トイトレが幼稚園入園に間に合わないと焦っちゃう?! 悩まないで!私の体験談!

“トイトレが幼稚園入園までに間に合わないどうしよう!” と気が気でないあなた!ほんとその気持ち分かります。

 

 

私も下の息子のとき、焦りまくった一人なんです。どう対処したか、その時の気持ちも交えてお話ししますので、よかったら参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

 

 

 

 

息子の入園間近!トイトレを試みるも…

 

 

 

 

上の娘も通っていた幼稚園。その当時から、入園要項にも入園前説明会でも、用便についての説明があり「自分で対処できるように家庭で練習のこと!」と説明があったんです。

 

 

上の子は、秋生まれの女の子だったので、何とか入園に間に合いました。でも息子は早生まれ。言葉も遅く、全く進んでなかったのが現状で…。

 

 

トイトレは夏が良いと言われてるし、実際に上の子も夏にオムツが取れたので、一応、挑戦する気はあったんですよ。でも、単語がポツポツ出てくる程度のおしゃべりに、こちらの言ってることもまともに通じてるとは思えない状態。

 

 

こりゃ無理だよね>.<

 

 

断念しました…。でも、どんどん季節が過ぎて寒くなってくると、焦りはピークになっていったんです。

 

 

年末の入園説明会(幼稚園によって、説明会の時期は違うと思います)では、やはり用便のことが話題になり、再度「家庭で訓練してくること!」とお達しがありました。それを聞きながら、更に焦りは強くなり…

 

 

はぁ~どうしよう?

 

 

覚悟を決めて、ほんの少しだけ暖かくなってきた3月、まさにギリギリの時期にトイレトレを始めたんです!上の子は、いざ始めれば1週間でオムツが取れたし、何とかなるだろうという算段だったのですが…

 

 

やっぱ、無理だよね…

 

 

予想通り、じゃあじゃあパンツにおしっこをされました。尿意など教えてくれるわけもありません。

 

 

なら、タイミングを見計らってトイレに連れていこう!と思ったのですが・・・これがトイレ嫌いときた~

 

 

本来息子は、何でもお姉ちゃんのお下がりでオッケーだったんです。ピンクでも可愛いキャラクターでも全然大丈夫!で…でも、よりによって、幼児用便座の猫のキャラクターだけは大泣きだったんですよT.T 良かれと思って、

 

 

ほら~音も鳴るんだよ!

 

 

なんて、鳴らしてみたら、余計に怖がって 大泣き💦😭💦 私も心折れそう…でした。

 

 

近所の量販店に連れて行き、おまるやら別のキャラクターのも見せてみましたが、どれも「嫌!」と、完全に便座嫌われちゃいました…。かなりの頑固くんなので、説得が大変なんです。

 

 

仕方なく私が息子の腰を持って、普通の便座に座らせました。そしたら、これで泣くことはなくなり、トイレ恐怖症は一応解決したものの・・・肝心なおしっこはできません。

 

 

 

 

結局トイトレ進まず入園!

 

 

結局、悪戦苦闘するも、一度もトイレでおしっこを成功させることなく、入園式の日を迎えてしまいました…。

 

 

息子の入ったクラスは、男の子も夏まで産まれた子が多いこともあり、みんなトイレトレが完了してたんです。しかも、座っておしっこをする子が一人、残りは全員立っておしっこができてたんです!

スポンサーリンク

 

 

うち一人だけ赤ちゃん…

 

 

絶望感に襲われました…。しかも、担任の先生が新任だったんですよね。事情を伝えると

 

 

えっ?どうしよう?

 

 

という表情をされてしまいました。そりゃ荷が重いですよね。失敗が多い程度ならともかく、全くできてないんですから。

 

 

幼稚園も事情をくんでくれ、毎年必ず、年少さんにはベテラン先生が補助に入るのですが、ほぼ付きっきりで、息子のトイレトレに付き合ってくれました。

 

 

幼稚園の方針で、園バスは汚してはいけないので、オムツ登園でしたが、園に着くとすぐにパンツ生活!

 

 

家でも全然トイレでおしっこが成功してない状態だったので、当然、毎日少なくとも3枚は、パンツと半ズボン、更にくつ下やスモッグなどを持ち帰ってました。毎夕、洗濯です…。

 

 

回る洗濯機を見ながら、“いつまでこの生活続くのかなあ…” と、とっても不安な毎日でした。

 

 

ところが、入園して2ヶ月!6月のある日、担任の先生から電話があったんです!

 

 

 

トイレで立っておしっこできましたよ!

 

 

 

と、興奮した声で!! 

 

 

“まさか?” 自宅のトイレで座ってですら、おしっこができなかった息子が?直後の保育参観で、その様子を目の当たりにすることができ、本当に泣きそうでした。

 

 

と同時に「集団の力ってすごい!」もちろん、根気強くトイレに誘ってくれた先生方に、まず何と言っても感謝ですが。

 

 

それと幼稚園の、幼児の背丈に合わせたトイレの大きさにも安心したようですね。大人用は、幼児にとって使いにくいですもんね。

 

 

それからはパンツを持ち帰る枚数は一気に減って、夏前には、普通にトイレで立っておしっこをするようになりました。家でも相乗効果で、コンスタントにトイレに座っておしっこができるようになったんです!

 

 

 

==トイトレ完了です!!==

 

 

 

ちなみに、おしゃべりも一気に発達しましたよ!やはり、おしゃべりとトイトレは相関ありですね。

 

 

 

 

 

 

幼稚園と親の協力で!

 

 

“トイレトレーニングが幼稚園入園に間に合わない!” と焦っているあなた。大丈夫ですよ!幼稚園の先生はプロです。新任の先生も実習を重ねてますし、必ず複数の先生の手があります。

 

 

何より、集団の力はすごい威力があります!!幼稚園では、同年代の子たちに影響を受け、とても刺激を受けますよ。

 

 

ただ、何で幼稚園が事前に家庭での練習を求めてくるのか?――「何もせず、幼稚園に丸投げはしないでね!」というメッセージなんだと思うんですよね。

 

 

色々練習してみた、あれこれチャレンシしてみたけど、どこまでできてて、どこが苦手なのか、保護者も把握していてほしい、ということだと思うんです。

 

 

だから、焦った気持ちも、子供への思いも、やったみたこと全てを先生にお話しして、タッグを組んで前に進めば良いのですよ!

 

 

大丈夫、大丈夫!トイレは必ずできるようになります😌

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ