子供の卒園式!母親の服装はどうすべき?バッグやアクセは?体験アドバイス!

お子さんの卒園、おめでとうございます!!

 

 

晴れやかでありながらも、子供たちにとっては、練習に練習を重ねた厳粛な卒園式。

 

 

… “母親の服装はどうすべき?” と迷っているあなた。

 

 

2人の子を卒園させた少し先輩ママが、今どきの実状とアドバイスをお話しします!是非、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

上の子の卒園式の服装は大失敗…(涙)

 

 

わが家には、この春、中学生になった娘と、小学生になった息子がいます。

 

 

実は、娘(6歳上)のとき、情報収集を怠り、卒園式でちょっと恥ずかしい思いをしてしまったんです😅

 

 

というのも、卒園式の数週間後に息子のお産を控えていた私。

 

 

“そもそも出席できるだろうか?” という不安から、自宅安静の日々を送ってたんですね。卒園式前の行事もお休みしてました。

 

 

どうやら、初めての子供を送り出すママたちは皆、そんな時期に情報のやり取りをしていたようで…。

 

 

そんなこととは露知らず。

 

 

式直前に、あわてて実母に相談し、お腹の大きな私でも着れる「深いグリーン色のワンピース」を身に付けて行ったのです。

 

 

 

“…ああ、失敗した…”

 

 

 

みんなの服装を見たとき、「ギクッ」としました。

 

 

周りは、まさに真っ黒です!!

 

 

しかも、同時期にお産を控えていた別のママもしっかり、マタニティー用の黒を着込んでたんです。

 

 

あ~ん、ちゃんと確認すれば良かった・・・”

 

 

 

 

卒園式の服装はママ友から情報ゲットが一番!無難な色&型は?

 

 

こんな失敗から、息子の時は、徹底的に情報収集をしました!

 

 

ときは6年経っており、“上の子のときと常識が変わっているかも” と思ったので。

 

 

経験上、実母や義母も時代が全然違うので、参考にしない方が良いかもしれませんよ^^;

 

 

 

情報を総合すると、一般的には、

 

 

「喪服ではなく、礼服の黒 にする」

 

 

のが基本だそうです。やたらと、「礼服」という言葉が強調されていました。

 

 

私は正直、違いがよく分かってなかったので😅ここで一応おさらいしますと、

 

 

喪服は、弔事(お葬式)専用の光沢のない黒服。

 

 

それに対して、礼服はブラックフォーマルと言われ、慶事に着る黒服。

 

 

光沢があったり、よく見ると刺繍が入ってたり、織りも違います。

 

 

なので、卒園式はお別れのときと言っても、先生に感謝し、新たな門出での意味もある慶事なので、礼服なんですね。

 

 

礼服と喪服の違いは、見る人が見れば分かるとか。という事で、ともかく色は黒です。

 

 

一番目立つべきは、ママではなく、子供たちになるように。

 

 

あくまでも主役は、卒園する子供たちなので!

 

 

私のように、“黒に近い色なら良いのでは?”と軽く考えると、浮いてしまう可能性が高いです…ご注意を😌

 

 

あと、服の型ですが。

 

 

私が学生のとき習ったマナー研修だと(かれこれ20年以上前ですけど)、女性のフォーマルは、ワンピースと教えられました。

 

 

今は、圧倒的に ツーピース ですね。ワンピースにジャケットを羽織る 感じです。

 

 

季節的にも、まだ寒い日もあるので、ツーピースが最適かなとは思います。

スポンサーリンク

 

 

個人的には、ワンピース素敵だなと思いますが、ツーピースの方がより「きっちり感」もでますものね。

 

 

 

 

卒園式の母親の服装 バッグやアクセサリーはどうしたらいい?

 


服の問題は解決出来たとして、その他の物はどうでしょう?

 

 

バッグと靴は、黒にそろえた方が無難ですね。派手な飾りが付いてなく、オーソドックスな物。

 

 

特に靴は、マナーとして、つま先やかかとが出ない物を選んだ方が良いです。

 

 

サブバックも派手でなく、落ち着いた色で。

 

 

合わせるストッキングは、ナチュラルで。ここに黒ストを合わせると、せっかくの礼服も喪服のような感覚にとらえられてしまいます。

 

 

案外、ストッキング重要です!

 

 

アクセサリーですが、これはほぼみんな真珠ですね。

 

 

もちろん、色味はホワイトで。長さはお好みで、一連でも、二連でも。

 

 

あとは、左胸に花をモチーフにしたコサージュで華やかに💐

 

 

真珠は喪服でも付けますので、最大の違いは、このコサージュです!

 

 

生花店で頼んでる人もいましたね😲やはり、本物の花は豪華で美しいです。

 

 

でも、短期間なら飾っておけますが、いずれ枯れてしまうのが残念…。

 

 

流行りのプリザーブドフラワーなら、生花の見た目で長持ちしますよね。

 

 

きちんとほこりを払って、乾燥させ、箱に大切にしまっておけば、何回か使えます。

 

 

何しろ、すぐに入学式が控えてますから、プリザードは良いかも😉

 

 

もちろん、造花の人もたくさんいましたよ!

 

 

大振りな物で、真珠をあしらったデザインなら、アクセサリーとの相性も良いですよね。

 

 

ちなみにママたちの多くは、コサージュを付けていましたが、先生の中では、園長、副園長先生と年長の担任の先生だけでした。

 

 

他の学年の先生方は、真珠のみでコサージュなし。トーンダウンした感じ。

 

 

コサージュを付けるか付けないかは、意味があるのですね。

 

 

 

 

卒園式の母親の服装はこれで大丈夫!

 

 

 

 

“卒園式で母親の服装はどうすべき?” と迷っているあなた。もう一度まとめてみますね!

 

 

黒の「礼服」

 

ツーピースでも、ワンピースでも

 

バックは黒

 

サブバックも地味な色

 

靴は黒、かかとやつま先が出ない物

 

ストッキングはナチュラル

 

アクセサリーは、ホワイトの真珠にお花をモチーフにしたコサージュ

 

あとは、大判ハンカチをお忘れなく。白系が無難ですね。

 

 

ハンカチは本来の目的はもちろん、謝恩会、お別れ会等でお食事をするときのためにも持って行くと良いです。

 

 

…ちなみにですが、お着物のお母さんも1名だけいました😲

 

 

今は主流ではありませんが、落ち着いた色味ながら和装独特の華やかさがあり、とても素敵でしたよ。

 

 

ただ着物は、所作が分かっていないと、なかなか挑戦は難しい。「人の目を引く」のを覚悟(?)して着て行くような感じになってしまいますね。

 

 

あと・・・もしかしたら、「浮かない服装」は、地域や園によって違うかもしれません。

 

 

卒園式前には、周りのママ友たちから よく情報を仕入れることをオススメします!

 

 

ともかく、「あくまでも主役は子供たち!」――その基本を大切に😌

 

 

卒園式では、背筋を伸ばして頑張っているわが子、数年間の思い出が重なり涙が…。

 

 

ママはもう自分の服装の心配をすることなく、心ゆくまで子供たちの晴れ姿を見守ってあげてくださいね😊

スポンサーリンク
管理人

 

きよ美

管理人:きよ美
 
こんにちは!静岡県出身、今現在は韓国ソウルで生活している50代、きよ美と申します。
 
私自身関心のあることや、それぞれの分野に詳しい皆さんにもご協力いただきながら、日々の生活の中での「体験」を通した、お役立ち情報を主にお届けしています。
 
季節のイベント情報なども充実させていくつもりです。どうぞよろしくお願いいたします♡

カテゴリー
人気記事
アーカイブ
スポンサーリンク



ページの先頭へ