランドセルは自分の部屋でなく、リビングに置きっぱなしで😣宿題を取り出し、ダイニングテーブルの上で始めてしまいます。

 

 

最初は、私が何度かうながし、ランドセルを自分の部屋に持っていかせて、

 

 

「せっかく○○ちゃんが気に入って買った机なんだから!」

 

 

と、机で宿題をするようにうながしてました😣

 

 

ですが結局今って、低学年のときは必ず、親が宿題の丸付けをしないといけないんですよね。

 

 

“私たちが子供のころはそんなことなかったよ…”と思うママもいると思いますが、もう全国的にこの傾向です。

 

 

「親にも、子供が今どんな勉強をしているのか関心を持って欲しい」

 

「どの程度理解しているのか知っていて欲しい」

 

 

という国の考えなんだと思います。

 

 

というわけで、たとえ部屋で宿題をしても、丸付けをしてもらいに、私がいるリビングにやってくるんです。

 

 

更に、音読も聞いてあげなきゃいけません。

スポンサーリンク

 

 

明日の準備をいっしょに見てあげたり…なんてしてたら、いつの間にか、

 

 

“リビングで宿題をさせていた方が便利なんじゃ?”

 

 

と感じるように。

 

 

そうなると机の上は、荷物が乱雑に置かれたままの状態で、ホコリをかぶるようになってしまいました😭

 

 

いつか部屋が使われる日を夢見て、私が、たまった荷物を棚に戻したり、ホコリをはらい拭いてあげたりといった感じで、

 

 

お部屋は、とても残念な姿に…。

 

 

また娘の趣味は、イラストを描くことなのですが、それもやっぱり画材を全部持って来て、リビングで絵を描いてました😢

 

 

中学年になり、お年頃になれば部屋にこもるはずと思ってましたが、予想に反し…

 

 

結局、卒業までずっと、勉強はダイニングテーブルで。趣味はリビングででした😢

 

 

ただ着替えだけは恥ずかしいのか、その時だけは障子を閉めて、部屋で着替えるといった具合で。

 

 

せっかく作ってあげた部屋は「更衣室」と「物置」のお役目しかなく…机と棚は、ほったらかし😭

 

 

もともとの寂しがり屋の性格もあるとは思いますが…こんな扱いになるとは、私たち夫婦もまったく想定外でした。

 

 

 

 

小学校入学準備として部屋が必要かは子供をよく見て

 

 

 

 

これから、“小学校の入学準備として、お部屋を用意してあげなくちゃいけないのでは?” と考えているあなた。

 

 

まずは与える前に、お子さんの性格を良く観察してみて下さい。

 

 

どうですか?寂しがり屋さんだなぁと思ったら、まずは部屋を用意せず、様子見をしても良いと思いますよ😌

 

 

それにリビングで勉強させるのも、確かに良い面がありますしね!

 

 

丸付けが楽だし、何より進み具合がよ~く分かりますので😌

 

 

 

ただし、ママが家事をしていたり、下の子がいたりすれば、自然とガヤガヤした状態になってしまいます。

 

 

娘はそういう音が全然気にならない子でしたが、勉強に集中できなくなってしまうようなら、やっぱり部屋があった方が良いのでしょうね。

 

 

また逆に、独立心のある子でも、部屋に入ったら、漫画やゲームに気を取られて全然進まない、なんてことも有り得ます。

 

 

その場合は、部屋がない方が良くなってしまいますよね。

 

 

要は本当に、子供の性格次第なので、部屋を準備する以前から、よく見ておいてあげるとよいと思います。

 

 

 

ちなみに、主婦目線から話をすると、部屋を作らないと、いつまでもリビングに子供のものが散乱していて落ち着きません。

 

 

なので、結果的にわが家がそうなってしまったように、

 

 

個人の物置として、プラス、更衣室のためと割り切って、部屋を作ってあげておくのも、手です。

 

 

普段は活用していなくても、一応部屋があれば、お友達が遊びに来たときに、リビングでなく、部屋に通すことも出来ますしね😅

 

 

最後に、娘との6年を通して感じたことは、

 

 

私は、勉強は部屋ではなく、ダイニングでやらせて良かったと思ってます。進捗状況が分かるので。

 

 

でも、「部屋を作ってあげたからには、掃除や整理はきちんと自分でさせる!」――これだけは守らせた方が良かったなぁ~と思っています。

 

 

私は手を出し過ぎてしまいました。ここは反省です😌

 

 

小学校入学準備の中でも、お部屋のことは大変ですけれど、ぜひお子さんの性格や状況に合わせて、ふさわしい環境を作ってあげて下さいね。

スポンサーリンク

タグ:      

カテゴリ:小学生 

管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ