大久野島のうさぎの餌の持ち込み量は?広島県民が夏の楽しみ方・フェリー乗場をご案内!

瀬戸内海に浮かぶ「大久野島(通称うさぎの島)」は、約900羽の野生のうさぎが住むラビットアイランド!

 

 

私は広島県民なので、もう何度か行ってますが、フェリーを降りるとすぐ可愛いウサギたちに出迎えられて、とっても癒されます♡

 

 

しかもこの島には、うさぎ以外にも楽しめるスポットがいっぱい^^

 

 

今年の8月、家族5人で行ってきたときの様子を交えながら、餌のことや、レンタサイクル、食事、フェリー乗場(駐車場など)についてご案内します!

スポンサーリンク

 

 

 

 

大久野島うさぎの餌やり♪餌はどのくらい持参すればいい?

 

 

 

 

この島一番のお楽しみは、何と言っても、ウサギたちにエサを食べさせること!

 

島に降りたら直後からうさぎが見えますので、すぐに餌をあげたくなってしまいます\(*^o^*)/

 

うさぎの餌は、島内では売っていないんです。

 

なので私はあらかじめ、家の近所の激安スーパーでキャベツやニンジンを買って、リュックに入れて持っていきます!

 

エサの量は・・・家族5人で、キャベツ1玉だとすぐになくなってしまいますので、

 

(う~ん、時期にもよると思いますが…GWなど人が多い時期は、お腹いっぱいなのかあまり食べてくれなかった 涙)

 

私の家族は、キャベツ3玉、ニンジン3本ほど用意して持っていきます!ニンジンは食べやすいように細長く切って。

 

 

遠方から電車で来られる方は、重い思いをして家から持ってこなくても、

 

「忠海港」または「JR忠海駅」近くのコンビニやスーパーに、餌やうさぎのための商品が置かれているので、それを買えば大丈夫ですよ!

 

うさぎは本当にムシャムシャよく食べてくれるので、子供たちもいつも餌やりに夢中です(*^-^*)♡

 

 

 

 

大久野島の夏にはサイクリングがおすすめ!

 

 

パパと年中の娘^^

 

 

うさぎの餌やりの他には、親子でサイクリングはいかかでしょうか!

 

自然の景色がいい島の中を一周しつつ、途中で出会ううさぎに触れ合いながら、楽しむことができますよ♪

 

周囲が 4kmほどの小さい島ですので、小学生なら全然大丈夫^^

 

ただ、アップダウンの道が多いです。脚力に自信のない方は、大人用電動自電車もありますので、そちらがオススメです。

 

 

 

 

自転車を借りる場所は、フェリーを降りた後に、無料送迎バスで到着した「休暇村 大久野島」のフロントです。

 

そして、サイクリングを楽しんだ後は、休暇村内にある温泉に入って汗をながすと、最高に気持ちイイ~!(入湯料は、大人410円・子供360円)

 

わが家の子供たちは、冷たい水(海)より、こっちの方がいいみたいです^^;

 

 

【レンタル料金】(2時間ごと)

 

普通の自転車

 大人・子供 600円

 

※子供用は16インチ・20インチあり
16インチは補助輪あり/なしを選べます

 

電動アシスト付き自転車

 大人 800円

 

 

 

 

夏には海水浴・プールもエンジョイ!毒ガス資料館もあり☆

 

 

 

 

うさぎ島では、夏はもちろん「海水浴」が出来ますし、「屋外プール」もあります。

 

屋外プールは海のすぐ横にあって、リゾート気分を味わうことができますよ。

 

更衣室、コインロッカー、シャワーも完備されているので、心配いりません!売店コーナーでは、浮き輪のレンタルもしています。

 

 

また、アクティビティー以外の見どころとしては(これは季節を問わずですが…)、

 

「毒ガス資料館」「毒ガスの遺跡」なんかもありますね。

 

 

 

 

今はウサギさんであふれるラブリーな島も、実は戦時中、毒ガスが製造される工場があったので(そのため地図からも消されていたそう…)、当時の歴史を詳しく展示した施設です。

 

 

また、「大久野島ビジターセンター」では、島の自然環境や瀬戸内海の自然について展示しているので、散策しながら立ち寄ってみるのもいいと思います。

 

 

 

 

大久野島での食事はどうしたらいい?ランチするなら?

 

 

島での昼食のチョイスとしては、①持参するか、または、②休暇村内のレストランかカフェ(軽食あり)になります。

 

レストランは割高だったので、わが家はカフェにしました^^;

スポンサーリンク

 

タコ天、カレー、うどんなどの軽食やドリンク等もありましたね。こちらの方が、小さなお子さん連れが多かったように思います。

 

お弁当を持参した場合は、島内にベンチがいたるところにありますので、木陰の場所を狙って、そこで食べると気持ちいいかもしれません!

 

 

 

 

大久野島行きフェリー乗場&無料送迎バスについて

 

 

大久野島へのアクセスは、竹原市の「忠海(ただのうみ)港」からフェリーに乗ります。

 

フェリーは「忠海港ー大久野島ー盛」のルートになっていて、大久野島に停まるのは、1日7便。

 

運賃(片道)は、大人310円、子供160円。(2019年10月1日以降)

 

所要時間は、15分ほどです。

 

 

 

 

忠海港へは、最寄りの「JR忠海駅」から歩いて5分くらいです。

 

 

電車で行かれて、“島に行くには不要な荷物が多いな” という場合には、荷物をあずけることができますよ。(預かり料は1回500円)

 

 

また、車で行く方にとっては、フェリーターミナルの近くに、無料駐車場(約200台)があるので便利です。

 

ただし繁忙期はどうしても車が多くなり、駐車場待ちの渋滞ができることもあるので、ご注意くださいね。

 

 

電車、車、どちらにしても、時間のロスを防ぐため、事前にフェリーの時刻を調べてから港に向かうことをお勧めします!

 

大三島フェリー時刻表

 

 

 

 

また、大久野島(うさぎ島)では、フェリー到着に合わせて、桟橋から休暇村まで「無料送迎バス」が運行されています。

 

島に着きましたらまず最初に、帰りのバスと、フェリーの時間を合わせて確認しておくと良いですよ。

 

バスの時刻表は、島内にも貼りだしてありますし、インターネットでも確認できます。

 

 

ちなみに、バスに乗らずにうさぎと触れ合いながら、ゆっくりと歩いて散策することも可能。

 

ですが、歩く道々よりも、休暇村の前の広場にウサギがよりたくさんいますので、まず行きはバスに乗って、運転手さんの島内の案内を聞きながら、休暇村までいくのがおすすめですね。

 

 

休暇村前にて

 

 

 

 

大久野島を子供たちと楽しむために注意したいことは!

 

 

島にはうさぎがいっぱい!そのため、うさぎのフンも散々しています。その覚悟で靴を準備して下さい笑。

 

ただし、コロコロしておりますので、こびりつくことはないと思います。

 

 

また、小さな子供さんですと、餌をあげるときに勢い余ってうさぎが噛んでしまう可能性もなくはないので、軍手があると安心です。

 

きっと思う以上に餌の減り具合が早いので、子供さんががっかりしないように、餌を多めに持っていってくださいね♡(^_^)♡

 

 

そして、うさぎ島でくれぐれも注意したいことは、帰りのフェリーの時間です。

 

「大久野島→忠海港」のフェリーの最終便は、シーズンによって午後 4~5時台と、意外と早いです!

 

これを逃してしまうと、「うわーどうしよう!!」となってしまいますよ>.<;

 

 

桟橋までの無料送迎バスも、一日の後半は混んで来ますし、万一満員の場合は、歩いて行くことになります。(歩いて行ける距離なので大丈夫ですが。)

 

 

島で時間を気にせず本当にのんび~り過ごしたければ、日帰りでなく、最初から「休暇村 大久野島」に宿泊する計画で来られるのも良いと思います。

 

 

いずれにしても、最後にドタバタしないように、時間に余裕をもって行動して、子供さんと大久野島での楽しい思い出をたくさんつくってくださいね♪

 

 

 

 

 

 

大久野島(うさぎ島)の基本情報

 

 

▶住所 

 〒729-2311
 広島県 竹原市 忠海町 大久野島

 

 

 

 

▶「休暇村」電話番号

  0846-26-0321

 

▶「休暇村」運営時間

  9:00~17:00

 

▶年中無休

 

▶入場料無料

 

 

 

 

忠海港フェリーターミナルへのアクセス

 

 

▶住所

 広島県 竹原市 忠海中町 1丁目2

 

<電車の場合>

 JR「忠海駅」下車 徒歩約4分(350m)

 

<車の場合>山陽自動車道利用

「本郷IC」より約25分(16km)
「河内IC」より約40分(24km)

 

▶駐車場

 200台・駐車料無料

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ